Home » 攻略法 » エントリーしたいけど自信がない・・・そんなときは2勝で勝ち逃げ!

エントリーしたいけど自信がない・・・そんなときは2勝で勝ち逃げ!

更新:2019年12月03日

こんにちは、ミウラです!

大きめの利益を安定的に確保する、という目的のもと、

3勝で勝ち逃げする方法をおすすめしてきましたが、

2勝まではあっさり達成できるものの、3勝目がなかなか遠い、

という経験をされることも多いのではないでしょうか!

2勝したあとに1敗してしまうと、1勝の勝ち越しとなり、ここからさらに2勝を積み上げなければなりません。

間に負けを挟むとさらに勝ち逃げは遠のきます。

こうなるとトレード終了までは長引きますし、購入している方向からトレンドが転換してしまう可能性もあります。

そこで今回は、さらにトレードを短縮していく方法を提案します。

1回のトレードでの利益は減ってしまいますが、それ以上に安定的に利益を確保できるようになるはずです。

目次

〇 2勝勝ち逃げ法について

トレードを短縮する方法とは、これまで3勝でストップだったトレードを、

2勝でストップするように変えるだけです。

1勝ぶんの利益は減ってしまいますが、利益の減少分以上に勝てる場面が増えます。

例えばこの場面。

前回に紹介した、MACDシグナルの0ライン到達でエントリーする手法でやってみると、

この2本の陰線でいきなり2勝して終わることができます。

3勝勝ち逃げでトレードをさらに継続すると、その後の陽線や十字線で負けが先行し、

なかなかトレードを終えることができなくなります。

この方法は安定性重視のやり方ですが、勝てる場面も増えるので、

運用次第では3勝勝ち逃げ法よりも利益を高めることも可能です。

〇 どのような場面で有効か?


2勝勝ち逃げ法は、3勝よりも勝ちやすい方法です。

よって、普段から安定性を重視してトレードする場合のほか、自信がない場面での採用も有効です。

5分足のMACDです。

MACDとシグナルがゴールデンクロスで上昇トレンドだということがわかります。

※ サインの読み方は非常に簡単。誰でもすぐ使えるMACD (外為どっとコム) (注1

しかし、シグナルの位置はかなり低く、0ライン到達までにはかなり時間がかかりそうです。

MACDシグナルの0ライン到達は、上昇トレンドのダメ押しサインです。

※ 利用方法 (FXTF) (注2

この0ラインを超えるまでは、上昇トレンドが継続するだろうな、ということが予測できます。

ところが1分足では、下げに転換しそうになっています。

MACDシグナルはとっくに0を突破し、いつ下げに転じてもおかしくない状況。

そして、DMIは、+DIが先行しており、これがADXに追いつかれたところがLowでのエントリーポイントでした。

5分足からは上昇継続と読めるものの、下でエントリーできそうな場面

こういったひとつの方向に絞れない場合に、

3勝をやめて2勝のほうを採用するというのが有効な方法です。

〇 実践例


先ほどの場面で実際に2勝勝ち逃げ法を実践してみました。

1分足のチャート

ボリンジャーバンドが2種の平均線を上に抜いたので、いったん上昇はストップ。

下向きの力が強まり、Lowでエントリーすべき場面です。

同じく、+DIが失速してADXに追いつかれました。

これもLowで入るべきタイミングです。

2つのサインでもってLowでのエントリーを決断します。

結果は2連勝であっさり終了です。

もうちょっと欲張って3勝目も狙いたくなってしまいますが、

5分足は上を指しているのでここはぐっと我慢。

勝ったのは、この黄色で囲んだ部分です。

その後の展開に注目してください。

5分足が上昇継続を示していたせいか、やはり下げ渋っています

3勝目を狙ってトレードを継続した場合、その後は2連敗で勝ち越しが吹き飛ぶことになります。

そのあと、結局は下げずに上昇を再開。

継続していればこれに巻き込まれた可能性が高いです。

やはり2勝のほうを選択したのは正解だったといえるでしょう。

〇 トレード中の切り替えも効果的


今回は最初から2勝で勝ち逃げする方針でしたが、

3勝狙いでエントリーし、途中で2勝に切り替えてトレードストップ、という方法も効果的です。

当初の予測から外れてトレードがグダグダになり始めると、3勝勝ち越しはなかなか骨が折れます。

そこで2勝を勝ち越した時点でサクッと切り上げる、という方針に転換するのです。

このように状況を見て柔軟に対応できるのも、勝ち逃げ法のメリットですね。

■■■■脚注■■■■

(注1)中級編4 FX ~チャートの基本2~(外為どっとコム)
(注2)MACD(FXTF)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

強サイン以外にもチャンスあり!弱いサインも工夫次第で勝てる?

(更新:2020年02月19日) こんにちは、ミウラです! ふたつのエンベロープのクロスを利用してトレードする方法には、 前回に紹介したような強いほうのサインを使った手法とは別に、 いくつかエントリーできる場面があります! 強いほうのサインは出現する頻度が少なめなので、 この手法を取り入れれば、エントリーできる場面が増えます。

[続きを読む]

 

アリゲーターのハイロートレード3パターン

(更新:2020年02月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアをする前にトレンドをチェックしておくだけで、 トレードする際に気分がさまよわずに済みます! 今回は移動平均線セットのひとつ、 アリゲーター(Alligator)でハイローオーストラリアをする方法です! MT4でもMT5でも標準装備のインディケータなんですよ。

[続きを読む]

 

FP的にトレーダーの人生とFXの資金管理を考える

(更新:2020年02月13日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! FPというのはフィナンシャルプランナーのことで、chieもこれなのです! いろんな人のお金に関する人生設計の相談を受けたりするお仕事です! で、XMトレーダーのお金の計画というとトレードの資金管理も含めたものになるよねと思いつきました。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

6分HighLowもできるハイローオーストラリア

(更新:2020年02月18日) Tボーンです! ポンドは上昇しそうだったのになんだかおかしな具合になってきた! ポンド/円(GBPJPY)月足をMT5で出している! 長い間の下降トレンドのレジスタンスラインからちょっと頭を出したよな。

[続きを読む]

 

みんな苦手な30秒取引でも勝てる始値とは

(更新:2020年02月03日) Tボーンのポリシーのひとつに 「自分に向かない方法はやらない」というのがあるんだ! ハイローオーストラリアのマイページで過去の成績を見ていたら、 30秒のTurboスプレッドの勝率が低いとわかった。

[続きを読む]

 

面倒なヘッドライン相場を避ける方法

(更新:2020年01月29日) Tボーンです! 2020年になりアメリカ発のヘッドラインがさっそく流れた! 面倒だが簡単に書くとこうだ! 米軍がイランを攻撃→イランが仕返し→双方が「戦争はしない」と言う。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top