Menu
Home » ブログ » トンボは夏も飛んでいる!チャートにもいるぞ

トンボは夏も飛んでいる!チャートにもいるぞ

更新:2020年08月21日

初心者の味方Tボーンです!

それにしても米雇用統計のときのドル/円(USDJPY)はいつも行ってこいだな!

今回も上がったがすぐ下がった!

あとで見れば結局上がるのにな。

ネットで検索すると派手に出てくるが、

雇用統計の値動きははじめてだとわかりにくいかもしれない。

無理にハイローオーストラリアすることはないぞ。

※雇用統計とは(注1


それから8月や12月は、金融業者が長期休暇だ。

今年はコロナの影響で少し変わるのかもしれないが、

8月には注文が減るから予想もしない荒い値動きをすることが増える。

覚えたばかりのテクニカル分析でエントリーしたのに逆に動かれたら、

落ち込むからな。

しかし経済指標の発表はある。

8月11日の午前中にニュージーランドでひとつあったんだ。

※経済指標カレンダー(注2


ニュージーランドドル/円(NZDJPY)日足チャートでは、

70円の近くを行き来している。

今は移動平均線の少し下だ。

しかし今日は上昇が強いようだ。

経済指標は10時半に発表された「NAB企業景況感指数」だ。

景気がいいかどうかアンケートして調べる会社が発表しているぞ。

結果は0だったんだが、マイナス7だった6月よりはいいというので少しチャートが上昇した。


経済指標の後の値動きはこれでひと区切りだろう。

1分足でハイローオーストラリアしよう。

と思ったとたん、まだ強く上昇するんだな。

長い陽線が出た。


さっきの陽線は長すぎたらしく次で調整だった。

少し下がったぞ。

しかしまた、次のローソク足はトンボになったんだ。

下ヒゲが長いから強く買われて上がっている形だな!

市場参加者が買いたいという気持ちを持っている。

※トンボ(注3


トンボの後、HIGHのチャンスを待って3回買った。

・NZDJPY チャートは5分足

・Turboスプレッド

・1分

・HIGH


こういうのは最初の1回目のタイミングがずれるとそのまま負け続けることがよくある。

今回がそれだったが、トンボが上昇継続のサインだというのは合っていたようだな。


------------------------------------------
※この前の三法(さんぽう)はけっこう良かったぞ。

「【三法】も使えそうだ!ハイローしてみよう」

まだの人は読んでみてくれな!
------------------------------------------


■■■■脚注■■■■

(注1)経済指標 用語解説1(外為ドットコム)
(注2)経済指標カレンダー(外為ドットコム)
(注3)金融・証券用語解説 [トンボ](大和証券)

HighLow.com

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

パソコンやMT5の調子がおかしくなったらブラウザだ

(更新:2021年01月14日) 初心者の味方Tボーンです! 最近は初心に帰って平均足でチャート分析をしているんだ! パソコンの調子が悪くてMT5が入っていないパソコンで見ている! こういうときはGoogleクロームやファイヤーフォックスのような ブラウザで見られるチャートを探そう。

[続きを読む]

 

平均足の特徴を知って教訓を生かすぞ!

(更新:2020年12月22日) 初心者の味方Tボーンです! 最近使っている平均足には面白い特徴があるんだ! 最新の平均足のスタートは、その前の平均足の真ん中である!とかな! だからローソク足のように窓開けや窓埋めのテクニックは使えない。

[続きを読む]

 

今回は1か月~1分とだんだんチャートを細かくしていこう

(更新:2020年12月07日) 初心者の味方Tボーンです! 米国の大統領がほぼバイデン氏に決まりそうだ! ほとんどの政策がトランプ政権と正反対ということで、 期待と不安がごっちゃになった相場って感じだな! いつもハイローオーストラリアでトレードしているのはポンド/円(GBPJPY)だが、 そのイギリスは感謝祭後にEUとの対話を再開だそうだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

具体的にはどこを見る?3つのエントリー法の使い分け!

(更新:2021年01月15日) こんにちは、ミウラです! 前回、エントリーすべき3つのタイミングについてお話しましたが、 あまり具体的なエントリー判断には踏み込みませんでした! トレンド相場ではこれ、レンジではこれ、というように分類してはいますが、 実際の相場はその区別があいまいなことのほうが多いです! よって、その日のトレンドや直前の動き、 ローソク足の形状、サポートやレジスタンスの存在など、 総合的に見て、エントリー方法を使い分けていく必要があります。

[続きを読む]

 

【時間論】のテクニカル分析3つの使い方

(更新:2021年01月12日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! チャートに縦のラインを引くインディケータがありますね! フィボナッチ・タイムゾーンなどがそうです! また、一目均衡表とエリオット波動も【時間】に注目しているので 縦ラインを引くと時間を区切ることができます! これで「〇〇の時期に相場が反転する」とわかるなら最高ですが、 どういうものか知っていないとわからないですよね。

[続きを読む]

 

あらゆる状況に対応できる?3つのエントリー方法とは!

(更新:2021年01月08日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチタイムゾーンを利用したトレード法を説明してきましたが、 主に解説したのはHighとLowのどちらかに入るか、というトレンド判断についてでした! このトレンド判断がフィボナッチタイムゾーンの重要部分ではあるのですが、 それだけでは勝つことはできません! トレンド判断のほかに、どのタイミングでエントリーするかも重要です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.com

公式サイト 口座開設

Top