Home » ブログ » 反省と見直しでハイローオーストラリアに強くなろう

反省と見直しでハイローオーストラリアに強くなろう

更新:2018年05月22日

Tボーンです!

仕事柄、夜勤が多いんだが、東京市場を見られるのが良いと思っている!

今朝、イギリスのEU離脱問題でニュースが出てポンドが少し買われたんだ!

ポンド/円(GBPJPY)の日足チャートをMT5で見るぞ!

4日連続で、平均足が陽線になっている!

強いんだな・・・

ハイローオーストラリアにもログインだ。


※EU離脱問題(ロイター)(注1



しかし、ポンド/ドル(GBPUSD)の日足チャートを見ると、そんなに上がっていない。

最近ドルが強いからだ。

今朝のポンドのニュースは

「英国はEUの関税同盟にとどまるかもしれない」

という、経済的に良さそうなものだった。

ただし、フェイクニュースかもしれないから、聞いておくだけにしよう。


※関税同盟とは(注2



ともかく、チャートが上昇したのだけは事実だ。

「上」も「下」も、どっちを買うにしても頭の隅に入れておこう。

MT5は、ポンド/ドルの1分足に変えたぞ。

オシレーターを見ると、買われすぎから下がっていくようにも見える。


※オシレーターとは(注3
※CCI(注4
※ストキャスティクス(注5



次に、新しい平均足が描かれ始めた。

これは陰線だ。

オシレーターの買われすぎの条件も揃ったので「下」を買ってみる。

「GBPJPY」
「Turboスプレッド」
「3分」


だ。

このとき、重大な見落としをしていたが、気づいていなかったんだ!


※平均足とは(注6



3分後、負けてしまった。

トレードの後に「エントリーした理由」「結果とその理由」を書き残すようにしているんだが、

この負けの原因を探ってみよう。

重大な見落としとは、ボリンジャーバンドの幅だったんだ!

ボリンジャーバンドの幅がだんだんと狭くなっていたのを見落としていた。

これは値動きが小さいという意味だ。

3分のバイナリーオプションでは不利だよな!


※ボリンジャーバンドとは(注7



次のチャンスは、ボリンジャーバンドの幅が開き始める場面だ。

エクスパンションとかいわれている動きだ。

開き始めた方向についていこう。「順張り」ってやつだな。

さっきのトレードから1時間以上経って

やっとボリンジャーバンドが上に広がり始めた。


広がった時にわかりやすいようにチャートは縮小しているぞ。


※エクスパンションとは(注8



1回目と同じように「3分」「Turboスプレッド」「上」だったが、

これは勢いよく上昇してくれて、勝てた。

ちなみに、相場が強すぎるときはオシレーターは上のほうにずっとあるぞ!

反省が役に立ったぞ!

■■■■脚注■■■■

(注1)英国のEU離脱問題(ロイター)
(注2)関税同盟(コトバンク)
(注3)オシレーター(おしれーたー)(野村證券)
(注4)CCI (Commodity Channel Index)商品チャンネル指数(マネーパートナーズ)
(注5)ストキャスティクス (Stochastics)(マネーパートナーズ)
(注6)平均足(カブドットコム証券)
(注7)ボリンジャー・バンド(Bollinger Band)(マネーパートナーズ)
(注8)ボリンジャーバンドの極意、後編(AVA TRADE)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

めったにしないマーチンをやってみる!判断の決め手は?

(更新:2018年08月16日) Tボーンです! 夏は、為替も株も動かないんだ! だが中国ともめていたはずのアメリカが、今度はトルコに文句をつけ始めた! それで、騒ぎのあった日と翌週の月曜には、ユーロドルや世界中の株価が落ちた! ポンド/円(GBPJPY)のチャートをMT5で見ると、 騒ぎの前からぐんぐん下がっているな。

[続きを読む]

 

今回は3分じゃなくて1分のハイローだ!理由は簡単!

(更新:2018年08月10日) Tボーンです! 先週は盆踊りと花火見物とバーべーキューをしたぞ! 毎年恒例だ! ポンドもご機嫌だろうか?! MT5で日足を見て、ハイローオーストラリアにもログインだ! 日足は同じところを行ったり来たりじゃないか。

[続きを読む]

 

値動きのなさが味方になってくれるときとは?今日もポンドだぞ!

(更新:2018年07月29日) Tボーンです! 暑いから塩分と水分を忘れずに取ろうな! Tボーンも外で働くことがあるから、ユニクロの下着を着たりして気を付けているぞ! 今日は、MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を見ているんだ! ハイローオーストラリアにもログインしたぞ! メイ首相はピンチといわれても、意外と続けているから偉いと思うんだがどうだろう! 日足は下がっているんだが。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

「RSI」があてにならないなんて嘘です!これだけ使えるから見直してあげて!

(更新:2018年08月17日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「RSI」が一時、すごく嫌われたことがありました・・・ それは「ダイバージェンス」のせいです! 今回は、そんな「RSI」の汚名返上ということで「ダイバージェンス」の意味と使い方です。

[続きを読む]

 

「RSI」とは小学生でもわかるくらいな基本中の基本なオシレーターだった!

(更新:2018年08月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアのトレードでは、 「RSI」のようなオシレーターは活躍してくれますね! 基本、買われすぎや売られすぎを教えてくれるものですから、 ライントレード(ラインへの跳ね返りやライン超えを使うトレード)にはピッタリです! 今回は意外とみんな知りたがっている、 「RSI」の計算方法と、使い方を簡単にお教えします。

[続きを読む]

 

負けパターンはたったひとつ!それさえ避ければ勝率100%!?

(更新:2018年08月13日) こんにちは、ミウラです! 前回、3戦から5戦までに限定してトレードを行う方法を紹介しました! マーチンゲールの粘り強さと 逆マーチンの利益率の高さをうまく組み合わせた方法なのですが、 トレードする回数が3回から5回ときっちり決まっているので、 他のトレード法とはちょっと違った分析をすることができます! その分析とは、勝ちパターンではなく、負けパターンの分析。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top