Menu
Home » 攻略法 » 1~2の区間は予測精度が高い!しかし、実際のトレードでは・・・

1~2の区間は予測精度が高い!しかし、実際のトレードでは・・・

更新:2021年02月25日

こんにちは、ミウラです!

フィボナッチタイムゾーンのトレンド予測は、

先に進むほど精度が悪化する傾向にあります!


そこで、一番予測の精度が高い1~2の区間でトレードすべき、となるのですが、

タイムゾーンは0~1の区間を任意にとって描かれるオブジェクトです!

タイムゾーンを描くのに必要な2点をとった瞬間からトレードがスタートするため、

他の区間でのトレードとは勝手が違う部分があります。

今回は、予測の精度が高い1~2の区間でのトレードについて、

実際のトレードで生じる問題点などを見ていきたいと思います

目次

〇  平均線から離れようとする動きを狙う

1~2の区間で勝負するスタイルの場合、

フィボナッチを描いたらすぐにトレード開始です

2以降の区間のようにタイムゾーンを描いてから、エントリーのタイミングをうかがう、

ということはしません。

待っているとどんどん置いていかれて、すぐに2のタイムゾーンに到達してしまうからですね。

よって、いい感じのタイムゾーンを描けるチャートの動きを待つことになります。


狙うべきはこのような平均線から大きく離れようとする動きです

平均線をまたぐタイミングの2点でタイムゾーンを描きたいのですが、

できるだけ大きなスイングのほうが区間を長く取れます。

すると1~2の区間も長くなり、トレードの回数を増やして利益アップにつながります。

平均線から大きく離れたローソクは、

またすぐに平均線の位置に戻ろうとする性質がありますので、

平均線から離れる→平均線に戻る、の動きで、大きなスイングが完成するのです。

※ 平均買いコストをみる(乙女のお財布)(注1

よって、平均線から大きく離れようとする動きを待ち構えます

〇  決め打ちでタイムゾーンを描く

平均線から離れたローソクが、ふたたび平均線にぶつかったところで

すぐにフィボナッチタイムゾーンを描いてトレードを開始します。


とる2点は平均線をまたいだところですが、

2点のうち、1のラインにあたる部分はまだ未確定であることが多いです。


しかし、平均線にぶつかったところを決め打ちでタイムゾーンの基準点にしてしまいます。

平均線に接触しているのは事実ですし、そのまま上抜けするケースも多いです。

さらに、上に抜けるのを待っていると、

トレード回数が減ってしまい、美味しい上昇を取り逃がしてしまいます。

なので、暫定でもタイムゾーンを描いてしまい、そのままHighで連続トレードを開始します

〇  利益に結びつかなかったケース

今回は、いきなりトレード結果から見ていきます。


1戦目が見切れていますが、全6戦で3勝3敗という結果でした。

微損なので大負けではないですが、トレードとしては失敗ですね。

チャートはこうなっています。


この区間をすべてHighで連続でエントリーしました

0~1の区間では下げなので、1~2の区間は上昇のターンです。

実際に平均線の上に回っていますので、おおまかなトレンド予測は当たってはいますが、

細かい部分で負けがついており、利益に結びつかなかった、という感じでしょうか。

〇 序盤で負けがつきやすい

負けが増えた原因を見ていきましょう


まずは最初の部分。

決め打ちで描いたタイムゾーンでしたが、

きれいな上抜けにならずに突破に手こずっています

これにより、描いたタイムゾーンの精度自体がイマイチになってしまいました

これは往々にして起こることで、そもそも平均線はレジスタンスになる性質があるので、

序盤で負けがつく、というのは、しかたない部分もあります。

※ (2)支持線(サポート)と抵抗線(レジスタンス) (マネーパートナーズ)(注2

対策として、上抜けをしっかり確認する、という方法もありますが、

前述のようにトレード機会が減ります。

今回は、下げトレンドのなかでのHigh狙いだったので、トレンドを加味していったん足踏みするかも?

と予測を立てて、ローソクを1、2本待って開始する、という方法でも良かったかもしれません

もし、トレンド方向へのエントリーなら、待たずに突っ込みます。

〇  途中で達成感が出て失速する

次に負けの原因として、区間の途中で達成感が出てしまったことが挙げられます


この部分でフィボナッチ・リトレースメントの23.6%のライン手前まで迫っており、

上昇が鈍ることはじゅうぶんに予測できます。

よって、この大陽線でトレードストップ、というのは、有効な選択肢となります

この時点なら2勝1敗で終われますので利益はプラス。

これが今回のトレードで、いちばん現実的な勝ち方でしょう。

〇  トレンドに反するエントリーは不利

そして、根本的な部分でも今回は不利なトレードではありました。


赤と青のエンベロープを見てもわかるように、

今回は下げトレンドのなかでのHigh狙いでした。

しかも、本日は日足レベルでも大きな下げに見舞われており、

市場が下げに支配されている状況です。

上がりきれなかったのは、上昇が下げ圧力で削られてしまったからですね。

なので、できれば有利なLowで勝負すべきでした

となると、待つのは押しではなく、大きな戻りのスイングとなります。

ただ、下げトレンドのなかでは大きな戻りは出にくい反面、押しはけっこう出現しやすいです。

Low狙いだと待ち時間も増えてしまうので、一長一短ではありますね。

〇  引き分けで粘りつつチャンスを待つ

1~2の区間の予測精度が高いとはいえ、

不利な条件下でエントリーすれば、やはり勝ちは削られてしまいます。


きれいなスイング、かつトレンドに沿ったエントリーを心がければ、

こういう理想的なチャートを拾うことも可能ですから、

ある程度の負けは許容しつつ、決め打ちで入っていくのが一番いいかな、

というのが現在の結論ですね

今回の実践例でもわかるように、不利な条件下でもそこまで大負けはしないので、

引き分けで粘りつつ、大当たりのチャートを引くのを待つ、くらいのスタイルで 挑むのがよいでしょう

■■■■脚注■■■■

(注1)チャートの基礎の基礎(乙女のお財布) 
(注2)移動平均線 (単純移動平均線) (マネーパートナーズ) 

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top