Home » 攻略法

【攻略法はありません】でもハイローオーストラリアで勝てるの?

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

バックテストの結果は正確なのか?実際にトレードして検証してみる!

(更新:2019年05月18日) こんにちは、ミウラです! 前回の過去のデータを検証した結果、 ボラティリティが大きいアメリカ時間のトレードは勝ちやすいという結論に至りました! ただ、あくまでバックテストの結果ですから、 実際にトレードしてみないとどんな収支になるかはわかりません! バイナリーオプションは、数秒の誤差でも勝ち負けが逆転するトレードです。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアでイギリスFTSEをトレードするコツ

(更新:2019年05月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアの1日取引をスルーするのはもったいないということで、 今回は夕方スタートして深夜に結果が出る欧州の株価指数のコツをご紹介します! 取り上げるのはイギリスの指標「UK100」(イギリスFTSE)です! 2016年の国民投票から、政治に影響される相場が続いています。

[続きを読む]

 

欧州時間よりアメリカ時間?勝ちやすい時間帯は存在するのか!?

(更新:2019年05月13日) こんにちは、ミウラです! 前回、裁量を入れずに機械的にトレードすると、 どういった結果になるのか、ということを検証しました! 連続トレード、5戦限定法ともに 裁量なしではかなり厳しい成績になる、という結果が出たわけです。

[続きを読む]

 

日本の休暇について【バリューデートとオープン外債】

(更新:2019年05月08日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 日本のゴールデンウィークが長期休暇になり、金融市場にも影響があるということで、 ドル/円では「11日ぶんのスワップ狙いの買い」が話題でした! これで4月25日までにいっせいにドル/円(USDJPY)が買われました。

[続きを読む]

 

【1日取引】2時間半で終わる!香港株価指数のコツ

(更新:2019年05月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアの1日取引は面白いのですが、注目されていないのは残念だと思います! 前回、オーストラリア経済と1日取引を取り上げました! 今回は、アジア金融の中心地ともいえる香港の株式指数をトレードしてみましょう。

[続きを読む]

 

重要なのは明確なデータ!相場が休みのときこそ手を動かすべし!

(更新:2019年05月01日) こんにちは、ミウラです! 家に帰って、「さあ!バイナリーやるぞ!」と意気込んだものの、 こんな画面に出くわしたことはないでしょうか! 日本とアメリカでは当然、休日は異なります! さらにこのあいだのグッドフライデーのように、アメリカの国民の休日ではないが、 市場はお休みというパターンもありますね。

[続きを読む]

 

【1日取引】オーストラリア株価指数のコツ

(更新:2019年04月27日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアの1日取引(1時間以上先に判定時間が来るもの)は ファンダメンタルズを覚えるのにも良いのです! 今回はニューヨークと違い、 目が覚めているうちに相場を見られるオーストラリア株式指数をトレードしてみましょう。

[続きを読む]

 

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top