Menu
Home » 攻略法 » ボリンジャーバンドと毛抜きでハイローオーストラリア

ボリンジャーバンドと毛抜きでハイローオーストラリア

更新:2020年11月03日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

ボリンジャーバンドを使う人は多いと思います!

でも基本の遣い方を丸暗記しているだけだと、負けます(笑)

せっかくローソク足やトレンド判断もできるようになったのなら、

これらも取り入れながら勝ちましょう!

今回は毛抜きというローソク足パターンに注目します

目次

〇 ボリンジャーバンドの広がり(エクスパンション)


この上のチャートは、ユーロ/ドル(EURUSD)の5分足です。

全体に下がり気味で、短期の下降トレンドということでいいと思います。

しかしいったん上昇、そしてボリンジャーバンドが狭くなり、

3~4時間はレンジ相場のようでした。(ボリンジャーバンドのスクイーズ)

そこから、上向きに広がり始めています。(よくいうエクスパンションの状態)

広がった方向を買うチャンスを狙ってみましょう

『「ボリンジャーバンド」の基礎の基礎』
※ボリンジャーバンド (注1

〇 毛抜きが出ました!


ところがHIGHを買いたいと思っているうちに、

ボリンジャーバンドの広がりを終わらせたいかのようにローソク足は下がり始めました

ここで、毛抜きパターンが出ています。

毛抜きとは2本のローソク足の終値と始値が同じ価格になることです。 (ヒゲについては諸説あり)

とにかく、上の2本のようにきれいに並ぶ形です。

上の2本は毛抜き天井ともいわれて下げを示唆します

※トレーディングビューでローソク足インディケータを出しておくと、engulfing(包み)のサインになることがあります。
これは微妙に終値と始値が違っているからです。でも見た目で毛抜きならじゅうぶん毛抜きとして使えることがあります。

〇  毛抜きの意味とは


毛抜きは2本目のローソク足が反転する可能性を示します

で、このときの毛抜きは小さく(2本のローソク足が短い)いったん下がったのですが、

レンジだったころの高値で止まったようなので、

打診でHIGHを買いました。

・表示しているチャートは5分足
・HighLowスプレッド15分

ボリンジャーバンドの広がりは簡単には終わらないというのも根拠になっています

〇  毛抜きを読むときの注意


すると、やはり上に向かっていきます。

良かった良かった。

と思いつつ、あまりにも急上昇するのはあとで反動がある可能性が怖いですね。

・毛抜きは為替の1分足や5分足ではしょっちゅう出るので、これだけでハイローを売買しないほうがいいのです

ほかの要素もみていきましょう。

〇  このときの転売の判断がとても重要


ハイローオーストラリアのチャートでも珍しい上昇の形です。

ここで転売で終了で良かったのですが、欲が出ました。

15分HIGHLOWスプレッドでしたが、最後まで持つことにしてしまったのです。

でも、正解はここで転売でした。

それまでのテクニカルを無視するほど、この上昇が一瞬すぎて強すぎるのです。

そういう上昇は一時的にせよ反動がありますよね。

〇 毛抜きは1時間以上がいい


よく見るとこの最後のローソク足のスタートも毛抜きっぽい形です。

反動にしては下がりすぎるほど下がり、負けました。

今回、こんなテクニカルを使いました。

・トレンド判断(右肩上がりかどうか)
・ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンション
・ローソク足の毛抜き
・サポートの水平ライン
・グランビルの法則

最後のグランビルの法則は「急に平均値から離れすぎると反動がある」というものを使っています。

こんなに使って負けたのは、私の甘い判断などのせいでした。
(エクスパンションが始まってすぐHIGHを買うか、転売チャンスを逃さないか、どちらかなら利益になっていましたね)

悪い例も混じっていますが、参考にしてくださいね!

【そもそもシリーズ】トレンドってなに?
『ハイロー逆張り派になじむ「グランビル第4の法則」で大攻略!』
『ラインの話1回目「リターンムーブ」ってなに?!』(水平ライン)

■■■■脚注■■■■

(注1)ボリンジャーバンドの極意、後編(AVATRADE)

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top