Menu
Home » 攻略法 » 有力とされるフィボナッチの交点!本当に信頼できるのか?

有力とされるフィボナッチの交点!本当に信頼できるのか?

更新:2021年04月16日

こんにちは、ミウラです!

フィボナッチアークの使い方でときどき目にするのが、

フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチアークの交点がサポート・レジスタンスとして機能しやすい

というものです!

フィボナッチアーク自体、そこまで広く使われていないので、

専門家が解説した記事などはネットでも見つからないのですが、

個人ブログなどではよく取り上げられているように思います。


この、リトレースメントとアークの交点を重要視する考え方は、

個人的にはそこまで信頼できるものではないと考えています。

ただ、完全な間違いでもないのが悩ましいところ。

今回は、このリトレースメントとアークの交点は実際に機能するのかについてのお話しです

目次

〇  機能するのはいったん抜けてから

一般的に、機能しやすいと言われているのは同じパーセントのリトレースメントとアークの交点です

38.2%どうし、50%どうしなどの交点の部分で反発しやすいとされています。


イメージとしては、こんな感じでローソク足が動くと予想するわけですが、

残念ながら、このようには動かない、というのがミウラの結論です


実際にはこっちのように機能することが多いです。

これまでにも何度か、

アークは抜けてからサポート・レジスタンスとして機能しやすい、

と述べてきました。

※ それぞれのラインの逆転(みんかぶFX)(注1

リトレースメントとアークの交点付近でも同じようなことがいえます

交点付近を一度突破してから、

戻ってくる動きに対してのサポートやレジスタンスとしてはかなり機能しやすいです。

〇  実践例

実際にトレードをしてみましょう。


38.2%のリトレースメントとアークの交点をいったん上に抜いて、

落ちてきたところでサポートになりやすい、というのが、ミウラの考え方です

なので、交点部分でHighで入ってみます

ハイローの1分で勝負です。


けっこうギリでしたが勝ち。

いちおうサポートにはなっているのでご容赦を。

本当は交点ではなく、陰線がはっきり出てしっかり割り込んだところで入るのがベストなのですが、

今回は交点が機能するかどうかのお話なので、交点のところで入ってみました


世間で言われているような、

交点が単純にサポート・レジスタンスになるという考え方のトレードも試してみましょう。

矢印のような動きになるはずですので、交点でLowを仕掛けます


はい、失敗です。

簡単に上に抜けてしまいました。

アークは形状からも簡単に突破されやすいのです。

リトレースメントはある程度サポートやレジスタンスになるのですが、だましが混ざるので、

アークと同様にしっかり抜けてからの反転を狙うほうが勝率は高いでしょう。

〇  交点は信頼性が高いのか?

これらのことから、

・リトレースメントとアークの交点は、単純にサポートやレジスタンスとしては機能しにくい
・ただし、いったん抜けてから、反転したサポートやレジスタンスとしては機能しやすい


ということになります。

ここまでは前回までの結論と同じなのですが、

それでは、リトレースメントやアークの交点は、

単独のリトレースメントやアークに比べて、信頼性の高いサポート・レジスタンスになるのか?という疑問が生じます。

このことについて、解説していきましょう。


そもそもフィボナッチアークの性質は、リトレースメントの時間の概念を加味して修正をかけたものでした。

よって、フィボナッチ・リトレースメントと基本性質は同じになります。

※ フィボナッチアークとは?(JFX)(注2

フィボナッチアークは時間の概念をプラスされたことで、

リトレースメントから上下にズラされたかたちになっていますが、

これはサポートやレジスタンスとして機能するラインの幅を示すものだと考えています。

フィボナッチ・リトレースメントはサポートやレジスタンスとして機能するとはいっても、

そのラインを割り込んで、そのあとようやく反転する、というのはよくある現象です。

フィボナッチアークはリトレースメントが機能する上下の幅を示しており、

リトレースメントとアークに挟まれた帯域が、サポート・レジスタンスとなるエリアだと考えられるのです。

〇  交点の部分は上下の幅がない

では、これを踏まえて、なぜリトレースメントとアークの交点が有力と考えられるか、です。


それは、サポート・レジスタンス帯の幅を見れば簡単に理解できます

このように交点から離れるに従って、サポート・レジスタンス帯は幅が広くなり、

反転するポイントにも幅が出ます。

一方で、

リトレースメントとアークの交点は、幅のない1点のみのサポート・レジスタンスとなります。

この部分では、上下のブレが少ないので、この1点のみで反発しやすい

よって、交点が有力なサポート・レジスタンスに「見えやすい」のです。

ですが、実際には、幅はあるものの、

交点でないリトレースメントやアークも同様にサポートやレジスタンスとして機能しますので、

わざわざリトレースメントとアークの交点へローソクが到達するのを待つ必要はないということになります。

〇   交点を狙う必要はない

リトレースメントとアークの交点は、抜けてからの有力なサポートやレジスタンスとして機能します

ただ、それは上下に幅がないので1点だけに見える、というだけです。

今回の画像からもわかるように、実際には交点には接触しなかったり、

突き抜けてからやっと反転する、といった動きもよくあります。

とりたててリトレースメントとアークの交点にこだわる意味はあまりないでしょう

■■■■脚注■■■■

(注1)サポートライン・レジスタンスラインとは(みんかぶFX)
(注2)フィボナッチアーク(JFX) 

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

アークやリトレースメントの中間?フィボナッチファンのみから得られる情報と!

(更新:2021年05月10日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークと組み合わせるなら、フィボナッチ・リトレースメントが定番ですが、 他のフィボナッチツールとの組み合わせも可能です! フィボナッチ系のツールは基本的な性質は同じながら、 それぞれ独自の性格も併せ持っています! その性格をうまく組み合わせることで、お互いを補い合って予測の精度が向上するのです。

[続きを読む]

 

間隔が狭いリトレースメントは不要?思い切って消してしまうのもアリ!

(更新:2021年04月27日) こんにちは、ミウラです! かなり信頼性の高いフィボナッチアークですが、 ローソク足が円の外に出てしまうと、まったく機能しなくなるのは前回に述べた通りです! 高値や安値の更新がない限り、 いつまでも機能するフィボナッチ・リトレースメントとは、ここが大きく異なるところ! よって、描き直すということが大切になります。

[続きを読む]

 

チャートが平らになったあとに通貨オプションを利用して利益をあげる

(更新:2021年04月23日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)のMT4でチャートを分析していると毎日新しい発見があって楽しいですね! 今回は、チャートを見ていてまるでハサミで切り取ったようにローソク足が押さえられている場合、 通貨オプションかもしれないと想定してトレードする方法です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ヘッジファンドの【45日ルール】の季節だが

(更新:2021年05月10日) 初心者の味方Tボーンです! 5月15日(土曜だから翌週の月曜までになりそうだ)まで、 海外のヘッジファンドの45日ルールというものの関係で荒れるそうだぞ! 6月末までにファンドを解約したい投資家は、 その45日前までにヘッジファンドに伝えるというルールなんだ。

[続きを読む]

 

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top