Home » 攻略法 » 国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

更新:2019年11月07日

こんにちは!

フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです!

ある日トレード仲間が

「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました!

XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、

国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか!

XMと比較をしてみましょう。

優良FX【XM】はこちらから!



〇 国内業者の強制ロスカットができた経緯


日本の国内業者には「ロスカット・ルール」というものがあり、

ポジションを持っていてもそれがマイナスになってくるとあるとき突然に強制決済されてしまいます

業者側でポジションを閉じてしまうのです。

以前はこのルールがなく、口座資金が減って証拠金がなくなると追加の入金を求められるのが普通でした。

これが有名な「追証」(おいしょう)です。

FXをするには証拠金は必要ですし、

損失を出している口座なら資金を足していかなくてはならないですから当然といえます。

しかし多額の追証が払えない人も出てきてトラブルが絶えませんでした。

お金を増やしたいと始めたFXのせいで借金を抱える人もいました。

ロスカットルールは

「一定以上に口座資金が減ったら、業者のほうで強制的に決済(=強制ロスカット)してしまえば、損失はそこで限定される。顧客も借金をかかえずに済む」

というわけで、顧客の資金を守る意味もあり金融庁で厳しく取り締まっています。

一般に「強制ロスカット」「マージンカット」と呼ばれています。

※金融庁「平成28年ロスカットルール」 (注1

〇 国内業者の強制ロスカットの問題


このロスカット・ルールは早くロスカットされるほどトレーダーの計画が狂います。

「もう少しで思惑通りの相場になったのに!ロスカットされてしまった!」

ということがすぐに起きるからです。

次から例をあげてみていきましょう。


優良FX【XM】はこちらから!


〇 強制ロスカットの例


たとえば「証拠金維持率50%でロスカット」という業者があったとします。   

そこの口座に10万円入っていて、1万通貨のポジションを4万円の証拠金で持ったとします。   

(国内業者はレバレッジ25倍)

思わぬほうに相場が傾いてしまい、口座残金を見ると2万円になっていました。   

このとき、証拠金の約50%ですので、ここで業者側が強制ロスカットをします。

・口座残高が証拠金の半分くらいになったら強制ロスカットされる

というイメージです。

(通貨のレートが上下するので、強制ロスカットのときには必要証拠金も4万円ピッタリでないので、『約』としています)

自分なりの相場観があって、

しばらくの間は損失に耐えたいと思ってもうっかりすると強制ロスカットされて台無しになるというわけです。

※国内業者のロスカット計算機(外為どっとコム) (注2
※ロスカットルール(みんなのFX) (注3

〇 ロスカット水準が上がってきているという現状


ロスカット水準が上の例のように50%ではなく、100%の業者も増えています

上の例なら約4万円まで口座資金が減ったらロスカットされてしまいます。

耐える時間が減るのです。

これまでみてきたように、口座資金は余裕をもって用意し、

最初から強制ロスカットの水準も計算に入れなくてはならないことがわかりました。

しかしたとえば、もし20%なら口座残高が約8,000円まで耐えられるのです。

顧客を守るためとはいえ、

特に2015年からロスカット水準を上げるところが一気に増えて嘆くトレーダーが増えました。

※ロスカット水準の上昇 (注4


優良FX【XM】はこちらから!


〇 強制ロスカットとXMのゼロカットとの違い


XMのゼロカットは、口座残高が0円まで耐えられます

これまでみてきた国内業者と比べるとわかりやすいのではないでしょうか。

しかもレバレッジも最高888倍です。

FXというのは少ない資金で大きく増やせるという特徴のある投資なので、

XMはその良さを失っていないといえます

〇 【ほんとうにそうなる?】XMのゼロカット・システムとの付き合い方


実はchieはXMを使い始めたころ、ほんとうにゼロカットが実行されるか不安でした。

まだすべての海外業者が信頼されていなかった頃です。

しかし、たまたま(?)トレードで大失敗をしてゼロカットされてしまったときに

本当だとわかりある意味とても安心したのを覚えています。

ちなみに日本円で3円くらいなぜか残ったりします(笑)

自分の相場観をしっかり信じて、安心して資金を増やす夢を追っていいんだなと思ったものです。

(資金はそのときは減ったのですが笑)

ただしむやみにゼロカットを使ってばかりいるとぜんぜんお金は増えませんから、

戦略のうちの道具として使うのがベストです。

ではまた!

※XMの管轄はセイシェル金融局です (注5


優良FX【XM】はこちらから!


■■■■脚注■■■■

(注1)「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」の公表について(金融庁)
(注2)ロスカットシミュレータ(外為どっとコム)
(注3)ロスカットについて(みんなのFX)
(注4)ロスカット水準引き上げの中、今も証拠金 維持率20%までロスカットされない口座発見!(ザイFX!)
(注5)FSA Seychelles

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top