Home » ブログ » クロス円とはいえ、140円という節目は気になるぞ!

クロス円とはいえ、140円という節目は気になるぞ!

更新:2018年09月25日

Tボーンです!

ハイローオーストラリアでは、いつもポンド/円(GBPJPY)をトレードしているぞ!

今日はポンドの歴史ってどうなんだろうと思い、

MT5で2000年から今までの約18年間の動きを見てみた!

140円を挟んで上がったり下がったりなんじゃないだろうか!

キリの良い数字だ。



ここで少し、ドル/円(USDJPY)のチャートを見たくなった。

同じように、月足を縮小して2000年からのチャートを見ると、

100円を中心に上下しているようで、

この通貨ペアもキリの良い数字が重要なんだな。



そういえば、ポンド/円の価格は、クロス円といって、

ドル/円の価格を元に計算して出しているんだ。

だから「日本人以外にはポンド/円を直接、トレードしない」といわれることがあるぞ。

それでも、なぜかポンド/円でキリの良い数字、

140円は意識されているように見える。


理由はわからないが、無視はできないな。

今のレートはだいぶ上がっていて、146円台だ。


※ポンド換算(注1



そろそろハイローオーストラリアの準備をしよう。

MT5では、ポンド/円の1時間足から見ていく。

全体の雰囲気を掴むんだ。

今は欧州時間にもなっていなくて、あまり動きがないな。


※欧州株式市場の特徴(注2



平均足を1分足にしてハイローオーストラリアもちゃんとポンド/円にしておこう。

得意な16時ではないが、ボリンジャーバンドがずっと狭かったので、

そろそろ広がり始めるかもしれないと、チャンスを待った。

上に広がり始めたようだ。

「3分」「Turboスプレッド」「上」にしたぞ。


※平均足とは(注3
※ボリンジャーバンドとは(注4



ボリンジャーバンドをしっかり観察した結果、

広がりはじめの強い上昇をとらえることができた。

ヒゲが出来ていて、乱れるといけないので

長めの「3分」のバイナリーオプションにしたんだ。

結果として、平均足の陽線が7本続いたな!

余裕で「上」をトレードできた。


※ヒゲとは(注5



ボリンジャーバンドの広がりっていうのは、「エキスパンション」とかいうよな。

こういうときは、一気にトレンドができるからオシレータ系の使い方が難しい。

ひとつの考え方として、上のラインを下から突き破るような動きがあれば、

上昇パワーが強い
といえるんだ。

普段と違う見かたになるから、慣れるまで大変だけどな!

■■■■脚注■■■■

(注1)Yahoo!ファイナンス
(注2)欧州株式(ヨーロッパ)(岡三証券)
(注3)平均足(カブドットコム証券)
(注4)ボリンジャーバンド(カブドットコム証券)
(注5)ヒゲ(ひげ)(東海東京証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top