Menu
Home » 攻略法 » 相反するサインに困惑?そんなときはサインに主従を作っておこう!

相反するサインに困惑?そんなときはサインに主従を作っておこう!

更新:2021年05月21日

こんにちは、ミウラです!

複数のインジケーターやオブジェクトを併用する場合、

各指標のどれを優先するかを考えておかないといけません!

相反するサインが出た時にどちらを選択するかは、トレードに際して常につきまとう問題です!

前回、フィボナッチアークとフィボナッチファンの優先順位について少し触れましたが、

今回は、より具体的なケースを使って、さらに踏み込んだ判断について検討していきます。

これを見れば、アークとファンを併用してのトレードで、判断に困ることはなくなるでしょう

目次

〇  使用する指標に主従の関係を作っておく

複数の指標を組み合わせて使う以上、

相反するサインが出てしまう、どちらにもとれてしまう、というのは、宿命のようなものです。

これを解決するには、使用する指標に主、従の関係を作ってしまうのがおすすめです

トレードには主とする指標を使っていき、従の指標はセカンド・オピニオンのように使用します。

これがわかりやすく、使いやすいトレードサインの運用につながります。

※ 複数の分析法で多面的に判断する一目均衡表とDMIの組み合わせ(外為オンライン)(注1

この考え方をフィボナッチアークとフィボナッチファンにも当てはめる場合、

おすすめは、主=フィボナッチファン、従=フィボナッチアーク、という組み合わせです


といっても、常にファンを意識してアークを無視するわけでもなく、

両者が重なる部分のみ、ファンによる判断を優先する、ということです

ファンはトレンドラインの性質を持っており、

強固なサポートやレジスタンスになりやすいことは、前回でも触れました。

よって、重なった部分はファンで判断し、

重なっていない部分では、アークとファン、それぞれを使用してトレードを行います


この場面では、トレードサインとして機能しているのは、ファンのみとなっています。

ファンのところではローソク足がもみ合いを見せており、エントリーできるタイミングがありますね。

一方、アークの「抜けてからサポートやレジスタンスに転換する」という性質を利用できる部分は見当たりません

どのアークも素直に抜けてしまい、戻っていないからです。

なので、この画像の場面では、ファンを使用してトレードすることになるでしょう。


トレードの方法ですが、フィボナッチファンが強いサポートになることを利用します。

一時的にせよ、そこで反発、もみ合う可能性が高いので、Highでのエントリーを意識。

最初のファンへの接触で、サポートになるのを確認したら、

次のファンへの接触地点でHighでエントリーします

まず、サポートになることを確認するのは、そのまま抜けてしまうケースを回避するためで す。

1つ目のエントリーポイントの直前、

38.2%のファンはサポートにならず、ストレートで下抜けしています。

こういうパターンを回避するために、必ず、最初にサポートになることを確認します。

そして、一度、サポートになれば、次も同じ展開になることがおおいに期待できます。

※ 投資家の心理や世界の動きなどを織り込むチャート(セントラル短資FX)(注2

ただし、入るのは、最初の接触でサポートを確認したあとすぐ、です。

画像の2つ目のエントリーポイントを見てもわかりますが、

もみ合いが続かないとすぐに抜けてしまう可能性があります。

よってサポート確認からすぐに動く必要性があるのです。

〇  実践例

では、具体的な実践例で判断の流れを確認していきましょう。


最安値をつけたチャートが反転上昇を開始しました

もうすぐ、フィボナッチアーク23.6%とフィボナッチファン38.2%に接触しそうです。

このとき、優先すべきはファンのほうです。

ファンはレジスタンスになりやすいので、画像のように跳ね返されるイメージを想定します。

ただし、最初の接触は確認のためエントリーしません。

レジスタンスになることを確認してから、エントリーしていきます


しかし、ここで予想外の出来事が。

ローソク足がファンを上に抜いてしまいました。

ですが、これはよくあること。

フィボナッチ・リトレースメントを思い出して欲しいのですが、

ラインを抜いたことで達成感が出て反対の動きになる

ということはよくありました。

リトレースメントの特性を持つファンも同じような現象がよく起きます。

ここでは、少しファンを抜いてから、戻ってきてもみ合う流れをイメージし直します。


予想通り、ファンを抜いてからローソク足は下がってきました。

