Home » 攻略法 » パラボリックのオマケじゃない?DMIで反転タイミングを見抜く!

パラボリックのオマケじゃない?DMIで反転タイミングを見抜く!

更新:2019年10月28日

こんにちは、ミウラです!

何回か前の回ADXについて取り上げました!

DMIというインジケータについているやつですね!

パラボリックにはADXを併用すべし!というのが、

パラボリックの作者のおすすめでした。

※ パラボリック利用の注意点 (FXブロードネット) (注1

パラボリックと併用する場合、ADXはそれなりに使えるのですが、

あくまでトレードのヒントのひとつというポジションです。

ADXが決め手になる場面は多くありません

パラボリックとの併用で使うよりも、むしろDMIだけで使ったほうが

1分チャートのような短期勝負で頼りになる場面があります。

今回はDMI(とADX)をうまく使ってトレードしてみたいと思います

目次

〇 DMIの見かた

では、DMIの見かたを簡単におさらいしましょう。

DMIにはすでに紹介したADXのほか、+DIと-DIの2種類のラインが引かれています

このうち、+DIは上昇トレンドの方向を、-DIは下降トレンドの方向を示しています

そして、ADXはトレンドの方向に関係なく、トレンドの強さを示しています

+DIが-DIを上回っていれば、上昇トレンドの可能性が高いということになります。

逆に、

-DIが+DIより上にあれば、下降トレンドです。

さらにADXが高ければ、トレンドの信頼性が高くなります

※ 活用法 (マネックス証券) (注1

このようなルールのもと、通常は+DIと-DIのゴールデンクロス・デッドクロスなどを基準にエントリーするのですが、

バイナリーオプションの1分トレードでこれはあまり機能しません

もっと別の方法でやります。

〇 1分チャートでの使い方


1分チャートで使う場合は、+DI、-DI、ADXの三者の位置関係で総合的に判断します

大きなトレンドが発生すると、+DIや-DIが先行して上昇します。

そして、遅れてADXが上昇し、追い抜いていく、という流れになります。

このADXに追い抜かれた場面が、トレンドの終了地点になりやすいです。

画像では、-DIがADXに抜かれた地点が大底になっていますね。

これを見て、high方向にエントリーする、といった使い方をします。

〇 実践例


では、実際にDMIでトレードしてみましょう。

1分チャートの5戦限定法でいきます。

+DIが上にあり、上昇トレンドの場面ですが、ADXも遅れて上昇を開始。

そろそろ追いついてきそうなので上昇トレンドが一服すると予想します。

よって、lowでのエントリーを狙いつつ待機します。

ADXが+DIを追い抜きました。

上昇トレンドはここでひとまず終了すると読んで、lowでエントリーしていきます。

その後の動きがこれです。

きれいに3連勝と思いきや・・・

ちょっと微妙な結果に。

まあ、勝ちは勝ちなのですが利益は最低レベルです。

なぜこうなったかというと、

勝負したのがこのローソク3本だったからですね。

2本目も勝っているように見えますが、ラグで陰線表示になっているだけです。

1本目のローソクの終値と2本目のローソクの始値がズレていますからね。

1本後ろにズレていれば2戦目も勝ちだったのですが、今回はあまりついていませんでした。

〇 他のインジケータのサインも併用する


DMI単独で使う、とは言いましたが、

今回のように微妙にエントリーポイントが前後にズレてしまうことはよくあります。

反転することはDMIで予測しておいて、

エントリーのタイミングは別のインジケータのサインを併用する、というのも良い方法ですね。

今回の場合はぶっちゃけ、ノーヒントだったんで手の打ちようがなかったのですが、

ボリバンと平均線のクロスや平均足の形状、さらにパラボリックなども活用して、

ベストのタイミングで入れるように練習してみてください

特にボリバンと平均線のクロスは役に立ちます

これを基準にしていくと、利益を上手に伸ばしていくことができるでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)パラボリック(FXブロードネット)
(注2)DMI(マネックス証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top