Home » 攻略法 » 押し目を拾うタイミング!それを教えてくれるのが平均足!

押し目を拾うタイミング!それを教えてくれるのが平均足!

更新:2019年01月30日

こんにちは、ミウラです!

バイナリーの1分オプションの良いところは、それほど待たずにトレードを始められるところです!

例えば、MACDを使った連続トレードなら、

次のMACDとシグナルのゴールデンクロス、デッドクロスが出現するのを待つだけです。

ただ、バイナリーを続けていると、その10分ちょっとの待ち時間もストレスになることがあります。

そこで今回は、MACDのクロスを待たずにトレンドに途中参加する方法を紹介します。

トレンド中の負けになる部分を回避しつつ、トレンドに参加する方法なので、利益率も高めです

待ち時間を短縮しつつ、トレンドのおいしい部分だけをいただいちゃいましょう!

目次

〇 MACDのサインに出遅れたとき


チャートを開いたとき、MACDのトレードサインが出た直後だった、という経験はないでしょうか。

この画像では、MACDがシグナルとゴールデンクロスして、上昇トレンドが開始。(注1

highの連続トレードで攻める場面ですが、すでにある程度上昇しており、

勝ちをいくつか逃しています。

ここから参加すると負けの部分だけを食わされるかもしれない・・・

そう思うと、「次にMACDがデッドクロスするまで待つか」となるわけですが、

かなり時間がかかりそうです。

そこで、この上昇トレンドになんとか途中参加できないか、となるわけですが、

途中参加は・・・できます!

そこで重要な役割を果たすのが、これまでも紹介してきた平均足です。


〇 上昇トレンドの押し目を捕まえる


上昇トレンドに連続トレードで途中参加するタイミングは、

チャートが押し目を作った瞬間です。

押し目とは、上げ相場が一時的に下がること。(注2

上昇トレンドの最中の一時的な下げを拾って買うかたちになるので勝ちやすくなります。

問題は、どこまでが押すのか、ということです。

押し目とはいえ、その下げ幅は時と場合によりけり、

バイナリーの場合、うかつにhighで入ると、さらなる下げが続いたときに負けてしまいます。

そうならないように、通常は移動平均線への接近や

「2分の1押し」、「3分の1押し」を目安にトレードを行います。(注3

ただ、平均線が近くにない場合や、2分の1押しか、3分の1押しか、どちらかわからないというケースも多々あります。

1分チャートを使う忙しいトレードで、細かく2分の1押しなどレートを計算するのも大変です。

そんなとき、平均足のサインが活躍します。


〇 平均足で押し目のタイミングを知る


押し目を待つときですが、押し目が出現する前兆を平均足から知ることができます

平均足の長い上ヒゲは、その後の陰線の出現のサインだとこれまでにも紹介してきました。

本体部分よりは少し短いものの、長めの上ヒゲ陽線が続いています。

これは陰線の出現を予感させるものです。

さらに、その前にボリンジャーバンドと25分線シグナルがゴールデンクロスしています。

これも一時的な下げを暗示するサインです。

両者を考慮してそろそろ押し目が来そうだ、と予測するわけですが、

実際に上ヒゲの直後から下げが始まっています。


〇 下げ止まりのタイミングを知る


さて、押し目ができ始めたら、次はどこで下げ止まるかを予測しないといけません。

この予測に役立つのも平均足です。

ここで注目してほしいのが、この下ヒゲ陰線です。

長い下ヒゲを持つ陰線は、逆向きの力がはたらくサインになります。

長い下ヒゲを持つ陰線が出現したため、押し目はここで下げ止まる、という予測がなりたつわけです。

そこで、この長い下ヒゲ陰線が出た直後から、

highで連続エントリーしていきます。

結果はこうなりました。

4勝1敗です。

初戦で負けてしまったのが残念ですが、あとは全勝。

MACDが0ラインを超えたので、トレードを終了しました

黄色の枠で囲った部分がトレードをした場面です。

長い下ヒゲ陰線のあと、まったく動きのない時間が1分ほどあり、

そこで負けがついてしまいました。

ただ、長い下ヒゲ陰線をきっかけに、押し目が終了し、

上昇に転じているのがおわかりただけるかと思います。

また、トレードをやめて数分後に一気に下落に転じているあたり

0ライン突破でトレード終了が基本、ということが確認できます。

よほど強力なトレンドが出ていない限りは、ここで止めておくのが無難です。


〇 きれいな下ヒゲ陰線が出たときはチャンス


今回のようにはっきりとした下ヒゲ陰線が出ない場合もありますが、

出た場合はそれが押し目の下げ止まりの強力なサインになります。

出現したときはチャンスなので、しっかりと押し目を拾えるようにしておきましょう

■■■■脚注■■■■

(注1)株・FXに今すぐ活かせる チャートの読み方・使い方 - トレンドフォロー系指標「移動平均」と「MACD」 -
(2)MACDの売買シグナル(野村證券) 

(注2)押し目 (おしめ)(大和証券)
(注3)上昇トレンド途中の効果的な買いタイミング(その2)-「押し目買い」(楽天証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top