ここでもし、フィボナッチアークを優先するなら、アークがサポートになって上、 となるのですが、

ファンも同じ場所に重なっており、ファンが優先されます

よって、アークがサポートになって上、という展開にはなりにくいです。

ここでHighで入ると負けるのでやめましょう


やはり、ファンともみ合う展開となりました。

ここでは下に落ちていくファンともみ合う展開なので、Lowのほうが勝ちやすいで す

そこで、ファンの上にしっかりと陽線で出たところでLowで入ります。

ファンに頭をぶつけたところでLowでも勝てなくはないですが、

このケースのように上抜けしたときは負けになります。

その手前でローソク足がしっかりファンを上に抜けている現象が起きていますので、

ファンの上に出てから、Lowで入るのが安全でしょう。


ファンを上に抜けてからの下げをLowでしっかりと捕まえて勝ち

このままもみ合い続けるのであれば、この繰り返しで簡単に勝ちを重ねられます。

〇  どの指標の組み合わせでも主従を作っておくことは重要

複数の指標を併用することは、予測の精度向上には欠かせません

一方で、相反するサインが出た時、判断に迷いが生じて失敗する原因にもなります。

今回はフィボナッチアークとフィボナッチファンの主従を取り上げましたが、

これはどの指標の組み合わせにも言えることです

トレードに入る前に、使用する指標のどれを優先するのか、事前に考えておくと、

素早い判断ができ、チャンスを逃さずに捕まえることができるでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)初心者でもわかる!実戦チャート術 第8回 200日移動へ金銭+MACD&一目均衡 表+DMI (外為オンライン) 
(注2)テクニカル分析とファンダメンタル分析(セントラル短資FX) 

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

課題はタイムゾーンの精度悪化?アークとタイムゾーン併用の実践例!

(更新:2021年06月23日) こんにちは、ミウラです! 前回、フィボナッチアークとフィボナッチタイムゾーンの組み合わせについて紹介しました! レートと時間、2つの異なる視点からチャートを分析し、 予想の精度を引き上げてくれる組み合わせです! ※ フィボナッチタイムゾーン(アイネット証券)(注1) 前回は理論の説明のみだったので、 今回は実践例をあげて運用方法を説明していきます。

[続きを読む]

 

鯨幕(くじらまく)が出たときの戦略3つ

(更新:2021年06月16日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! FXでは、為替の値動きが地味でつまらないという相場が続いています! 特に鯨幕相場というのを聞くようになりました! XM(XMTrading)のMT4でチャート分析をしていてもしょっちゅう見かけます! 日足が多いです。

[続きを読む]

 

フィボナッチアークとフィボナッチタイムゾーン!本当にうまく作用するのか?

(更新:2021年06月09日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークは、フィボナッチ・リトレースメントをベースに、 時間の概念を加味したオブジェクトです! ※ フィボナッチアークとは?(JFX)(注1) ここで思い出して欲しいのですが、以前に紹介したなかでもうひとつ、 時間の概念を組み入れたフィボナッチツールがあったはずです! それは、フィボナッチタイムゾーンですね。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

価格帯を通知設定して無駄なくトレードしたいよな!

(更新:2021年06月07日) 初心者の味方Tボーンです! といっても初心者の頃みたいな失敗もよくするんだ! 「この価格になったらハイローオーストラリアをしよう」 と狙っていたのに見逃してしまうよな! 無料のFXアプリやトレーディングビューで通知設定をするといいぞ。

[続きを読む]

 

ヘッジファンドの【45日ルール】の季節だが

(更新:2021年05月10日) 初心者の味方Tボーンです! 5月15日(土曜だから翌週の月曜までになりそうだ)まで、 海外のヘッジファンドの45日ルールというものの関係で荒れるそうだぞ! 6月末までにファンドを解約したい投資家は、 その45日前までにヘッジファンドに伝えるというルールなんだ。

[続きを読む]

 

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top