Menu
Home » 攻略法

【攻略法はありません】でもハイローオーストラリアで勝てるの?

ローソク足がアークの範囲外に!こんなときの対処法は?

(更新:2021年04月21日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークは円形をしているので、 描いてから時間が経つとトレードには使えなくなります! このようにローソク足が円の範囲から出てしまうと、もう指標として機能しません! そうなるとフィボナッチアークを描き直すことになります! しかし、この描き直し、という段になると、いろいろと悩ましい 部分が出てきます。

[続きを読む]

 

有力とされるフィボナッチの交点!本当に信頼できるのか?

(更新:2021年04月16日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークの使い方でときどき目にするのが、 フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチアークの交点がサポート・レジスタンスとして機能しやすい、 というものです! フィボナッチアーク自体、そこまで広く使われていないので、 専門家が解説した記事などはネットでも見つからないのですが、 個人ブログなどではよく取り上げられているように思います。

[続きを読む]

 

アークだけでは限界アリ?複数のサインをヒントに精度を上げていく!

(更新:2021年04月13日) こんにちは、ミウラです! スケールの設定についての話も終わって、 とりあえずフィボナッチアークの基本はすべて説明したということになります! なので、ここからは、より具体的な実践例について見ていきたいと思います! フィボナッチアークも単独で運用するには限界があり、 フィボナッチ・リトレースメントや他の指標と一緒に利用してはじめて威力を発揮します。

[続きを読む]

 

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

まだあるXMのボーナス【XMTradingロイヤルティーポイント】利用のコツ

(更新:2021年03月22日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)の口座開設のときに 3,000円がもらえるので入金手続きなしにすぐにトレードをはじめることができます! それだけでなく、XMのボーナスはもっとあります! 取引状況に応じて増える【XMTradingロイヤルティポイント】です。

[続きを読む]

 

リトレースメントとは少し違う?フィボナッチアークの使い方!

(更新:2021年03月19日) こんにちは、ミウラです! 前回に紹介したフィボナッチアークの使い方は、 フィボナッチ・リトレースメントとほぼ同じ、と考えて問題ないです! 時間軸の方面に拡張されてはいるものの、フィボナッチタイムゾーンのように 純粋に時間をベースに描写されたものではなく、 あくまで擬似的に横軸の要素も取り入れているだけだからです。

[続きを読む]

 

そのままでは使えない?フィボナッチアークの修正方法とは?

(更新:2021年03月11日) こんにちは、ミウラです! ここまで扱ってきたフィボナッチタイムゾーンは、 価格の水準ではなく時間の概念に着目したオブジェクトです! レートの水準とは別の、時間という基準による分析を加えることで、 予測の精度を高めることができます! そして、フィボナッチ系のオブジェクトには、 タイムゾーンのほかにも時間の概念を取り入れたものが存在します。

[続きを読む]

 

【実際の判断例つき】世界の市場時間を味方にハイローオーストラリア!

(更新:2021年03月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! もう知っている人も多いと思いますが、 世界の金融市場が活発な時間というのがあります! たとえば東京市場なら日本時間の朝9時~午後3時ごろです! なぜなら株式市場が開いている時間だからです! 今回は、ほかの金融市場もあわせて値動きが活発で ハイローオーストラリアしやすい時間帯を探してみましょう。

[続きを読む]

 
限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top