Menu
Home » 攻略法

【攻略法はありません】でもハイローオーストラリアで勝てるの?

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

(更新:2020年10月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります! 今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、 見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です! チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

[続きを読む]

 

急落・急上昇はビッグチャンス!超短期トレードでバイナリーの醍醐味を味わう!

(更新:2020年10月16日) こんにちは、ミウラです! これまでに紹介したフィボナッチ・ファンを使ったトレード以外にも、 さらに短いスパンで勝負する超短期トレードというものが存在します! 精度に少し難があること! そして、トレードの回転が早いので、すばやい状況判断が求められることなどから、 難度は高めです。

[続きを読む]

 

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

(更新:2020年10月15日) こんにちは! いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね! でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、 米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利と実質金利のお話をします。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアとチャートシステムのタイムラグをなんとかしよう

(更新:2020年10月09日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアなど短期決戦のバイナリーオプションでは、 分析に使うMT5、MT4、などのチャートの値動きとピッタリ同じでないことがあります! また、自分の通信環境のせいで遅れたチャートしか見られないと悲しいですね。

[続きを読む]

 

短期ファンはいつでも書き換えOK?その際の注意点とは

(更新:2020年10月07日) こんにちは、ミウラです! 前回は、短期ファンを運用するときに起きる問題とその対策を扱いました! 機能しなくなった短期ファンを新たなものに書き換える、というものでしたが、 そのほかにも、いくつか問題は残っています! 例えば、短期ファンが機能はしているものの、 長期間、書き直されずに残ってしまうケースです。

[続きを読む]

 

高倍:低倍トレードをハイローオーストラリアで使えるかどうか

(更新:2020年10月06日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 国内業者を使っている人の間で 「高倍」(こうばい)「低倍」(ていばい)という言葉が交わされるようになりました! ペイアウト倍率が高ければ高倍、低ければ低倍ということなのですが、 ルールが違うハイローオーストラリアでも使えるのでしょうか? 詳しくみていきましょう。

[続きを読む]

 

必ずぶつかる短期フィボナッチ・ファンの問題とは?解決法はある?

(更新:2020年10月05日) こんにちは、ミウラです! 前回は、実戦で使いやすい長期のフィボナッチ・リトレースメントと 短期フィボナッチ・ファンの組み合わせ方を紹介しました! この方法だと、片方を短期にすることで、エントリーチャンスまで待ち時間を大幅に減らして、 効率よくトレードしていけるのですが、トレードを進めていくと、すぐにある問題にぶつかります。

[続きを読む]

 

【15分が登場!】コロナ後のゴールドをハイローオーストラリアでトレード

(更新:2020年10月02日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 市場ではゴールドが注目されています! そんな中、ハイローオーストラリアは取引できるチャンスを増やしてくれています! ずっと以前、1日取引(判定時間23時間)だけだったのですが今や15分取引まであります。

[続きを読む]

 

【考察】自己啓発、スピリチュアルとXMトレーダーはどうつきあう?

(更新:2020年10月01日) こんにちは! 『心理学を専攻し臨床心理士を目指すも挫折した過去を持つファイナンシャルプランナー』 海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダー仲間でメンタルで悩んでいる人のために、 多少でもなにか書けないかなとこれまで一冊の本を題材にしてきました。

[続きを読む]

 

短期フィボナッチ・ファンの主戦場!61.8%の攻防を解説!

(更新:2020年09月28日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチ・ファンをバイナリーのトレードに使っていく場合、 前回でも述べたように短期のファンを描き直しながら使っていくのがメインになると思います! フィボナッチ・ファンは斜めのトレンドラインのように傾斜がついているので、 ローソク足がすぐファンに到達、抜き去ってしまって、 トレードの目安にならなくなってしまうからですね。

[続きを読む]

 

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top