Menu
Home » 攻略法 » エリオット波動の大きい波とちいさい波で【あの】ダマシを回避

エリオット波動の大きい波とちいさい波で【あの】ダマシを回避

更新:2021年02月05日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

「チャートは上がったり下がったりするものなんだ」

を前提に今回もエリオット波動をハイローオーストラリアに応用すべく波をカウントしてみましょう!

ダマシを避けるのがうまくなるかもしれません。

目次

〇 エリオット波動の大きい波


「大きい波」「ちいさい波」という表現はこのブログだけで使うものです

わかりやすくするためにそう表現しますね。

大きい波とは前回やった""1,2,3,4,5""""a,b,c""の波のことです。

※ここで前回の復習ができます。
『困難な(笑)エリオット波動のまとめに挑戦』

〇  エリオット波動のちいさい波


今回の主要テーマは、「ちいさい波」です

「大きい波をよく見るとちいさい波がいっぱい集まってできているね」と気づいた後、

そのちいさい波を解読してみようという考えがエリオット波動論のなかにあるのです。

ちいさい波のパターンにも何種類かあります。

今回は為替のチャートでとてもよく現れるものを例にとりあげますね。

これを知っているとワンランク上のダマシ回避ができます。

〇 回避したいダマシは【偽】ヘッドアンドショルダー


今回は第1波~第5波まで、つまり上昇の波だけに着目します

上の図は、管理人がカウントした大きい波のうち、第3波に注目したものです。

第3波も、つるんとまっすぐ上がっているのではなくデコボコしていますよね

ちいさい波があるからです。

そのうち、赤い〇で囲んだところを拡大してみましょう。

ここはヘッドアンドショルダー(三尊天井)に見え、悩みが生じます

※ダマシ(だまし)とは (注1

〇  【偽】ヘッドアンドショルダーに騙されるしくみ


次は、日足だったチャートを4時間足にして拡大して見ています。

赤い印のところは完璧ではないですがちょっとヘッドアンドショルダーっぽい形になり、

売りか買いか悩んでしまいます。

このとき、リアルタイムで4時間足だけ見ていると

「ヘッドアンドショルダーだから下がるんだ」と判断するかもしれません

実際、その後2日間ほど下がりつづけていますから

当たったと思ってもっと売りをやってしまうかもしれないですよね。

しかしあとで振り返ればその価格まで戻らずに

1か月以上上がり続けたので上昇トレンドは続いていたのです。

そこで「ヘッドアンドショルダーなんて信用できない。テクニカル分析なんて無意味だ」

となるかもしれません。

〇  エリオット波動論のエクステンション


ここでやっとエリオット波動に戻ります。

エリオット波動論には「エクステンション」(延長)という考えがあります

簡単にいうと

「カウントしていた大きい波、ここで終わりかと思ったけど延長されることもあるよね」

ということです。

エクステンションが起きている波は、

途中でヘッドアンドショルダーみたいな形を作ることがあるのです!

これがちいさい波をよく見なくてはならないポイントのひとつです

今回の例の場合は、第3波が延長されたことになります。

こういうことがあると知って、意識しているのとしていないのとでは、

チャートの読み方に雲泥の差が出ます。

さて、今回の目的はダマシを回避することです。

どのように回避するのでしょうか。

〇 まとめ【エクステンションの特徴、見分け方】


ではまとめに入りましょう。

エクステンションの重大な特徴も並べますからしっかり読んでくださいね。

・エリオット波動を意識するなら、大きい波とちいさい波を考えよう
・チャートにヘッドアンドショルダーっぽい形ができた。でもそれはちいさい波かもしれない
・つまり、大きい波のエクステンションの途中経過なのかもしれない
・エクステンションだとしたら、チャートは反転せずに大きなトレンドが続いてしまう
・慌ててヘッドアンドショルダーだと決めつけないようにしよう
・ヘッドアンドショルダーに見えた形の高値までチャートがふたたび戻ったら、
エクステンションの確率が高いと判断すること!

それからエクステンションの性質で大事なポイントもあげておきます。

・第1波、第3波、第5波のうち、エクステンションが起きるのはひとつだけ
=どれかにあきらかなエクステンションが起きたら、ほかの2つの波には起きない

最後のポイントも覚えておくと、

大きい波をカウントするときにも助けになってくれてとても心強いです

ハイローオーストラリアではちいさい波だけ見ていても勝てますが、

こんな視点も知っていると強みになりますよ

■■■■脚注■■■■

(注1)だまし とは(みんかぶFX)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

1~2の区間は予測精度が高い!しかし、実際のトレードでは・・・

(更新:2021年02月25日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチタイムゾーンのトレンド予測は、 先に進むほど精度が悪化する傾向にあります! そこで、一番予測の精度が高い1~2の区間でトレードすべき、となるのですが、 タイムゾーンは0~1の区間を任意にとって描かれるオブジェクトです! タイムゾーンを描くのに必要な2点をとった瞬間からトレードがスタートするため、 他の区間でのトレードとは勝手が違う部分があります。

[続きを読む]

 

二者択一!損小利大を気にしなくてもいいエントリーとは

(更新:2021年02月18日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)トレーダーの仲間の皆さんは 損切り(ロスカット)位置に悩んだことはないでしょうか? 損切り額は減らしたい、でも毎回損切りついちゃって損切り貧乏になってしまう! これは損切りを2つに分けて考えることで解決できます。

[続きを読む]

 

先に進むほど悪化する?タイムゾーンの予測精度を検証!

(更新:2021年02月17日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチタイムゾーンを描くと、最初にとった基準の2点を0、1として、 2、3、5、8という垂直のラインが描かれます! このラインがトレンドが切り替わるタイミングを示しているのですが、 区間によって予測の精度は変わってきます! 最初の区間ほど予測の精度は高く、 あとになればなるほどイレギュラーが発生しやすくなります。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

【AMA】が描くのは高値や安値じゃないが勝てるぞ!

(更新:2021年01月21日) 初心者の味方Tボーンです! 今日も平均足でハイローオーストラリアしているぞ! ポンド/円(GBPJPY)は勝ちやすいと思っているが最近は上下の動きが激しい! EU離脱が完全にできたのだが、こんなときだから派手なイベントもなしに終わったんだ。

[続きを読む]

 

パソコンやMT5の調子がおかしくなったらブラウザだ

(更新:2021年01月14日) 初心者の味方Tボーンです! 最近は初心に帰って平均足でチャート分析をしているんだ! パソコンの調子が悪くてMT5が入っていないパソコンで見ている! こういうときはGoogleクロームやファイヤーフォックスのような ブラウザで見られるチャートを探そう。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top