Home » 攻略法 » 欧州時間よりアメリカ時間?勝ちやすい時間帯は存在するのか!?

欧州時間よりアメリカ時間?勝ちやすい時間帯は存在するのか!?

更新:2019年05月13日

こんにちは、ミウラです!

前回裁量を入れずに機械的にトレードすると、

どういった結果になるのか
、ということを検証しました!

連続トレード、5戦限定法ともに

裁量なしではかなり厳しい成績になる、という結果が出たわけです。

ただ、連続トレードに関しては、システムトレードでも、もう少し良い成績が出てもおかしくない、

というのがミウラの正直な考えです。

そこで、連続トレードのパフォーマンスについて、

今回はトレードする時間帯を変更して検証してみたいと思います。

目次

〇 前回なぜ成績が悪かったか?

前回、連続トレードの成績が悪かった原因について、いろいろと検討したのですが、

最大の原因はトレードの時間帯にあるという結論に至りました

前回の検証で設定したのは、日本時間の午後7時台

これは多くの人が仕事終わりなどでトレードしやすいこと。

さらにロンドン市場でも指標発表などが一段落して、

急変動の要因が少なく、事故発生しにくいだろう、ということを見越しての設定だったわけです。

ただ、この時間帯。

実はかなりバイナリー、特にハイローオーストラリアのトレードには向かないんじゃないか

という疑念が湧いてきました。

連続トレードにせよ、5戦限定法にせよ、

あまりに値動きに乏しい場合、パフォーマンスはかなり低下します。

ハイローオーストラリアでは、ドローは負け判定になるため、

値動きが弱いとドロー連発で負けが増えてしまうのです。

そして、日本時間の午後7時はロンドン市場でも値動きが小さくなる時間帯です。

(※)【欧州時間】15時~21時 (みんかぶFX) (注1

指標発表が出尽くして落ち着く時間帯ということもありますが、

日本時間の午後7時は向こうのお昼休みになるのです。

東京市場でも正午からの1時間は動きが止まりますね。

欧州の場合はそれは日本時間の午後7時台というわけです。

〇 ニューヨーク市場ではどうか?


では、より動きの激しい、ニューヨーク市場で検証してみたらどうなるだろうか?

というのが今回のテーマになります。

ニューヨーク市場が開くのは日本時間の午後9時時頃から。

(※)ニューヨーク時間】21時~6時 (みんかぶFX) (注2

指標発表が集中するのが午後10時半(夏は午後9時半)ですから、

急変動が起きるこの時間帯は外します。

深夜に起きてトレードというのも大変ですし、値動きが弱くなりがちなので深夜もパス。

そこで、日本時間の午後11時台を選択します。

この1時間に連続トレードを機械的に行い、どういったスコアになるかを検証

期間は月曜日から金曜日の5日間です

ロンドンのお昼休みより値動きが大きいこの時間帯。

果たして、成績は改善するのでしょうか?

〇 検証のルール


検証のルールは前回とほぼ同じ。

ドル円1分足、1万円で連続トレード行います

MACDのゴールデンクロス・デッドクロスでトレンド発生を確認して、すぐにエントリー。

(※)MACD (三菱UFJモルガン・スタンレー証券) (注3

そして、RSIが30または70に到達するか、MACDシグナルが0ラインに到達したところでトレードをストップします。

(※)1.RSIのもっとも簡単な利用法 (FXブロードネット) (注4

これでどれだけの収支になるかを比較します。

では、検証開始です!

〇 月曜日

月曜日の日本時間午後11時

1時間足では、それなりに動きのある陰線になっています。

上下に長めのヒゲが伸びているのもわかりますね。

けっこう値動きは大きそうですが、連続トレードの成果はどうなるでしょうか?

成績ですが、

8勝12敗・・・

-4万8000円


いきなり大きく負け越しています。

初っ端から暗雲が立ち込めていますが、さて。

〇 火曜日

気を取り直して火曜日の午後11時のスコアです。

これも陰線ですね。

上ヒゲが大きく伸びています。

値動き的には問題ないはずですが・・・

結果は7勝4敗

+2万3000円という結果になりました


毎回これくらいの成績を安定して出せれば、

この時間帯でのトレードはおいしいということになりますが・・・

〇 水曜日

さて、週の半ば、水曜日の午後11時です。

前後の動きの弱さが気になりますが、

午後11時のローソクは長めの陽線です。

前後の時間帯に比べれば、勝ちやすい相場のはず。

結果は、

9勝8敗

+1000円のみ


勝ち越しですが、利益はほぼなし。

やはり負けが増えると利益が圧迫されます。

〇 木曜日

そろそろ大きく勝っておきたい木曜日です。

ところが、1時間足では短陽線。

これはちょっと厳しいか?

