Home » 攻略法 » このパターンがあぶない!マーチン×逆マーチンを安定させるには?

このパターンがあぶない!マーチン×逆マーチンを安定させるには?

更新:2018年08月09日

こんにちは、ミウラです!

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法を上手に組み合わせれば、

MACDトレードのリスクを軽減しつつ、利益を大幅に伸ばすことができます!


ただ、引き際を自分で見極めなければいけないことや、

何戦目までトレードを続行するのか、など、

自分でアレンジしていかなければならない部分も多く、

トレード中に混乱してしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、

リスクとリターンのバランスがとれた具体的なトレードルールをひとつ提示します。

これで一度、トレードしてみて、自分なりにアレンジを加えてみてください。


目次

〇 トレードごとに金額を倍にする

まずは基本のルールから。

マーチン、逆マーチンを組み合わせるとは言うものの、

やることはトレード毎に金額を倍にしていくだけです。

勝っても負けても倍です。

ここは難しくはないでしょう。

〇 勝負は3戦~5戦

これがもっとも重要な部分となります。

トレードは最短3戦、最長でも5戦で切り上げます。



スタートが5,000円とすると5戦目の金額は8万とかなりの金額になります。

ここがリスクの許容範囲と考えて、どのような結果でも5戦で終了です。

また、3戦目以降で勝った場合もそこでトレードは終了です。

3戦目以降に勝ってからトレードを続行して負けた場合、

マーチンでのリカバリーを狙うことになりますが、

万が一、連敗したとき、6戦目に突入せざるを得なくなります。

勝負は最長5戦のため、そのルールを守るには

3戦目以降で勝った場合にその時点でトレード終了しなければなりません。

3戦目、4戦目で勝った場合は、そこで勝負を切り上げましょう。

1戦目や2戦目の勝ちの場合はそのまま続行です。

〇 具体的なトレードの流れ

では、具体的なトレードの流れを見ていきましょう。



ハイローオーストラリア、turbo1分でのトレードです。

ボリンジャーバンド(5分、±2σ)、25分線(水色)。

200分線(赤色)を表示しています。

ボリンジャーバンドがシグナルの25分線、および200分線を上に抜きました。

ゴールデンクロスは本来は上昇を示すものなのですが、(注1

ボリンジャーバンドとシグナルの組み合わせでは、

いったん下落する可能性が高いというサイン
でしたね。

ここからlowで購入スタートです。



ただ、MACDはまだ上昇を指しています。

MACDがシグナルの赤い破線を下に抜く(デッドクロス)すれば、

本格的な下げのサインなのですが、(注2

早めにトレードに入って、勝ちを多く取りたかったので、

ここではMACDのサインを待たずにトレードを開始しています。

これはリスクを伴う方法です。


このリスクはあとで顕在化するのですが・・・それはまた後ほど触れるということで・・・



トレードを始めれば、あとは無心でローソク足が出るたびにLowで買っていくだけ。

今回は初戦勝ち、2戦目負け、3戦目勝ちとなりました。

3戦目以降で勝ったらそこで終了というルールですから、ここで切り上げ。

利益は1万2,500円ですね。



チャートは反転し始めたかな?という感じですが、まだ本格的な下げにはならず。

マーチンでのリカバリーができるので、トレードは続行!

また、金額は初期設定に戻して5000円からです!



しかし、今度は大苦戦。

2戦目で勝ったのですが、2戦目での勝ちはトレード続行なので3戦目に進みます。

ところが3戦目でも負け。

さらに金額を倍にして4戦目に挑みます。

このトレード結果を見ていると、

チャートを見なくてもなんとなくヤバイ雰囲気だということがわかりますね。



そうです。

反転しきれず、再度、上昇気流に乗ってしまうというパターン。

ボリンジャーバンドとシグナルのサインがだましになってしまった例ですね。

これは大ピンチ。



しかし、なんとか4戦目でマーチンでのリカバリーが決まり、プラス2万円。

劣勢ではありましたが、きちんと利益をとれるあたり、この手法はなかなか優秀です。

4戦目で勝ったので、ルール通りにここでトレード終了ですね。

〇 今回の反省点

それなりの利益はとれましたが、今回、実はこの手法でもっともあぶないパターンでもありました。



トレード終了後のMACDです。

これがデッドクロスして下げ、という想定で早めにトレードに入ったわけですが、

なんとデッドクロスしていません。


引き続き上昇というパターンだったのです。

これは5戦目でも負けで大損害という可能性もおおいにあるパターンでした。

利益は取れても内容的には負けといってもいいかもしれません。

〇 早めにトレードに入るメリットはあまりない?

