Home » 攻略法 » 【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

更新:2019年04月15日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、

普段はなんの疑問もなく使っていますね!

でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります!

今回はこの説明とADXの欠点をまとめます

目次

〇 DMIとは?ADXとの関係


これまでADXの使い方をご紹介してきました。

今回はADXを知るうえで避けて通れないDMIについて説明します

意外とシンプルで理解しやすいですよ(´-`).。oO

・DMIを開発したのはワイルダーさん(ADXも)
・DMIは「Directional Movement Index」の略で意味は「方向性指標」です
・DMIを構成しているのは、+DI、-DI、ADX、ADXRです


と、こういうことなのです。

ADXとDMIは、ほぼ同じインディケータと思えば良いのです。

しかし正式なテクニカルの教科書にはDMIと書いてあるのになぜかMT4ではADXとなっています。

ここが混乱の原因なのです。

DMIだけにあるADXRは、ADXの平均線です

(移動平均線と計算がちょっと違います)

※MT5での説明 (注1

〇 ADXとATRの関係とは


ここからは、ADXについて説明します。

(ADXRを使うかどうかの違いだけですから、DMIも使い方はほぼ同じです)

ATRというのは「タートル流投資の魔術」という有名な本で

知られるようになったインディケータでMT4にも入っています。

「Average True Range」の略で値幅の最大値などの平均です。

ATRはダマシを減らした値幅ということです。

ADXインディケータでは、単なる高値と安値の差も出します

これとATRの比率が+DIと-DIになります

ここはゆっくり読んでいただければわかるのですが、苦手は方はスルーしてくださいね。

※ダマシ(だまし)とは (注2

〇 ADXの欠点と解決策


価格の動きをとてもとらえやすく市場関係者の多くが使っているATRを軸にして出しているのがADXです

ここでADXの欠点です。

計算の根拠が値幅であるATRということは、ADXは、急騰と急な暴落に弱いのです

たとえば上のチャートのように、

1本だけローソク足が超長いと高値安値が異常値になり、その後しばらく計算が狂います。

そこで、その後に実際はじっくりと上昇トレンドになっているのにしばらくの間ADXが

(1)トレンドがなくなりつつある
(2)トレンドなし
(3)やっとトレンドができ始めた


という形を示してしまうのです。

ADXのこういうところを回避するためには、同時にトレンドライン、移動平均線などを表示するようにしましょう

※トレンドとは (注3

〇 ADXを全力で使ってハイローオーストラリア


さてADXの全体像が見えたでしょうか。

だいたいわかった感じでOKですから、ハイローオーストラリアをしてみましょう。

欠点を補うために今回はボリンジャーバンドも出しました。

ドル/円(USDJPY)の1分足ですが、どうも新元号が発表されてから動きがおかしいです(笑)

ここでもしばらく値動きが止まったと思ったら、15時過ぎに上昇トレンドが突然はじまりました。

(1)3分のバイナリーオプションにしました。
(2)すでにADXはトレンド発生と教えてくれていて、異常値でもない。
(3)+DIが「25ライン」をうわ抜けたときに「HIGH」を買います。
(4)ボリンジャーバンドもなんとなく頼れる感じで安心感がありますね。


3分にしたのは、上昇トレンドはこの後何分も安定して続くと考えたからです。

〇 全力で勝利して良かった点を分析


全力といいつつも、すべてを使えませんでしたね。

でも欠点もカバーすべくボリンジャーバンドもあったので自信を持ってエントリーできました。

また、このドル/円の地合いも上昇だと日足などで確認してありました。

ということで「ADXの良いところを使えたのが特に良かった点」だと自己分析してみました。

〇 ADXまとめ


この後、30秒~15分までのバイナリーオプションができそうな上昇トレンドが続きました。

次に+DIと-DIが近づいてきたらいったん様子見をします。

今回まででADXのお話はいったん終了です。

トレンド分析を勉強中の方にもおすすめなインディケータです

また、ぼんやりと「ADXってよくわからないな」と感じていた方もぜひ得意なインディケータの仲間に入れてくださいね!

次回もお楽しみに!(^^)!

※ADX詳細 (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)Average Directional Movement Index(平均方向性指数)(Meta Trader 5)
(注2)だましとは(みんかぶFX)
(注3)トレンド (とれんど)(大和証券)
(注4)DMI (方向性指数)・ADX(Money Partners)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top