ただし、ヒゲは出ているので、そこの値動きの波に期待したいところです。

集計した結果、この時間帯は非常にロングトレードとなりました。

16勝11敗

+3万4000円


かなり勝ち越せました。

ただ、1時間のうち約半分をずっとトレードしていることになるので、

実際にやるとすごく疲れそうですね・・・

〇 金曜日

さて、最終日となりました。

ここでも利益を出して、週間の収支を大きくプラスに持っていきたいところです。

ところが、この日はかなりの薄商い。

ごくごく短い陰線になっています。

こんな日は集計外にしたいところですが、仕方ない。

この日の結果は、

8勝9敗

-1万8000円となりました


かなり粘ったほうですが、負け越しになってしまいましたね。


〇 まとめ


週間の収支では、-8000円とわずかにマイナスになってしまいましたが、

前回の午後7時台の検証よりも収支は大幅に改善しました。

やはり月曜の大負けが痛かったですね。

これさえなければ収支は余裕のプラスだったのですが・・・

その月曜日の1分足ですが、やはり負け越しの要因は十字線によるドロー

トレードした一部、この9戦のなかでも3つがドローもしくはほぼドローによる負けになっています。

やはり動きに乏しい部分はかなり勝ちにくいと言わざるを得ません

その日のボラティリティなども気にしつつ、トレードするかどうかを決めると

負けやすい場面も回避しやすいのではないでしょうか。

ただ、大負けであった午後7時台と比較すると、午後11時台はほぼイーブンに持ち込めています

裁量も加えれば、プラスに持っていけることはほぼ間違いないでしょう。

1週分のデータなので断言はできませんが、

動きに乏しい午後7時よりも、より市場が活発な午後11時のほうが、勝ちやすいと言えるのではないでしょうか

■■■■脚注■■■■

(注1)FXの取引時間(みんかぶFX)
(注2)FXの取引時間(みんかぶFX)
(注3)チャート読解の基礎知識 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券) 
(注4)RSI (FXブロードネット)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【アベガー】しないで政府関係?の3つのサイトで為替情報チェック

(更新:2019年08月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 超有名なトレーダーさんも、意外とチェックしているのは政府の公式サイトです! 為替に関係する信頼できる資料が満載なので、 chieもファンダメンタルズで考えたいことがあるときに見ていますよ! 今回は、XMトレーダーもよく見る3つの公式サイトの使い方をお話します。

[続きを読む]

 

突然の元切り下げショックをチャンスに【中国株の1日取引のコツ】

(更新:2019年08月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 日経225の1日取引に慣れたら、中国の株価指数、 CHN50のコツを覚えて有利なときにトレードできるようになりましょう! 特に中国の景気に関するニュースはわかりやすく、 最近では米国との貿易問題でCHN50も素直に上下します! これを書いている今日は、中国元が急上昇しています。

[続きを読む]

 

5戦限定法のリスクが怖い・・・そんな人には4戦限定法!

(更新:2019年08月12日) こんにちは、ミウラです! 5戦限定法のリスクについて、詳細に解説したわけですが、 リスクの対処法としては、 「きちんとチャートを見て、できるだけ勝率を高める」というくらいしか方法がありません! 勝ちを重ねて利益を積み上げ、万が一、負けてもその損失を利益で吸収する、 という単純な方法しかないわけです。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

上がる気がしないポンドだが1分足では上がることもある

(更新:2019年08月05日) Tボーンです! イギリスでは予想通り、ボリス・ジョンソン氏が首相になった! Tボーンの感覚では、「イギリスのトランプ」というイメージがない… 2016年6月のEU離脱国民投票のときに、 首相になるといっていたのに予想外の結果がでたからなのか、逃げてしまった。

[続きを読む]

 

トレードの前に違和感や嫌な感じが心にあるときは

(更新:2019年07月19日) Tボーンです! 今日はドル/円(USDJPY)が気になった! ポンドだけでなく、ドル/円もできるだけ毎日チャートを見るようにしてるんだ! とても大切な通貨だからな! 最近、上昇トレンドに変わるかと思ったが、やはり利下げは確定のようだ。

[続きを読む]

 

ポンドは話題が少ないが、クロス円全体ではやっと動きはじめた

(更新:2019年07月04日) Tボーンです! イギリスでは、メイ首相の辞任は決まったが次が決まっていないんだ! 日本で行われたG20にはメイ首相が来ていたな! それにネタ切れのようにポンド/円(GBPJPY)があまり動かなくなっていた。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top