Home » 攻略法 » MT4標準マネーフローインデックス【MFI】は楽なオシレータ

MT4標準マネーフローインデックス【MFI】は楽なオシレータ

更新:2019年10月30日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

出来高からチャートのゆくえを分析するインディケータがMT4とMT5にはいくつかあります!

今回は出来高のRSIともいえる「マネーフローインデックス」(MFI)は使い方が楽という話題です

目次

〇 出来高を使ったオシレータとは


オシレータではRSIやストキャスティクスが人気ですね。

マネーフローインデックスは、価格ではなく出来高を使って似たような計算をします

つまり出来高を使ったオシレータというわけです。

計算式のおかげで、うまく買われすぎ売られすぎが描かれるので使いやすいのです。

※MT5公式「マネーフローインデックス」 (注1
※オシレータとは (注2

〇 ほかのボリューム系インディケータとの違い


これまで3つのボリューム系インディケータを取り上げました。

マネーフローインデックスと合わせると4つになりますが、

計算方法の違いをあげてみましょう。

・ボリューム=出来高のみを表示するもの
・オンバランスボリューム(OBV)=出来高が増えれば足していき、減れば引いていくという計算をする
・A/D=値動きをボリュームで割っていく
・マネーフローインデックス=出来高と価格をかけた数値を値動きで調整する。最高値が100になるように計算を合わせている


難しくなるので計算はここまでにします。

今回のマネーフローインデックスがほかと違うのは、0~100までの間を動くように調整されている点です

※過去記事:ボリューム使い方 (注3
※過去記事:OBV使い方 (注4
※過去記事:A/D使い方 (注5

〇 マネーフローインデックスの基本的な2つの使い方


以下のように、RSIやストキャスティクスと同じ使い方と考えて間違いありません

見るべき数値が0~100のあいだしかないので、分析がとても楽です

・買われすぎ売られすぎでトレード
・ダイバージェンスで相場分析


マネーフローインデックスの買われすぎは80のラインより上です。

売られすぎは20のラインより下です。

※過去記事:RSIのダイバージェンス (注6

〇 ハイローオーストラリアのトレード手順


ハイローオーストラリアでは、

レンジ相場のときに「買われすぎ売られすぎ」を使ってトレードするのが有効です

(1)チャートを見てレンジ相場かどうか確認
(2)レンジ相場なら、買われすぎ売られすぎになるのを待つ
(3)買われすぎ売られすぎのラインの外に出た後、また戻り始めたら逆方向を買う


ダイバージェンスを使うのは主にトレンドが出ているときで、

マネーフローインデックスがトレンドと反対方向に向いたら

いったんトレードをやめてトレンド反転を待つという使い方をします。

〇 実際のハイローオーストラリアのトレード


欧州時間のユーロ/円(EURJPY)の1分足を出してみました。

2時間くらいの間レンジ相場です。

16時ちょうどにマネーフローインデックスが80を超えてまた下がりました。

欧州の注文が約定したようですね。

ローソク足は長い上ヒゲをつけて下がっています。

間に合いそうなので、Turboスプレッドの1分でLOWを買いました

〇 めったに出ないシグナルこそ信頼度が高い


さきほどのトレードは成功です

マネーフローインデックスでは、あまり80と20の外に出ることがありません。

それはトレードのシグナルがめったに出ないということです。

でも、シグナルが出れば今回のように信頼度の高いものとなります

また、マネーフローインデックスが上がり始めたらHIGHを買うという方法もできますが、

今回はここまでにしておきます。

■■■■脚注■■■■

(注1) Money Flow Index(マネーフローインデックス)(Meta Trader 5)
(注2)オシレーター (おしれーたー)(大和証券)
(注3)為替の出来高とは?MT4の【ボリューム】でしてはいけない通貨ペアをみつける
(注4)ボリューム系の【OBV】の使い方2種
(注5)「A/D」インディケータでレンジ相場後のチャンスをつかむ方法
(注6)「RSI」があてにならないなんて嘘です!これだけ使えるから見直してあげて!

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top