Menu
Home » 攻略法

【攻略法はありません】でもハイローオーストラリアで勝てるの?

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語一覧 I,K,L

(更新:2020年08月25日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回はトレーディングビューでの新しいローソク足パターンの【キック】などについてです! ローソク足パターンの読み方は人によって違うことがあって困ります! でもトレーディングビューは割と的確にシグナルを出してくれるので、 その意味を知っておけば今後のトレードのストレスが激減します。

[続きを読む]

 

これがもっとも勝ちやすい!フィボナッチトレードからおすすめの方法を厳選!

(更新:2020年08月21日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチ・リトレースメントは、 多くの市場参加者が意識するラインをチャートに示してくれます! このことを利用して、相場が次にどのような動きをするのかを予測します。

[続きを読む]

 

【ブレイクアウトトレード】悩むストップロス注文の位置に1つの解決策!

(更新:2020年08月18日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)ではデイトレやスイングトレード (中期と長期)をするトレーダーも多いですね! トレンドがあるときに押し目、戻りをトレードしたり、 レンジや三角持ち合いのときにブレイクアウトを待ったり、 そんな正統派トレードでもストップロス注文と利益確定注文を決めるときにはすごく迷います。

[続きを読む]

 

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語と使い方 G,H

(更新:2020年08月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回もトレーディングビューで新たに使えるようになったローソク足を特集します! ハイローオーストラリアでうまく使えそうなテクニックも書いておきますね! 他ではなかなか読めないと思いますよ。

[続きを読む]

 

売買が少ない連休前・・・こんなときはヒゲに従え!

(更新:2020年08月07日) こんにちは、ミウラです! 前回、なんとなくトレードが不調・・・ というようなときの解決法についてお話しましたが、 短時間バイナリーの場合、不調の原因の多くは値動きが足りないことにあります! 上か下に動いてくれないと勝ちにならない、という性質もさることながら、 動きがないときは、チャート自体も普段とは異なる挙動をするので失敗が重なりがち。

[続きを読む]

 

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語一覧 A,D,E

(更新:2020年08月06日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアのトレーダーの間でも トレーディングビューを使う人が増えてきました! トレーディングビューに新たにローソク足パターンが表示できるようになりましたが、 英語なのでわかりにくいですね! そこで今回から日本での名前や意味をまとめます。

[続きを読む]

 

トレードが不調な原因はフィボナッチの機能不全?

(更新:2020年08月05日) こんにちは、ミウラです! 日々、バイナリーのトレードをしていると、 「なんとなく今日は調子が悪いな」と感じることはないでしょうか? ギリギリのところで勝てなかったり、だましに連発で引っかかったりと、 歯車がうまく噛み合わないような感じで、モヤモヤした気持ちになることもあるかもしれません。

[続きを読む]

 

【誰でも簡単!意外と正確】なんちゃって期待値で資金、メンタル管理を一度に解決

(更新:2020年08月04日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 期待値… 何度聞いても苦手な気持ちになります! が、気合を入れて使ってみましょう。

[続きを読む]

 

【トレーディングビュー】のローソク足パターンでバックテスト

(更新:2020年07月30日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! トレーディングビューの無料版はインディケータを4つまで表示できます! 今回は新たに登場した豊富なローソク足パターンの中から、 【Abandoned Bagyの陰陽2パターンを使ってそれが効くのかどうかバックテスト】をしてみましょう。

[続きを読む]

 

よりアグレッシブに攻めたい人に!あえてフィボナッチの間隔を狭くする

(更新:2020年07月29日) こんにちは、ミウラです! 数回にわたってフィボナッチの使い方を解説してきました! フィボナッチは、目標となるレート水準を示してくれることから、 近い方の(目標レート)ラインに引き寄せられる、という考え方がメインなのですが、 ライン同士の間隔が広いとトレードしづらい、という側面もあります。

[続きを読む]

 

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top