Home » 攻略法 » 海外FX業者とも仲良くしたいですね!悪質なトレーダーにならないで

海外FX業者とも仲良くしたいですね!悪質なトレーダーにならないで

更新:2018年03月17日

元保険会社OLでフィナンシャルプランナーのchieです!

海外FXを利用するなら業者さんとは仲良くいい関係でいたいものです!

今回は悪質なトレード行為について書いてみます!

自分は約束を破っておいて

「出金してくれない!」と海外FXを悪く言うのはナンセンスですよね。(´・ω・`)




目次

〇 WinWinがいいね!国内も含めFXトレードで禁止されている、やってはいけない行為!



国内も海外も、FXトレーダーの悪質な人がしそうなことはだいたい同じです。

(1)他業者間の両建て(アービトラージ)
(2)ボーナスを不正に何度も受け取る
(3)同じ人が複数の口座を開設する
(4)不要なゼロカットを繰り返す
(5)不正な動きのEAを利用する


こういったことは国を問わず、業者は禁止しているはずです。

XMでは、ホームページや公式ブログの下のほうに「契約条件」へのリンクがあります。

残念ながら英語ですが、

主な内容は口座登録したときのメールに日本語で書いてあります。

chieは、よほど悪いことをしない限りは、

突然の出金拒否などはないということは、経験でわかっています。

次から、禁止行為について順に説明しますね。

XM公式ブログ注1

契約条件注2

〇 (1)アービトラージとは



アービトラージそのものは、れっきとした商行為です。

安く買って高く売るということですから。

金融の世界では、

先物と現物の価値の差を生かしたアービトラージは普通に行われていますし、

不正でもなんでもありません。

ただし、FX業者間での価格差を利用したアービトラージは、

どのFX業者でも禁止しています。


複数のFX業者の口座を開設して、それぞれのポジションを持つのはかまいませんが、

アービトラージ目的とはっきりわかる行為が見つかれば口座凍結になったりします。

これは、最終的に注文をさばくカバー先の銀行が嫌うのが主な理由です。

XMは市場に直接注文を流すNDDですが、

それでも取引先はあるわけで、やはり禁止されています。

ポジションを保持するためにはそれなりの維持費がかかっていますし、

それが2倍以上になってしまうのですから嫌がられるのも無理はありません。

アービトラージ(裁定取引、サヤ取り)とは注3



〇 (2)ボーナスを不正に何度も受け取る(3)同じ人が複数の口座を開設する



これはわかりやすいと思います。

海外FXでは、よく「口座開設ボーナス〇〇円」といったキャンペーンをしています。

XMでは3,000円をプレゼントしてくれますね。

これはトレードに使っても良いボーナスです。

口座開設をした後、入金時にもボーナスをくれます。

しかし、もし一人で複数の口座を作れば、ボーナスが何倍ももらえてしまいます。

この行為は禁止されているのはいうまでもありません。


間違いやすいのは、XMで提供している「追加口座」です。

たとえばMT4口座とMT5口座は別口座で、

これは同じ人がどちらも持つことができます。


口座間の資金移動もできます。

これは、日本の証券会社で「株式取引口座」と「NISA口座」を同じ人が持つようなもので、

作って良い口座です。

NISAとは注4

〇 (4)不要なゼロカットを繰り返す



海外FX業者の良いのはゼロカットシステムがあるところですね。

普通、レバレッジをかけた取引でポジションがマイナスになると

「追証」を払う必要があります。

しかし、海外FXでは追証ではなくゼロカットシステムなので、

自己資金が無くなったらそこで終わりです。

しかし、

追証がないからと巨大なポジションを取ってロスカット設定もせずに放っておいて

「当たれば儲かる」と考える人が居ます。


これを繰り返すと業者のサーバー、MT4のサーバーにも負担をかけます。

なによりも、レバレッジをかけているというのは、

業者がトレード用の資金を貸してくれているわけですから、

それを無駄使いするということになります。

追証とは注5



〇 (5)不正な動きのEAを利用する



EAとは自動売買のシステムのことですね('ω')ノ

もちろん、普通に「〇ドルになったら買い」などの自動売買はいくら使っても良いのですが、

ネット上では「絶対勝てる」みたいな不正なEAを売っていることがあります。

最近では、メルカリやココナラといったサイトでも見かけます。

よく思いつくもんだと感心さえしますが(;´Д`)

こういうEAは自動でアービトラージを行うなどの不正な動きをします。

もちろん使えば口座凍結などの目に合います。

自動売買とは注6

〇 業者と仲良くして口座凍結されないために



業者と仲良くできない行為をあげてみました。

これをやっていながら

「口座凍結になったからあの業者は悪い業者」などと触れまわっても

誰も得をしません。

しかし、知らずに「必勝EA」などを買って使ってしまう可能性はあります。

ですからもし「うまい話」だと感じたら、この記事を思い出してくださいね。

誠実なトレードをして、業者さんとWinWinの関係を保ちたいものです。

ところで、この記事を書くために自分のマイページにログインしたところ、

XMでボーナスをくれました。

30ドルですが、トレードに使えるそうです。

なんだか得した気分!

ではまた!



■■■■脚注■■■■

(注1)XM公式ブログ(XM)
(注2)契約条件(XM)
(注3)裁定取引/アービトラージ (さいていとりひき/アービトラージ)(SMBC日興証券)
(注4)NISAとは?(金融庁)
(注5)追証(=追加証拠金)とは?(楽天証券)
(注6)EA自動売買の初心者入門(FXTF)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top