Home » 攻略法 » サイコロジカル・ラインでハイローオーストラリアしてみよう

サイコロジカル・ラインでハイローオーストラリアしてみよう

更新:2019年01月18日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

よく株式で使われる「サイコロジカル・ライン」というオシレータ系の指標があります!

これはFXやバイナリーオプションでも使えるのです!

今回はこの説明と、ハイローオーストラリアでの使い方です。

目次

〇 簡単に市場の勢力図を見たいけどMT4のは複雑で(泣)


ハイロートレーダーもよく使っているMT4というチャートシステムは、

優秀なオシレーターがいくつも無料で使えます

市場の売り手と買い手の勢力がどうなっているのか、どちらが優勢なのか、

というのを知りたいときもオシレーターがたくさんあります。

例えばブルズパワー(Bulls Power)、ベアズパワー(Bears Power)などです。

これはEMA(指数平滑移動平均線)の数値をもとにラインを描き出すもので計算式も少し複雑です。

このようにMT4標準のオシレーターは難解なことがあり、もっとわかりやすいものはないかというのが悩みでした。

※ブルベアとは (注1

〇 サイコロジカル・ラインとは


別名「サイコロ」といいます。

英語では「Psychological Line」です。

ある期間内で上昇した日が多いかどうか、その比率を求めるだけのシンプルな指標で、

市場参加者の心理をあらわすといわれています。

たとえば10日間なら、10日間すべての価格が上昇すればサイコロジカル・ラインは100%になります。

同じ期間で一度も上昇しなかったら0%になるという、とてもわかりやすいオシレーターなのです。

※サイコロジカル・ラインとは (注2

〇 サイコロジカル・ラインの計算式


上で説明したことを、計算式にするとこうなります。

日足で説明しますね。

前日上昇した日数÷10x100=サイコロジカル・ライン(%)

10というのは、10日間という期間です。

もし25日間のサイコロジカル・ラインを出したかったら25にします。

どの時間足でも計算できます

見た目はRSIのように1本のラインが描かれるだけです。

〇 MT4にないんだけど?どうするの?


計算もわかりやすいサイコロジカル・ラインですが、残念ながらMT4やMT5には入っていません

そこで、日本のFX業者さん他のチャートシステムを見るか、

無料で提供してくれるサイトでMT4用のインディケータをもらってくることになります。

日本のFX業者さんでは、GMOクリック証券さんのFX用のチャートにあります。

でも、やっぱりMT4で見たいので、どこかから貰ってきましょう。

個人で運営されている無料配布のサイトをご紹介します。

管理人もよく使わせていただいているところですが、

使うのは自己責任になってしまいますのでいちおう納得してからダウンロードしてくださいね<(_ _)>

ダウンロード方法もまたいつか書きますので、待っていてください。

ダウンロードしたらMT4に導入します。

※MT4・MT5インジケータ倉庫 (注3

〇 ハイローオーストラリアで使うには?


ハイローオーストラリアのトレードのためにサイコロジカル・ラインを使うのは簡単で、

ほかのオシレータ系と同じ感覚で使えます。

チャートに水平ライン(ホリゾンタルライン)を引くのと同じように、

オシレータのところにも引けますから50の位置に赤いラインを引きました。

ここよりも上なら上昇トレンドと考えて使います。

買い手が強いという意味です。

逆なら下降トレンドです。

上の図では、50ラインから下に下がったのでハイローオーストラリアの「1分」で「下」を買ったところです。

出しているのはユーロ/円(EURJPY)の1分足です。

※過去記事「RSIとストキャスティクス」 (注4

〇 サイコロジカル・ラインまとめ


1分後、利益を出して終了。

このときは、ユーロ/円に中長期のトレンドが出ていなくて

オシレーターが使いやすい環境だったのもあり、うまくいきました。

50のラインを抜けるときにチャートにもわりとハッキリした方向が出るので、ハイローオーストラリア向きです。

でもサイコロジカル・ラインが上下の両端に行ったときに「買われすぎ売られすぎ」の使い方をしようとすると、やりにくいのです。

チャートの方向感がないことが多いのです。

とはいえ、動きが素直でなぜそう動くのかもわかりやすいオシレーターとして、今後も使えそうだと思いましたよ!

では読んでくださってありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)ブル・ベア(BBB:Bull and Bear Balance Indicator)(Money Partners)

(注2)サイコロジカルライン (さいころじかるらいん)(大和証券)

(注3)MT4・MT5インジケーター倉庫

(注4)「ストキャスティクス」はRSIよりもちょっと賢そうなオシレーター?!

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top