Menu
Home » 攻略法 » リトレースメントとは少し違う?フィボナッチアークの使い方!

リトレースメントとは少し違う?フィボナッチアークの使い方!

更新:2021年03月19日

こんにちは、ミウラです!

前回に紹介したフィボナッチアークの使い方は、

フィボナッチ・リトレースメントとほぼ同じ、と考えて問題ないです!

時間軸の方面に拡張されてはいるものの、フィボナッチタイムゾーンのように

純粋に時間をベースに描写されたものではなく、

あくまで擬似的に横軸の要素も取り入れているだけだからです。

アークのベースになるのはあくまで価格なので、

取り扱い方もリトレースメントに準じたものになります

※【1】フィボナッチアークとは?(JFX)(注1

とはいえ、時間軸の要素を取り入れたことにより、

リトレースメントと扱い方が違う部分もあります。

今回は、フィボナッチアークの具体的な使い方を検討しながら、

リトレースメントとの違いについてもお話ししていきます。

目次

〇  フィボナッチアークの修正について

今回も、MT5のフィボナッチアークの修正にスクリプトを使用します


前回に詳しく解説しているので、そちらも参照してください。

MT5のフィボナッチアークは自分で縮尺が調整できるようになっているのですが、

自動で調整する機能がないので、自分で縮尺を設定しないといけません。

プロパティの“scale”の数値を弄くれば良いのですが、これが少々厄介でして、

数値の設定方法は人によってまちまちで、これという正解もない状況です。

なので、この自動修正のスクリプトを使うのが無難かな、という感じですね。

このscaleの調整については、また解説するかもしれませんが、

けっこう長くなるので今回は割愛します。

〇  最初は突き抜けてしまいやすい

では、フィボナッチアークの使い方を見ていきましょう。

フィボナッチアークの利用法は、リトレースメントと同じく、

サポートやレジスタンスとして扱う、というものです。

※ フィボナッチ=トレンド中の一時的な基準ポイント(SBI FXトレード)(注2


この場面では、アークに頭をぶつけて跳ね返されていますね。

アークがレジスタンスとして機能した場面だといえるでしょう。

ただ、この場面、よく見てみると、

必ずしもサポートやレジスタンスとして機能していない部分もあります


この最初の部分では、フィボナッチアークがサポートになっていません。

実は、フィボナッチアークは、その形状からサポートやレジスタンスになりにくい場合があります

この場面ですと、

アークは上に切り上がっていっているので、サポートもどんどん切り上がってしまいます。

しかし、実際にこの切り上がりに沿って上昇する、というのはまれです。

たいていは抜けてしまったあと、

サポートがレジスタンスに転化して、そこではじめて機能します。

フィボナッチアークは、最初はたいてい突き抜けてしまう

そのあとにサポートやレジスタンスとして機能しやすくなる、と 覚えておきましょう

〇  最初の接触でも反発は存在する

それでは、実際のトレードに入っていきます。


23.6%のリトレースメントのラインを下に抜けて、38.2%のアークに接近している場面です

普通は、ここは下抜けの可能性大なので、スルー推奨です。

ただしこの場面では、ここでHighで入っています。

いきなりイレギュラーな入り方で申し訳ないのですが、

フィボナッチアークに最初にローソク足が接近したとき、

サポートにはなりませんが、反発がないわけではありません。

反発は発生するのですが、切り上がるアークの形状によって、いずれは下に抜けてしまう、 ということです。

さらにここではサポートになりやすい、

リトレースメントの下に抜けたところでローソクが完成しています。

なので、一時的にここで上がるだろう、と踏んだわけですね。


結果は勝ちでした

一時的な反発は確かにはたらいています。

しかし、アークが上に切り上がってしまっているので、ローソクはアークの下に抜けてしまいました。

完全なサポートになりえない、というのはこういうことですね。

〇  抜けてからの予測は精度が高い

トレードを続行します。


やはりアークはサポートにならず、ローソクはどんどん下げていきます

リトレースメント38.2%を抜けて、アークの50%にぶつかりました。

さっきHighで入って勝てた場面と同じシチュエーションですが、今回はスルーしました

というのも、リトレースメント38.2%を大きく下抜けて、

リトレースメント50%のラインのほうが近い位置まで下げてしまったからです。

こうなると、一気に50%を狙うかも?という予測が出てきます。

なので、念の為、Highでのエントリーはスルーしました。


この予測は当たりでした。

一気にリトレースメント50%まで下抜けて、そこで反発です

長い下ヒゲになっていますね。

いったんアークを下に抜けると、その形状からレジスタンスとしては機能しやすくなります。

なので、ここでLow


予想通り、アークがレジスタンスとなって下げました

この抜けてからのレジスタンスへの変化は、かなり精度が高いです。

一つ前のトレードのように無理にHighを狙わず、

一度突き抜けるのを待ってからのトレードに絞る、というのも良 い方法だと思います

〇  リトレースメントとの形状の違いが重要

このようにフィボナッチアーク自体は、サポートにもレジスタンスにもなるのですが、

その特殊なかたちから、サポートやレジスタンスとして機能しにくい、という場面があります

リトレースメントとの形状の違いを理解したうえで、両者を併用すると、

一気に勝率を高めることができるようになるでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)フィボナッチアーク(JFX)
(注2)フィボナッチを活用した取引方法(SBI FXトレード) 

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top