Menu
Home » ブログ » トンボは夏も飛んでいる!チャートにもいるぞ

トンボは夏も飛んでいる!チャートにもいるぞ

更新:2020年08月21日

初心者の味方Tボーンです!

それにしても米雇用統計のときのドル/円(USDJPY)はいつも行ってこいだな!

今回も上がったがすぐ下がった!

あとで見れば結局上がるのにな。

ネットで検索すると派手に出てくるが、

雇用統計の値動きははじめてだとわかりにくいかもしれない。

無理にハイローオーストラリアすることはないぞ。

※雇用統計とは(注1


それから8月や12月は、金融業者が長期休暇だ。

今年はコロナの影響で少し変わるのかもしれないが、

8月には注文が減るから予想もしない荒い値動きをすることが増える。

覚えたばかりのテクニカル分析でエントリーしたのに逆に動かれたら、

落ち込むからな。

しかし経済指標の発表はある。

8月11日の午前中にニュージーランドでひとつあったんだ。

※経済指標カレンダー(注2


ニュージーランドドル/円(NZDJPY)日足チャートでは、

70円の近くを行き来している。

今は移動平均線の少し下だ。

しかし今日は上昇が強いようだ。

経済指標は10時半に発表された「NAB企業景況感指数」だ。

景気がいいかどうかアンケートして調べる会社が発表しているぞ。

結果は0だったんだが、マイナス7だった6月よりはいいというので少しチャートが上昇した。


経済指標の後の値動きはこれでひと区切りだろう。

1分足でハイローオーストラリアしよう。

と思ったとたん、まだ強く上昇するんだな。

長い陽線が出た。


さっきの陽線は長すぎたらしく次で調整だった。

少し下がったぞ。

しかしまた、次のローソク足はトンボになったんだ。

下ヒゲが長いから強く買われて上がっている形だな!

市場参加者が買いたいという気持ちを持っている。

※トンボ(注3


トンボの後、HIGHのチャンスを待って3回買った。

・NZDJPY チャートは5分足

・Turboスプレッド

・1分

・HIGH


こういうのは最初の1回目のタイミングがずれるとそのまま負け続けることがよくある。

今回がそれだったが、トンボが上昇継続のサインだというのは合っていたようだな。


------------------------------------------
※この前の三法(さんぽう)はけっこう良かったぞ。

「【三法】も使えそうだ!ハイローしてみよう」

まだの人は読んでみてくれな!
------------------------------------------


■■■■脚注■■■■

(注1)経済指標 用語解説1(外為ドットコム)
(注2)経済指標カレンダー(外為ドットコム)
(注3)金融・証券用語解説 [トンボ](大和証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

フィンセン文書がすっとんだ週末だが為替は平常運転だったな

(更新:2020年10月13日) 初心者の味方Tボーンです! 今、懐かしい平均足を使っているんだ! Tボーンのハイローオーストラリアは、 【トレンドをみてから水平ラインでトレードする】 という基本しかやっていないから、インディケータを変えても使い方は簡単だ。

[続きを読む]

 

ひさしぶりに使った平均足は楽しかった!

(更新:2020年09月29日) 初心者の味方Tボーンです! Tボーンがハイローオーストラリアをはじめたころ、 平均足というインディケータを使っていたんだ! ローソク足でトレードがうまくいかないと悩んでいるなら一度使ってみよう。

[続きを読む]

 

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

(更新:2020年10月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります! 今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、 見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です! チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

[続きを読む]

 

急落・急上昇はビッグチャンス!超短期トレードでバイナリーの醍醐味を味わう!

(更新:2020年10月16日) こんにちは、ミウラです! これまでに紹介したフィボナッチ・ファンを使ったトレード以外にも、 さらに短いスパンで勝負する超短期トレードというものが存在します! 精度に少し難があること! そして、トレードの回転が早いので、すばやい状況判断が求められることなどから、 難度は高めです。

[続きを読む]

 

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

(更新:2020年10月15日) こんにちは! いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね! でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、 米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利と実質金利のお話をします。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top