Home » 攻略法

【攻略法はありません】でもハイローオーストラリアで勝てるの?

アリゲーターの作者ビル・ウィリアムズ特集【ビル・ウィリアムズとは】

(更新:2020年03月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! このところアリゲーターというインディケータのお話をしています! これを作ったビル・ウィリアムズについて今回は特集します。

[続きを読む]

 

ドル/円の大きな上昇説とその結果

(更新:2020年03月25日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 自分の母国である日本が世界中で嫌われるなんていやですね! 2019年に発見されたと思われる新型肺炎の感染拡大はすでに世界中に広がっています! 2020年2月、ドル/円(USDJPY)が急上昇しました! 上がったら売るという逆張り派が損失を次々と出したのが2月19日の上昇でした。

[続きを読む]

 

判断ミス防止で勝率アップ!動かないエンベロープとは?

(更新:2020年03月25日) こんにちは、ミウラです! エンベロープをサポートやレジスタンスに見立ててトレードする時、 やりにくさを感じるのが、レートの上下に応じてエンベロープも動いてしまうことです! エンベロープに到達しそうで到達しない! 到達しなかったのにレートの変化でエンベロープが動き、 最終的にはヒゲにタッチした形になっている! こんな経験は日常茶飯事です。

[続きを読む]

 

一目均衡表とアリゲーター手法を確立させてみる

(更新:2020年03月16日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 市場には動かす理由を投入してくれるものは必要ですが、 感染症の大流行なんていやですね! 気持ちを切り替えて、今回もハイローオーストラリアの新しい手法を探ります! 一目均衡表の雲とアリゲーターを同時に使ってみましょう。

[続きを読む]

 

パラメータを変更するだけ!エンベロープのバンドウォークで勝つ!

(更新:2020年03月17日) こんにちは、ミウラです! エンベロープを使った単純な逆張りは、 十字線が出た時も問題なく勝てる優れた手法です! ただし、エンベロープの位置まで下がらずに上昇してしまい、 エントリーする機会が少ない場合がある、という悩みもあります! そこで今回は、エンベロープの設定をいろいろ工夫して、 エントリーの機会を増やしてみようと思います。

[続きを読む]

 

一目均衡表とアリゲーターの意外な発見

(更新:2020年03月16日) おはぎゃあございます、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! (NYダウ暴落の日に書いていますw) 前回、アリゲーターを使うときに一目均衡表の「雲」と同じような感覚でいいですよとお話しました! 今回はその具体的な解説です! ハイローオーストラリアで意外な発見もあったのでぜひ最後まで読んでくださいね。

[続きを読む]

 

収入減でXM利用を考えている方が最初にすべきこと7つ

(更新:2020年03月13日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)は「海外FX」と呼ばれるFX会社です! 同じ海外FXにiFOREXというところもありトレーダーの間では「2強」と呼ばれ人気があります! 職場や学校が休みになり、遊びに行くところも休園という場合、 収入を増やしたくて海外FXをはじめる方もいるでしょう。

[続きを読む]

 

サポートやレジスタンスまで引き付ければ十字線は怖くない!

(更新:2020年03月10日) こんにちは、ミウラです! エンベロープは変動しにくいのがメリットだと紹介しましたが、 その性質により、トレンドラインのようなサポート、レジスタンスとしても有効に機能します! サポート、レジスタンスとは、 それよりは下がらない、もしくは上がらない支持帯や抵抗帯となるラインのことです。

[続きを読む]

 

アリゲーターのゴールデンクロスはとても遅い【対策】

(更新:2020年03月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! アリゲーターでハイローオーストラリアをしている方がよく迷うことを今回は取り上げます! ゴールデンクロスができたのにうまく上昇トレンドを捉えられないということはありませんか? その解説と対策です。

[続きを読む]

 

自動調整されないのがメリット?エンベロープの逆張りはわかりやすくて強い!

(更新:2020年03月03日) こんにちは、ミウラです! エンベロープは平均線を単純に平行移動したものです! ボリンジャーバンドのようにその状況に応じて幅を狭めたり、広げたり、ということはありません! 状況に応じて調整されるということがないので、 一見するとボリンジャーバンドのほうが役立つような印象を受けてしまいがちです。

[続きを読む]

 

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top