Home » 攻略法 » 素直なチャートでやりやすい!MACDで60秒トレード!

素直なチャートでやりやすい!MACDで60秒トレード!

更新:2018年07月03日

こんにちは、ミウラです!

前回、30秒トレードにオシレータ系指標であるMACDを持ち込んでみました!

でも、このMACD、本当は60秒トレードで真価を発揮するインジケータだったりします!

今回は久々に、ハイローオーストラリアの60秒トレードに戻ってみたいと思います!

安定感のある60秒トレードですが、MACDを追加することで

さらに進化した手法を編み出すことができます。


目次

〇 MACDが60秒に向いている理由

MACDが60秒トレードに向いている理由、それはチャートの素直さにあります。



MACDでは、MACD本体とシグナルのゴールデンクロス、デッドクロスが、

トレンド転換の重要なポイント
になります。(注1

そのあときれいに曲線を描いて下がっていく(上がっていく)事が多く、トレンドの把握がしやすいのです。



これがそのときのローソク足のチャート。

MACDのデッドクロスより、するすると落ちていっていることがわかります。

比較的、早めにサインが出ることもあり、(注2

トレンドに沿って連続でトレードする60秒とは好相性なのです。

〇 MACDトレードの流れ

細かなテクニックはいくつかありますが、今回はまず、どのようにトレードを進めていくか、

一連の流れのなかで見ていきましょう。



MACDが揉み合ったあと、一応ゴールデンクロスを作って上昇。

MACD、シグナルともに0ラインを超えて上昇トレンド継続の場面です。(注3

ローソク足がボリバン(5分線、±2σ)の中央平均線に落ちてきました。

押し目と判断して、60秒のHighでエントリーします。



ところがここでトラブル発生!

中央の平均線で反発せずに下がってしまいました・・・

ここでフォローのためにマーチンゲール法を発動します!

1回目の投資金額の倍額でエントリーするという手法でしたね。

ここでひとつテクニックを。

通常、中央の平均線で失敗した場合、

フォローのエントリーはその下の下限バンドで行うのが基本です。

かなり前に紹介した2段構えのやり方ですね。

しかし、ここは上昇トレンドの真っ最中なので、

下限バンドに到達する前に上昇してしまうことが多いです。

したがって、

平均線を下に抜いたローソク足が完成し、その次のローソクが出現した瞬間に


Highでエントリーしちゃいます!


これは決め打ちです!



エントリーした地点から一気に上昇!

マーチンによるフォロー成功です!



1戦目での損失をカバーしつつ、利益を出せていますね。

さて、MACDはまだ上昇トレンド、ここからもHighでの攻めを継続と行きたいところですが・・・



水色(25日線)、赤色(200日線)のシグナル2本を、ボリバンが上に抜き去ってしまいました。

上昇はここで頭打ち、上昇一辺倒ではなくなるというサインです。

それに対応したトレードに切り替えていきましょう。



そのあと3連勝していますが、最後だけはLowでの勝ちになっています。



1戦目はオーソドックスに中央の平均線でHighを入れて勝ちました。

MACDがなければ、Highでは買いにくい場面です。

しかし、

MACDがまだ上昇トレンドを指していたので、High継続で勝てるだろうと判断しました。


2戦目はちょっと特殊。

その直前に高値を更新したので、利益確定の売りが入り始め、

下げもきつくなるだろうと予想。


中央平均線で入るのではなく、

それを下に抜かれた次のローソク足が出た瞬間にHighでエントリーして勝ちました。

これは先ほど、マーチンでフォローしたときと同じ考え方ですね。

3戦目はHighではなく、Lowで勝ちとなっています。

それは再度、高値を更新したからですね。

上昇が頭打ちになるサインが出てから、すでに2回、高値を更新しています。

そうなると直後に急落するパターンが多いため、

高値更新のローソク足が完成し、次のローソク足が出た瞬間にLowで入りました。

狙いはドンピシャでしたね。



Lowで勝ったあたりで上昇トレンドは力尽き、するすると下げていきました。

画像に示した部分でMACDのデッドクロスが出ており、

ここからはLowメインで攻めればOK、
となります。

〇 だましはあるがトレード回数でフォロー

このような感じで上昇、下降を乗りこなしつつ、トレードしていく流れになります。

MACDにもだましが存在しますが、それほど多くはありません。

チャートに従ってトレードを繰り返せば、損失を取り返しつつ、利益を出せるでしょう。

マーチンや逆マーチンを上手に組み合わせて、利益を高めていきましょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)MACD (大和証券)
(注2)移動平均線より早くトレンドの転換を察知できるMACD(外為オンライン)
(注3)MACD,シグナルとゼロラインの交差(FXブロードネット)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

「エリオット波動」はなぜディスられる?ほんとうは欠点を知ればもっと使える!

(更新:2018年07月20日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「エリオット波動」については、前回で基本はわかりました! 今回は、そのデメリットとトレードにどう使うかを、実践を通してみていきましょう! 「エリオット波動論」がディスられる理由である大きな欠点と、 その欠点との付き合い方もご紹介します。

[続きを読む]

 

チャイキンオシレーター(CHO)をシンプルかつわかりやすく解説!

(更新:2018年07月18日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! chieも最近、XMのMT5を使い始めたので、いろんなインディケータを表示させては遊んでいるのです! MT5には、人気インディケータをもっと深堀りした新しいインディケータが標準装備されています! その中で出来高と価格変化の要素を全部盛り込んだ チャイキンオシレーターというオシレーターを見てみましょう。

[続きを読む]

 

「エリオット波動論」の間違いを正して、スッキリ覚えよう

(更新:2018年07月09日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「エリオット波動」について解説したいのですが、 難解で敷居が高いイメージはハッキリ言って管理人も持っています(笑)! でも、ダウ理論を補足する気持ちも持っていた作者のR・N・エリオットさんは、 相場というものをものすごーくシンプルに説明しようとしていたのです。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【要注意!】心理の罠にはまらずに、ポンド/円を攻略だ!

(更新:2018年07月17日) Tボーンです! 7月に入って英国の政治がガヤガヤしていたな! ブレグジット担当相が辞任、翌週にボリス・ジョンソン外相が辞任、という人事が続いた! ポンド/円(GBPJPY)の日足だ! 辞任問題があっても上昇した! とにかく上がったり下がったりは相変わらずだな! ※ボリス・ジョンソン辞任(注1) それじゃあ、MT5は1分足にしよう。

[続きを読む]

 

MT5でも虫眼鏡で拡大、縮小してライントレードだ!

(更新:2018年07月06日) Tボーンです! 今日もハイローオーストラリアをしたいと思って、MT5を開いた! ポンド/円(GBPJPY)の1分足なんだが、値動きがあまりないようだな! もうすぐ欧州時間になるから、今だけなのだろうか? ※欧州時間などの特徴(注1) そういえば、英中銀のメンバーの中で、利上げを支持する人がまた一人増えた。

[続きを読む]

 

トレンド分析とオシレータをちゃんと見て「上」を買ったぞ!

(更新:2018年07月02日) Tボーンです! いつもポンド/円(GBPJPY)をトレードしているが、ふと朝の経済指標が気になったから、 NZドル/円(NZDJPY)をやりたくなったんだ! NZドル/円は今日の朝、午前10時に急落した! 「企業景況感」といって、 企業の経営者たちが「景気が良い」と思っているかどうかのアンケート結果なんだが、 悪かった! しかしその後また上昇してきたので、「上」を買いたくて待っているというわけだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top