Home » ブログ » ダイバージェンスのラインを引くのが面倒だ!RVIを使おう

ダイバージェンスのラインを引くのが面倒だ!RVIを使おう

更新:2019年01月16日

Tボーンです!

熱帯魚を買いに行ったら年末で休みだったんだ!

今日は平日だがTボーンも休みなので、新しいMT5のテクニカルを使おうと触っていた!

結局、RVIというのにしてみたぞ!

このドル/円(USDJPY)チャートの一番下だ。

Tボーンは前から、オシレータにダイバージェンスのラインを引くのが面倒だったんだ。

ストキャスティクスとチャートの上下にトレンドラインみたいなのを引いて分析するのが、

ダイバージェンスってやつだよな!

このライン引きが嫌だからRVIを使うんだ。

※RVIとは (注1

RVIは、ストキャスティクスと同じような計算をするから同時に使っても違和感がない。

それに、RVIだけ期間を長めにすれば、長期のチャートに切り替える手間もはぶけるぞ

どうしてダイバージェンスに使えるのかというと、波の緩やかさのおかげで角度がわかりやすいんだな。

直線ではないが、近い曲線になっているだろう。

つまり、この直線に近いRVIをダイバージェンスのラインのかわりにしようということなんだ!

せっかくだからRVIでダイバージェンスが出たときにハイローオーストラリアをしたいな!

しかしそううまく出ない。

これは、ストキャスティクスが20から上に向かっているのに、RVIは下向きになっているところだ。

ダイバージェンスではないが、上を安易に買わずに待てということだな!

やはり数分後、ストキャスティクスまでさがってしまった

そう簡単に上がりそうもないことは、ボリンジャーバンドの下に平均足があることでもわかる。

チャートとのダイバージェンスではなく、オシレータ同士のダイバージェンスか。

これもアリだな!

※平均足とは (注2

その後、まだまだチャートは下がっていたが、RVIの波がすこしずつ上に向かっているのが気になった。

そして平均足がボリンジャーバンドのミドルライン(中心のライン)を超えて上にいくときを待った

もしそうなれば、強い上昇だからバイナリーオプションも勝ちやすいからだ。

結果は、RVIのおかげで短期のトレンドが変わる瞬間をとらえることができて勝てたぞ

これは面白いな!

■■■■脚注■■■■

(注1)Relative Vigor Index(相対活力指数)(MetaTrader 5)

(注2)平均足(カブドットコム証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top