Menu
Home » 攻略法 » 【分割利確】と【ほぼうねり取り】2つを比べて利益はどっちが大きい?

【分割利確】と【ほぼうねり取り】2つを比べて利益はどっちが大きい?

更新:2020年10月30日

こんにちは!

いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑)

XM(XMTrading)トレーダーも「分割利確」というのをしているかもしれませんね!

これはメンタル管理の一種で、

利益の載っているポジションを2~3回に分けてクローズするという方法です。

「今は利益になっているけれど、ここから相場が急変して損したらどうしよう」

という気持ちを静めて、

とりあえず半分(もしくは3分の1)だけ利益確定しようというものです。

これともう一つの方法、「ほぼうねり取り」と利益の大きさを 比べてみましょう。


優良FX【XM】はこちらから!

〇  結論がこちらです


最初に結論です。

・単純な利益確定なら【ほぼうねり取り】の利益のほうが大きくなります。

では、仮に「20円上昇した金融商品」があるとして、これを例に考えてみましょう。

〇  20円上昇した金融商品で説明します


「20円上昇した金融商品」は比べやすいように作った架空の金融商品です。

・ある日、この金融商品が上昇したけど、
10円上昇した時点で少しもみあいになり、
不安になって半分利益確定するのが【分割利確】です。
後の半分のポジションは、もっと利益を伸ばせるかもしれないので最後まで持ち続けます。

・いっぽう10円上昇してもみあいになったとき、
一気に全部利益確定して、
もう一度もみあいの中で押し目買いするのが【ほぼうねり取り】です。
2回目のポジションは利益を伸ばせる最高点まで持ち続けるのは、【分割利確】と同じです。

どちらもメンタル的に「とにかくせっかくここまで利益になったものを確定した」となって、

気持ちが安定します。

ちなみに【ほぼうねり取り】は、私が作った言葉です。

株の「うねり取り」とちょっと違うなと思って一応つけました。


優良FX【XM】はこちらから!

〇   【分割利確】が利益を生むまで


では、順にもう少し詳しく説明しますね。

【分割利確】はみんな知っていると思いますが、

上の図のように利益確定していきます。

比べるために分割利確は2回にしましょう。

図のAのところで2単位ポジションをとりました。

ロングなのでBのところで10円X2単位で、20円の利益になっています。

しかし、Bは下がり始めなのか単なる調整なのかわかりません。

ポジションを持った時のテクニカル分析では

「Cくらいまでは上がるはず」と思っていましたが不安です。

そこでメンタルを安定させるために1単位だけ利益確定をしてしまうのです。

20円の利益のうち、10円を利益確定しました。

ポジションは1単位残っています。

最後にCまで持っていると利益確定をします。

20円X1単位で、20円の利益確定です。

合わせて30円の利益になりました。

〇  【ほぼうねり取り】が利益を生むまで

 
では【ほぼうねり取り】の方法です。

Aのところで2単位ロングするのは同じです。

そしてBで不安になりますのでどうするか決めるのですが、

いったん2単位すべてを利益確定して手仕舞いしてしまいます。

このときの利益は10円X2単位で、20円。

次にBを押し目と仮定して、もう一度2単位のロングをします。

最後にCで利益確定をすると、2回目の利益は、

10円X2単位で、20円。

この場合トータルで20円+20円なので40円の利益です。


優良FX【XM】はこちらから!

〇  それぞれ好きなように工夫しよう


そして、結論としてほかの条件を無視してシンプルに比べれば、

【ほぼうねり取り】のほうが利益を増やせるということがわかりました。

いったん利益確定してメンタルを落ち着かせるのにどちらも同じくらい有効です

よく考えたら当たり前なのですが、

一度こんなふうに整理して考えるのって大切ですよね。

ただし実際は図のCのところまできれいに上昇してくれるとは限らず、

Bでトレンドが終了ということもありえます。

また、本当のうねり取りはポジションをいくつも同時に持つことがあり複雑です。

今回は【ほぼうねり取り】が勝利しましたが、

【分割利確】も優れたメンタル管理、資金管理の方法です。

経験に応じてそれぞれ工夫してくださいね。

※メンタル管理、資金管理の基本はここも読んでください。
『【ティータイム】可視化で簡単!トレード上達につながる3つのコントロール』
『【メンタル難民を助ける!】読みながら一瞬でできるアンカリング』

※参考書籍「うねり取り入門―株のプロへの最短コース」林 輝太郎  (著) 同友社
※林輝太郎インタビュー (注1

優良FX【XM】はこちらから!

■■■■脚注■■■■

(注1)相場師「林輝太郎」に聞く~相場の世界に入ったきっかけ(幻冬舎 GOLD ONLINE)

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top