Home » ブログ » 反省と見直しでハイローオーストラリアに強くなろう

反省と見直しでハイローオーストラリアに強くなろう

更新:2018年05月22日

Tボーンです!

仕事柄、夜勤が多いんだが、東京市場を見られるのが良いと思っている!

今朝、イギリスのEU離脱問題でニュースが出てポンドが少し買われたんだ!

ポンド/円(GBPJPY)の日足チャートをMT5で見るぞ!

4日連続で、平均足が陽線になっている!

強いんだな・・・

ハイローオーストラリアにもログインだ。


※EU離脱問題(ロイター)(注1



しかし、ポンド/ドル(GBPUSD)の日足チャートを見ると、そんなに上がっていない。

最近ドルが強いからだ。

今朝のポンドのニュースは

「英国はEUの関税同盟にとどまるかもしれない」

という、経済的に良さそうなものだった。

ただし、フェイクニュースかもしれないから、聞いておくだけにしよう。


※関税同盟とは(注2



ともかく、チャートが上昇したのだけは事実だ。

「上」も「下」も、どっちを買うにしても頭の隅に入れておこう。

MT5は、ポンド/ドルの1分足に変えたぞ。

オシレーターを見ると、買われすぎから下がっていくようにも見える。


※オシレーターとは(注3
※CCI(注4
※ストキャスティクス(注5



次に、新しい平均足が描かれ始めた。

これは陰線だ。

オシレーターの買われすぎの条件も揃ったので「下」を買ってみる。

「GBPJPY」
「Turboスプレッド」
「3分」


だ。

このとき、重大な見落としをしていたが、気づいていなかったんだ!


※平均足とは(注6



3分後、負けてしまった。

トレードの後に「エントリーした理由」「結果とその理由」を書き残すようにしているんだが、

この負けの原因を探ってみよう。

重大な見落としとは、ボリンジャーバンドの幅だったんだ!

ボリンジャーバンドの幅がだんだんと狭くなっていたのを見落としていた。

これは値動きが小さいという意味だ。

3分のバイナリーオプションでは不利だよな!


※ボリンジャーバンドとは(注7



次のチャンスは、ボリンジャーバンドの幅が開き始める場面だ。

エクスパンションとかいわれている動きだ。

開き始めた方向についていこう。「順張り」ってやつだな。

さっきのトレードから1時間以上経って

やっとボリンジャーバンドが上に広がり始めた。


広がった時にわかりやすいようにチャートは縮小しているぞ。


※エクスパンションとは(注8



1回目と同じように「3分」「Turboスプレッド」「上」だったが、

これは勢いよく上昇してくれて、勝てた。

ちなみに、相場が強すぎるときはオシレーターは上のほうにずっとあるぞ!

反省が役に立ったぞ!

■■■■脚注■■■■

(注1)英国のEU離脱問題(ロイター)
(注2)関税同盟(コトバンク)
(注3)オシレーター(おしれーたー)(野村證券)
(注4)CCI (Commodity Channel Index)商品チャンネル指数(マネーパートナーズ)
(注5)ストキャスティクス (Stochastics)(マネーパートナーズ)
(注6)平均足(カブドットコム証券)
(注7)ボリンジャー・バンド(Bollinger Band)(マネーパートナーズ)
(注8)ボリンジャーバンドの極意、後編(AVA TRADE)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top