Home » ブログ » クロス円とはいえ、140円という節目は気になるぞ!

クロス円とはいえ、140円という節目は気になるぞ!

更新:2018年09月25日

Tボーンです!

ハイローオーストラリアでは、いつもポンド/円(GBPJPY)をトレードしているぞ!

今日はポンドの歴史ってどうなんだろうと思い、

MT5で2000年から今までの約18年間の動きを見てみた!

140円を挟んで上がったり下がったりなんじゃないだろうか!

キリの良い数字だ。



ここで少し、ドル/円(USDJPY)のチャートを見たくなった。

同じように、月足を縮小して2000年からのチャートを見ると、

100円を中心に上下しているようで、

この通貨ペアもキリの良い数字が重要なんだな。



そういえば、ポンド/円の価格は、クロス円といって、

ドル/円の価格を元に計算して出しているんだ。

だから「日本人以外にはポンド/円を直接、トレードしない」といわれることがあるぞ。

それでも、なぜかポンド/円でキリの良い数字、

140円は意識されているように見える。


理由はわからないが、無視はできないな。

今のレートはだいぶ上がっていて、146円台だ。


※ポンド換算(注1



そろそろハイローオーストラリアの準備をしよう。

MT5では、ポンド/円の1時間足から見ていく。

全体の雰囲気を掴むんだ。

今は欧州時間にもなっていなくて、あまり動きがないな。


※欧州株式市場の特徴(注2



平均足を1分足にしてハイローオーストラリアもちゃんとポンド/円にしておこう。

得意な16時ではないが、ボリンジャーバンドがずっと狭かったので、

そろそろ広がり始めるかもしれないと、チャンスを待った。

上に広がり始めたようだ。

「3分」「Turboスプレッド」「上」にしたぞ。


※平均足とは(注3
※ボリンジャーバンドとは(注4



ボリンジャーバンドをしっかり観察した結果、

広がりはじめの強い上昇をとらえることができた。

ヒゲが出来ていて、乱れるといけないので

長めの「3分」のバイナリーオプションにしたんだ。

結果として、平均足の陽線が7本続いたな!

余裕で「上」をトレードできた。


※ヒゲとは(注5



ボリンジャーバンドの広がりっていうのは、「エキスパンション」とかいうよな。

こういうときは、一気にトレンドができるからオシレータ系の使い方が難しい。

ひとつの考え方として、上のラインを下から突き破るような動きがあれば、

上昇パワーが強い
といえるんだ。

普段と違う見かたになるから、慣れるまで大変だけどな!

■■■■脚注■■■■

(注1)Yahoo!ファイナンス
(注2)欧州株式(ヨーロッパ)(岡三証券)
(注3)平均足(カブドットコム証券)
(注4)ボリンジャーバンド(カブドットコム証券)
(注5)ヒゲ(ひげ)(東海東京証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top