Menu
Home » 攻略法 » MACDとボリンジャーバンドのコンビ技のコツ【1】

MACDとボリンジャーバンドのコンビ技のコツ【1】

更新:2021年09月02日

ハイローオーストラリアの手法のうち、

MACDとボリンジャーバンドの組み合わせが人気のようです!

MACDでエントリーする手法がありますが、

簡単にしか解説されていないと使えるのかどうか不安ですね!

今回は、実戦で使えるように細かいところを押さえましょう。

目次

〇  よくある手法はこれ


この手法はFXでもよく見かけますし、わかりやすく覚えやすいものです。

1.MACDのゴールデンクロスでHIGH
2.ボリンジャーバンド2σからローソク足が出たら「チェック」

1.MACDのデッドクロスでLOW
2.ボリンジャーバンド2σからローソク足が出たら「チェック」

「チェック」とは、転売を決めるめやすのことです。

転売か判定時間を待つかをここで決めます。

2σから急に大きく出たら転売のほうが無難です。

なるほどですが、細かいエントリーポイントや転売の判断ポイントがぼんやりしています。

それに判定時間まで持っていていいのかどうかもイマイチわかりません。

※ボリンジャーバンドがわからないならここ
「「ボリンジャーバンド」の基礎の基礎」

〇  ボリンジャーバンドとMACDの相互関係を知れば使えるようになる


先にボリンジャーバンドのどこでMACDのシグナルが出るか知っておきましょう。

これを知っていると「なぜ今HIGHを買うのか?」と理由がわかるので、

自信を持って買うことができます。

自信のあるエントリーは無駄な転売をしなくてすむので良いのです。

MACDがゴールデンクロス/デッドクロスになるのは、

ローソク足がボリンジャーバンドのミドルラインを超えた時です。

または、少し後になります。

パラメータが違うと微妙にずれますが、だいたいそうだというのでOKです。

理由は、どちらも移動平均線からできているから。

同じようなタイミングで似たようなシグナルを出すってことですね。

※この図のパラメータ設定はどちらもデフォルトのままです。
※パラメータ変更方法 (注1

〇  ミドルライン越えの持つ意味


ボリンジャーバンドのミドルラインを超えるということは、

トレンドが変わる可能性が高まるということです。

MACDのクロスのときにこれが起きていれば、

値動きがしばらく安定しやすくなり、

ハイローオーストラリアしやすくなります。

※このMACDは、前回の設定でラインを2本にしていますよ!
「【目から鱗】MACDを見やすく!MT5のプログラムと コンパイルに挑戦」

〇  手法のポイント


ここまでわかっていても、実戦だと途方に暮れてしまいます。

どこで何をしたらいいのでしょうか。

ポイントを一覧にしておきます。

・MACDのゴールデンクロスはなるべく下でできたものが良い
・MACDのデッドクロスはなるべく上でできたものが良い
・必ずボリンジャーバンドのミドルライン超えも起きていること
・チェックのときにMACDが弱っていたらすぐに転売
・チェックのときにMACDが強くゼロラインに向かっていれば判定時間まで待てる
・ローソク足がミドルラインを超えたかどうか見るのは終値が理想
・チャート全体を見て、トレンドがそれなりにできているときに有効


実はこういうポイントも、何度かやってみないと自分のものになりません。

クイックデモでぜひ練習してください。

〇  ポイントのポイント


上で書いたポイントにもう少し補足します。

チェックのときには、

ボリンジャーバンドの2σだけでなくMACDも忘れずに見るのが重要ポイントです。

「判定時間までにはこの動きは弱ってしまう」

こう感じたらすぐ転売です。

〇  経験するしかないこともあります


転売を判断する直感のようなものは、微妙に人によって感じ方が違います。

それでも経験で掴めれば勝てるのです。

これは動画でもライブでもうまく伝わりません。

このポイントとポイントのポイントをよく読んで、

ちょっと面倒くさいかもしれませんが何度かデモをしてコツをつかんでください。

そのときにスマホや紙に自分なりの注意点を書いておくととても役に立ちます

ぜひ上手になってくださいね!

※バンドウオークが知りたいならここ
「ボリンジャーバンドのバンドウォークをバイナリーオプ ションに使う!」

※もっと使いこなしたいならここ
「ボリンジャーバンドと毛抜きでハイローオーストラリア」

■■■■脚注■■■■

(注1)パラメーターの変更(OANDA)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとボリンジャーバンド手法【2】

(更新:2021年09月15日) こんにちは、テクニカルアナリストの管理人です! 「MACDとボリンジャーバンドのコンビ技のコツ【1】」でコンビ技をお伝えしました! 今回は、ボリンジャーバンドのミドルラインで止まりそうなパターンです! 上がるか下がるかわからないときの対処法がわかりますよ。

[続きを読む]

 

テクニカルもファンダメンタルも無意味?【2021年最新おすすめサイトをご紹介】

(更新:2021年09月08日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)でいろんな銘柄をトレードする前にテクニカルやファンダメンタルを調べますよね! でもネットで「テクニカルは意味がない」なんてタイトルを見ると 「じゃあ覚えなくていいや」とほったらかしにしてしまうかも。

[続きを読む]

 

MACDとボリンジャーバンドのコンビ技のコツ【1】

(更新:2021年09月02日) ハイローオーストラリアの手法のうち、 MACDとボリンジャーバンドの組み合わせが人気のようです! MACDでエントリーする手法がありますが、 簡単にしか解説されていないと使えるのかどうか不安ですね! 今回は、実戦で使えるように細かいところを押さえましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【新政権誕生?】ゲームチェンジの予感が当たるか?

(更新:2021年09月16日) 初心者の味方Tボーンです! 日本の総理が辞めると言った! パラリンピックも終わった! 9月になったら日経が上がっているな! 政権交代に期待しているのかもしれない。

[続きを読む]

 

【この平均足は理想的だな!】それとも使いにくい?

(更新:2021年08月16日) 初心者の味方Tボーンです! 無料でMT5のインディケーターを入手できるabysseで面白い平均足を見つけたんだ! というのもMT5のバージョンアップで、平均足がなくなってしまったからだ。

[続きを読む]

 

インディケータで失敗を回避!3つのステップ

(更新:2021年07月13日) 初心者の味方Tボーンです! 7月6日のオーストラリアの金融政策発表が気になっていたんだ! これは月曜だったし、 その前の金曜日はアメリカの雇用統計もあって横ばいだったよな! チャートに矢印を描いたが、ここはオーストラリア中銀の発表の時間だったんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top