この手法は最長でも5戦で終了するため、

連続トレードのように早めにトレードに入れれば、

どこまでも利益が伸びるというものではありません。


そのため、無理をして早めにトレードに入るメリットはそれほどないとも言えます。

今回も1回目の3戦は危なげない勝利でした。

ここで切り上げて、次の反転サインを待つほうが安定するでしょう。



また、今回のボリンジャーバンドのだましは見抜ける可能性もありました。

シグナルの水色、赤色の平均線は横ばいか少し上向きです。

この場合のゴールデンクロスは上昇の信頼性が高くなり、

反転して下げる可能性は低くなります。


それも考慮すべきでした。

まとめると、


1.MACDのゴールデンクロス・デッドクロスが出るまで待つ

2.あまり連戦せず、次のトレンドを待つ



これらが勝率を安定させるコツとなります。

利益の大きさとトレードオフにはなりますが、

安定して勝ちたいなら、トレードを押さえ気味にすることも必要でしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)ゴールデンクロス(大和証券)
(注2)サインの読み方は非常に簡単。誰でもすぐ使えるMACD(外為どっとコム)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

フィボナッチ・リトレースメントでハイローオーストラリアしてみる!

(更新:2019年02月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! フィボナッチ・リトレースメントはレジスタンスやサポートラインとして使えます! 今回はその前提でハイローオーストラリアのトレードに使ってみましょう! 読みながらぜひクイックデモでいっしょにやってみてくださいね。

[続きを読む]

 

扱いが難しい両ヒゲ・・・これも大きな利益のチャンス!?

(更新:2019年02月18日) こんにちわ、ミウラです! 最近は平均足の上ヒゲ陽線や下ヒゲ陰線を主な手がかりにしてトレードをしていますが、 ほとんど手付かずの平均足の形状があります! 前にちょっとだけ触れたかもしれませんが、「両ヒゲ」てやつですね! このように上にも下にもヒゲのついた平均足のことです。

[続きを読む]

 

通貨オプションのストラドルの意味とFXでの使い方!

(更新:2019年02月15日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 国内FX業者さんの相場情報のなかに「110円にロング・ストラドルがありまして」といった発言があります! これは主に通貨オプションという取引をしている市場参加者のポジションについていっています。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアのクイック入金が終了したんだ!どうしたらいい?

(更新:2019年02月19日) Tボーンです! ハイローオーストラリアはクイック入金が便利だったよな! でも2019年1月31日までで終了してしまった! いつも見ている入金画面でも消えていて寂しい気分になるが、大丈夫だ! 理由は取引先の銀行の要望だったらしい。

[続きを読む]

 

ユーロは強いんだろうか?レンジ相場でのハイローオーストラリアだ!

(更新:2019年02月14日) Tボーンです! ハイローオーストラリアにファンダメンタルズは直接は関係なさそうだ! それでも大きな経済状況だけは掴んでおきたいよな! 今日もユーロ/ドル(EURUSD)を見ている! 月足だが、去年2018年は下がったんだな! ユーロ危機のときだった! Tボーンはいつもポンドを見ているが、ユーロ/ポンド(EURGBP)の取引高も世界では大きいよな。

[続きを読む]

 

元号も変わることだし、チャイキンオシレータを使ってみるか!

(更新:2019年02月12日) Tボーンです! 日本では平成から新しい元号に変わるぞ! 発表されるのが4月だそうだから楽しみだな! いつもハイローオーストラリアのトレードのときに使っている、 ボリンジャーバンドとストキャスティクスから別のインディケータに変えてみるぞ! 新たなチャレンジをしたいんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top