Menu
Home » 攻略法

【攻略法はありません】でもハイローオーストラリアで勝てるの?

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語一覧 A,D,E

(更新:2020年08月06日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアのトレーダーの間でも トレーディングビューを使う人が増えてきました! トレーディングビューに新たにローソク足パターンが表示できるようになりましたが、 英語なのでわかりにくいですね! そこで今回から日本での名前や意味をまとめます。

[続きを読む]

 

トレードが不調な原因はフィボナッチの機能不全?

(更新:2020年08月05日) こんにちは、ミウラです! 日々、バイナリーのトレードをしていると、 「なんとなく今日は調子が悪いな」と感じることはないでしょうか? ギリギリのところで勝てなかったり、だましに連発で引っかかったりと、 歯車がうまく噛み合わないような感じで、モヤモヤした気持ちになることもあるかもしれません。

[続きを読む]

 

【誰でも簡単!意外と正確】なんちゃって期待値で資金、メンタル管理を一度に解決

(更新:2020年11月08日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 期待値… 何度聞いても苦手な気持ちになります! が、気合を入れて使ってみましょう。

[続きを読む]

 

【トレーディングビュー】のローソク足パターンでバックテスト

(更新:2020年07月30日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! トレーディングビューの無料版はインディケータを4つまで表示できます! 今回は新たに登場した豊富なローソク足パターンの中から、 【Abandoned Bagyの陰陽2パターンを使ってそれが効くのかどうかバックテスト】をしてみましょう。

[続きを読む]

 

よりアグレッシブに攻めたい人に!あえてフィボナッチの間隔を狭くする

(更新:2020年07月29日) こんにちは、ミウラです! 数回にわたってフィボナッチの使い方を解説してきました! フィボナッチは、目標となるレート水準を示してくれることから、 近い方の(目標レート)ラインに引き寄せられる、という考え方がメインなのですが、 ライン同士の間隔が広いとトレードしづらい、という側面もあります。

[続きを読む]

 

知りたいのにみつからなかった会員登録後の【トレーディングビュー】の機能3つ

(更新:2020年07月28日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 前回、トレーディングビューをとにかくゼロから触ってみるというのをお送りしました! でも時間足をいちいち選ばなくてはならないとか、 銘柄を毎回入力しなければチャートが出せないとか、 こういう基本的な面倒くささをなんとかしたいですよね。

[続きを読む]

 

61.8%以降の空白エリア・・・それでもトレードのヒントは転がっている?

(更新:2020年07月22日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントのラインを引くと、 場合によってはラインとラインの間隔が大きく開くことがあります! 特に前回でも触れた61.8%以降は長く、 フィボナッチを手がかりに使えないことも多いです! そこで今回は、61.8%以降の空白エリアに入り込んだとき、 フィボナッチをどう利用していくかについて、お話します。

[続きを読む]

 

ゼロの状態でトレーディングビューを触ろう!

(更新:2020年07月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 最近、よく聞く【トレーディングビュー】というチャートシステム を使ってみましょう! 特徴は、無料でもすごく使えることと、 ダウンロードせずブラウザでどこでもすぐチャートを見られるところです! 完全にゼロの状態の人向けに見たいチャートを出して「触って感動するところ」からご案内 します。

[続きを読む]

 

いつも損失を出す?【追っかけ】エントリーと【目をつぶってついて行く】の違い

(更新:2020年07月20日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! FXの先輩トレーダーの言葉でこんなことを聞きませんか? 「追っかけエントリーは失敗する」 「この相場は目をつぶってついていけ!」 どちらも相場急変のときなのですが、いったいどちらが正しいのでしょうか。

[続きを読む]

 

半値戻しは全戻し?50%ラインを超えたら考えておくべき事とは?

(更新:2020年07月15日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチのラインは、23.6%、38.2%、50%、61.8%、そして100%のラインがあります! このなかで特に注目したいのは50%のライン! これはフィボナッチならずとも、半値と呼ばれて重要な押目、戻りの節目です! ※ 転換点で再上昇すれば、上昇トレンドが継続するサイン(幻冬舎GOLDONLINE)(注1) この50%のライン。

[続きを読む]

 

HighLow.com

公式サイト 口座開設

Top