Home » 攻略法 » ADXの極値ルールをハイローオーストラリアで使う方法

ADXの極値ルールをハイローオーストラリアで使う方法

更新:2019年04月11日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

今お話しているADXの作者は、ワイルダーさんという人でしたね!

今回はADXの珍しい(?)使いかた「ワイルダーの極値ルール」(エクストリームポイントルール)を

ハイローオーストラリアに応用する方法についてお教えします!

簡単ですよ。(^^)/

目次

〇 ワイルダーさんがADXに求めたものとは


ワイルダーさんはこの前にすでにRSIという優秀なオシレーターを開発しています

それなのにADXを新たに作った理由は「RSIは強いトレンド発生時には使えない」からです

そこで価格の比率ではなく、

単純に「高値」「安値」の価格差を使うオシレーターとしてADX(+DIと-DI)を考えたのです

これならたとえば「高値を更新し続けている事実」をもとにトレンドの強さを描き、順張りにも使うことができるのです

※順張りとは (注1

〇 ADXの極値ルールでのエントリーポイントは


そして、「ワイルダーの極値ルール」はADXが順張りするときに有効な考え方です。

(英語はExtreme Point Rule)

どんなルールかというと、+DIと-DIが交差したところを「極値」(きょくち)として

そこを超えたら本格的にエントリーしましょうというものです。

まとめると次のようになります。

・+DIが-DIに対し交差してうわ抜けたときの高値に対し、高値更新したところが買いシグナル
・-DIが+DIに対し交差しうわ抜けたときの安値に対し、安値更新したところが売りシグナル


ルールの名前が難しいのですが、これは英語の名前を直訳してこうなってしまったようです。

今では国内業者さんのサイトでもこう書いてあるので仕方なくみんなこう呼んでいます。

なので名前はともかく、使いかたは簡単なのに深いのでこの機会に覚えましょう。

過去記事「ADXとは」 (注2

〇 ハイローオーストラリアに応用するには


ハイローオーストラリアにこの考えを応用してみましょう。

ピンポイントでエントリーする場所を指定したルールですから、相性もよさそうです。

+DIが「上」を示す場合で説明しましょう

上の図はユーロ/ドル(EURUSD)の1分足です。

まず、MT4で2本が交差するのを待ち、その後上昇するのか下降するのか確認します

(1)交差した場所に縦のラインを引き、その場所にあるローソク足の高値のところに水平ラインを引きます

多少のゴチャゴチャの後、上昇の強さを示す+DIが上がって-DIと交差しました。

この交差は上の短いローソク足が完成した後はっきりしたので、

そのローソク足の高値にラインを引きました。

(2)短いローソク足の次のローソク足はすでに高値を超えていますから、ハイローオーストラリアで「上」(HIGH)を買うことができます

〇 「極値ルール」が成功する例


さきほどのチャートは、他にもチェックしていたところがあります。

それは、ADXです。

エントリー前のチャートでは、下降トレンドでした。

しかしADXが頂点に達した後下がり、ローソク足も次第に下げ止まっています。

そこで「ADXがもう上がらなくて、+DIが上がるなら上昇トレンドに転換するかもしれない」と予測して

「極値ルール」のエントリーポイント(シグナル)を待ったのです

ここでは、30秒~3分のバイナリーオプションのほとんどが成功しました。

そのうちに陰線が出はじめたのでいったん終了となりました。

※陰線、陽線 (注3

〇 「極値ルール」失敗パターンとその理由


成功例では、ADXがトレンドのあるなしを教えてくれるので、

+DIと-DIの判断もミスが少なく、ダマシを防ぐことができました

しかしADXもローソク足も見ずに「極値ルール」だけでやみくもに購入すると上の図のように失敗します

+DIと-DIという逆の意味を持つ2本のラインが交差してまた離れていくのは、トレンド転換を示しています。

ということは、交差するときにはトレンドが一時的になくなっているわけですからADXは下に下がっているはずです。

ADXが上のほうにあるのに+DIと-DIが交差したというだけでエントリーしても、勝てないのです。

また、ADXが下すぎるとトレンドがないので+DIと-DIが頻繁に交差し、これもダマシになります。

ADXもちゃんと確認することが、ここでの注意点になります

あとはハイローオーストラリアのチャートも見て、できるだけ有利なポイントで購入できるようにしましょう。

〇 「極値ルール」まとめ


名前ほど難しくなく、使いやすそうなルールでしたね!

「極値ルール」は何種類もあり、そのほかにもワイルダーさんは多くの使い方を残してくれています

専門書でもなかなかすべてを知ることはできませんが、国内業者さんが一部を紹介されています。

一般ブロガーさんのサイトでは残念ながらコピーしただけのところもあるので、

深く知りたい方には参考ページへのリンクも載せておきますね

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

※マネーパートナーズさんのページ (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)順張り(じゅんばり)(野村證券)
(注2)ADXは簡単すぎてややこしい?いえ簡単です!
(注3)陰陽線(いんようせん)(野村證券)
(注4)DMI (方向性指数)・ADX(Money partners)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top