Menu
Home » 攻略法 » ランチェスターの法則でひらめいた損切りアイデア

ランチェスターの法則でひらめいた損切りアイデア

更新:2020年07月09日

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです!

XM(XMTrading)のトレードは戦いに例えることもできますね!

どの世界の投資本にも「損切りを必ず入れましょう」と書いてあります!

これは戦いなら撤退のタイミングと同じです

ところで、起業をしたい人がよく勉強することで「ランチェスターの法則」と いうのがあるのですが…。

今回は面白いアイデアを思いついたので、暇つぶしにもおすすめです。

ぜひ読んでください。


優良FX【XM】はこちらから!

〇 【ランチェスターの法則】とは


ランチェスターさんが考えた法則なのでこの名前があるのですが、

この方はイギリス人でベンツなどに在籍していたエンジニアでした。

【ランチェスターの法則】は「ランチェスター法則」、「ランチェス ター戦略」とも呼ばれて、

最初は戦争に使われていたのですが、あとで商業などにも応用できるとわかって、今でも経営論としてよく知られています

大きい項目をめちゃくちゃざっくり書くと、以下のようになります。

・局地戦では兵士の数が多いほうが勝つよね
・広域戦で兵士が強い武器を持てば、勝率が変わってくるよね


だいたいの雰囲気をつかんでいただけたでしょうか(笑)

〇 ランチェスターの法則のこれが気になる


この法則は、いろいろと細かい理論もセットになっています。

そのなかで「三一の理論」(さんいちのりろん)というのがあります。

これもざっくり書くと、「兵士の数を敵の3倍にすれば勝てる」というものです。

もっといえば負けなくなるというくらい強い法則だそうです

商業でいえば、ある地域でライバルの3倍のお客さんをゲットしたら勝ちということです。

(店を3倍建てても売れないと無意味)

※ランチェスターについてはおススメのサイトがなく、なにか本を買ったほうがいいかもしれません。


優良FX【XM】はこちらから!

〇 三一の理論とFX


戦略っていうくらいだからFXのヒントになるかもしれませんね。

chieは、三一の理論って損切り設定のリスクリワード率と似ているなと思ったのでした

もともと損切と利益確定の比率は、せめて1:1.5以上といわれていました

もちろん、最終的に利益をプラスにするためです。

でもこれはほんとに「せめてこれだけ」なので心もとない数値です。

ひょっとして「必ず勝利する」というランチェスターの法則の三一の理論なら安心かもと思いつ いたのでした

※リスクリワードレシオ(比率) (注1

〇 【三一のリスクリワード】検証の方法


簡単な売買ルールで、過去のチャートを使って検証をしてみました

・期間は2020年1月~6月中旬
・ドル/円(USDJPY)の日足で売買
・1円ごとに水平ラインを引いて、売買ポイントにする
(チャートが上昇しているときは戻り売り待ちでラインに触ったらロング、下降しているときは逆)
・利益確定は3円(300pips)、損切りは1円(100pips)離れたところに設定
・10回のトレードで損益がどうなるか?

プラスが3、マイナスが1で、三一の理論です

うまくいくでしょうか。

過去の動きが簡単に見られるトレーディングビューで動かしながら手動でやりました。

過去の日足の動きは、無料で見られます。

また、XMのMT4でも過去のテストができます。


優良FX【XM】はこちらから!

〇 検証の結果は?


今回検証したチャートの間にはコロナショックの値動きという、荒れた期間があります

過去のチャートの動きが早すぎて実際にはトレードできないだろうというところは無視して、

できるだけ普通の値動きのところでエントリーしたとして 計算してみました。

10回終わった結果は上の図のとおりで、

損切り:利益確定の比率を三一にすると利益を追いかけやすいかも、と いうことがわかりました。

偶然、勝率が50%ですね。

勝率が悪くても、エントリーする場所をしっかり決めればいけそうです。

〇 まとめ


世の中でいわれる「大丈夫そうなリスクリワード比率」が心配だったので、

なんだか賢そうなランチェスターの法則を応用してみました!

という今回の話題でした。

正直chieは、カッコよくこの【三一のリスクリワード】の正当性を証明できるほど数学ができません。

が、今回のテストでもなかなかよかったし、しかもコロナショックの相場でもなんとかなったし

ということで今後のXMトレードで採用してもいいかもしれません

(エントリーポイントはじっくり精査しなくてはですね)

このブログは、ほかに気軽に読める市場心理の話題などもあります。

ゆっくりしていってください!

※参考記事:「【ひとりでできる】なぜ勝てないのかを知る簡単な心理インタビュー」
※参考記事:「収入減でXM利用を考えている方が最初にすべきこと7つ」
※参考記事:「FP的にトレーダーの人生とFXの資金管理を考える」

優良FX【XM】はこちらから!

■■■■脚注■■■■

(注1)資 金管理をはじめよう① リスクリワードレシオ、勝率について(OANDA)

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top