Menu
Home » 攻略法 » 最新のファンが機能しない!そんなときは以前のファンに戻ろう!

最新のファンが機能しない!そんなときは以前のファンに戻ろう!

更新:2020年11月04日

こんにちは、ミウラです!

フィボナッチ・ファンの61.8%をローソク足が突破した場合、

トレンドが転換したと考えてフィボナッチ・ファンを描き直すのがセオリーです!

フィボナッチ・ファンは、サポートやレジスタンスとして機能するだけでなく、

そこを突破した場合は、ブレイクポイントとしても機能するからです。

※ フィボナッチファンとポイント(ヒロセ通商)(注1


この画像のようなケースでは、下降トレンドが終了し、

高値を0%とするフィボナッチ・ファンに書き換えを行います。

ここからは高値を追いかけるトレードに切り替わるわけです。

このとき、書き換える前のフィボナッチ・ファンは消してしまうのですが、

いったんブレイクされたとしても、その機能が失われるわけではありません。


このようにブレイク後、また下げに転じているようなチャートでは、

以前のファンも有効に機能することがあります。

今回のテーマは、前のファンを消してしまわずに活用してみよう、というお話になります。

目次

〇 以前のファンもサポートになり続ける

以前のファンをなぜ残すかというと、これもサポートやレジスタンスとして機能するからです


これは先ほどの画像の続きです。

いったん下向きのファンの61.8%を抜けて上昇に転換したチャートは、

そこから失速

上向きのファンの61.8%を下抜けてしまい、以前のファンの価格帯へと回帰しつつあります。

しかしながら、その先には以前のファンの61.8%ラインが待ち構えています。

このラインの機能は失われてはいないので、依然、サポートとして機能します。

「ここで下げ止まるな・・・」という目安を知るために、以前のファンが機能するわけです

〇 5分線で短期的な方向性を探る

しかし、下げ止まるということがわかるだけではトレードになりません。

長い目で見て、どちらに向かうかという予測が必要です。


まず、ベースとなる方向性を予測します。

いったん上昇に転じたはずのトレンドが、あまり上昇せずに下げてきた、というのは、

かなり下へと引っ張る力が強いということです。

しかし、いったん以前のファンがサポートになって上に向かったので、極端に強い下げでもなさそうです。


そこで、登場するのが5分線です。

この5分線を上に突破できれば、上昇への回帰

跳ね返されて下げれば、下向きの流れ、と判断できます。

特に前述の理由から、下方向に市場は行きたがっています。

下方向が決定的になれば、トレンドが加速する可能性大ですね。

そして、実際にチャートでも、跳ね返されて下に向かいそうです。

なので、Lowで決め打ちの連続トレードで挑んでみます。

〇  ブレイクは勢いが加速する可能性アリ



結果は、幸運も絡んでまず、4連勝

やはり、上がるべき場面をキャンセルして下に転じた場面では、一方的な下げになりやすいですね。


今回は、5分線に頭をぶつけたところで入ったので、ローソク足5本の区間で4連勝となっています。

途中に陽線が混じっていますが、この上昇をうまくかわして勝てたのはラッキーでした。


さらに、最後の陰線が一気に以前のファンの61.8%をぶち抜いています

予測では、ここで上に跳ね返される予定でしたが、

ファンをブレイクしたことで値動きに勢いがつくと判断しました。

※ フィボナッチ・リトレースメント近辺には新規注文、損切り注文が眠っている(外為オンライン)(注2

なので、さらにLowで畳み掛けますが・・・


すぐ下に、長期フィボナッチ・リトレースメントの0%が迫っていました。

ここにタッチすれば全戻し達成となります。

「いけるかな?」と思ってLowで入りましたが、早々に0%を達成して、買い戻しが入ってしまいました

残念、最後は負けです。

〇 最新のファンが機能しないときは以前のものを試してみる


全戻し達成後の動きはこうなりました。

全体を俯瞰してみると以前のファンに沿って下がっている様子がよくわかります

最後にファンを下にブレイクしたように見えたのも、

0%にタッチしに行っただけでダマシのようですね。

結局、以前のファンの61.8%は、しっかりサポートとして機能したわけです。

このように以前のフィボナッチ・ファンも、ローソク足が再接近すれば、有効に機能します

描き直した最新のフィボナッチ・ファンがすぐにブレイクされて機能しなくなったときは、

以前のファンに戻してみると、しっくりいくことがあるので、ぜひ試してみて下さい。

■■■■脚注■■■■

(注1)フィボナッチファン(ヒロセ通商)
(注2)初心者でもわかる!実戦チャート術 第6回 フィボナッチ・ピボット(外為オンライン) 

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top