Menu
Home » 攻略法 » 大きな可能性を秘めている?MACD×マーチンゲール!

大きな可能性を秘めている?MACD×マーチンゲール!

更新:2018年07月26日

こんにちは、ミウラです!

MACDトレードのやり方は一通り紹介できました!

そこで、次の段階、資金の振り分け方について取り組んでいきましょう!

資金の振り分け方、と書くと大げさに見えてしまいますが、

要は今までに何度も使ってきたマーチンゲール法や逆マーチンを使うということです!

資金の振り分け方は、相性次第でトレード法を大化けさせる可能性があります!

MACDトレードにさらなる可能性を生み出す資金投下法を探っていきましょう。


目次

〇 マーチンゲールのおさらい

もう何度も紹介していますが、いちおう、マーチンゲール法についておさらいします。

「もう知ってるよ」という方は読み飛ばしていただいて大丈夫です。



マーチンゲール法とは、

負けるたびに資金を倍にしてトレードしていく手法です。

どれだけ連敗しても、最後に一度勝てば、それまでの損失を取り返しつつ、利益も出ます。

最終的に一度勝てば必ず利益が出る一方で、

投資金額が倍々に膨れ上がるというリスクのある方法
でもあります。(注1

〇 MACDトレード×マーチンゲール

このマーチンゲール法、実はMACDトレードとかなりの好相性です。

このチャート画像を見てください。



MACDのトレード開始サインが出てから終了までのローソク足です。

陽線が勝ち、陰線が負けですね。

これだと後半にいくつか負けてしまい、利益はかなり減ってしまいます。

しかし、陰線で負けたところからマーチンゲール法を使うと、

その負け損失を取り返しつつ、利益を出せます。

手法としては、勝っているときは同じ金額でトレードし、

負けたときだけ、次のトレードの投資金額を倍にします。

勝てれば、また初期の投資金額に戻し、負けた場合はマーチンゲールでのトレードを続行です。

チャートからわかるように、MACDトレードの期間中は、ほぼ必ず勝てる場面(陽線)があります。

そのため、最後に一度でも勝てば良い、というマーチンゲール法とかなり相性が良い
のです。



イメージとしてはこんな感じですね。

勝ったら初期の投資金額に戻すというのが大事です。

そうしないと金額が膨れ上がって手がつけられないことになるので・・・

〇 実戦で見えてくるメリットとデメリット

理論上、MACDトレードとマーチンゲール法は相性がよく、

高い利益を叩き出せるように思えます。

実際にかなり有効な手法の組み合わせではあるのですが、

実戦で使ってみると、思わぬメリットや使いづらさなども見えてきます。

そういった部分もご紹介しましょう。

まずはメリットについてです。



MACDトレード開始のサイン(MACDとシグナルのデッドクロス)が黄色の丸の部分で出ています。

よって、Lowで60秒毎に買っていく場面となります。

実際にスタートから5000円を初期金額として、チャートの端までトレードしました。

が、結果的に見れば、まったく下げとは言えないチャート。

さぞかし大損かと思いきや・・・



こんな感じで負けを打ち消していけるので、

終わってみれば少しプラスという結果になっていました。

長期的なトレンドを掴むためには、どうしても早めにトレードに入りたいです。

しかしハズレかもしれない。

そんなハズレの場面でも、損益をプラスマイナスゼロ付近で維持できるのはかなり心強いです。

利益を倍々にしていく逆マーチンとちがい、

マーチンゲール法はどちらかといえばディフェンシブな手法です。

防御面の強さが実戦でも現れたということになりますね。

〇 この手法の問題点

ただ、実戦において露呈する問題点もいくつか存在します。

まずは、60秒毎にきっちりとエントリーしていかなければならいこと。

この手法の根拠は、ローソク足の陽線、陰線のとおりに勝敗の数が決まる、ということです。

つまり、新規のローソク足が出現した瞬間(始値)にエントリーしていかなければなりません。

これがけっこう大変です。

前回の結果も見つつ、負ければ倍額、勝てば初期投資額でエントリーするのですが、

時間的な猶予がほとんどありません。



この余裕の無さでよく起きるミスがこれ。

5000円、1万円ときて負けたので、本当は2万で入らないといけません。

しかし、5000円で再スタートしてしまっています。



実は、締め切り直前までは勝っていたのですが、ギリギリで逆転負けになりました。

勝ったと思ったので5000円で入ってしまった、ということですね。

ここをきちんとケアできていれば、微プラスではなく、もっと利益が出ていました。

痛いミスだといえるでしょう。

しかし、これとは逆の現象も起きます。



負けたと思って倍にしたら、実は勝っていたというパターン。

その次も勝てたので結果的には爆益ですが、負けていたらと思うと冷や汗が出ます。

勝敗の判断がつかないときは、次の60秒はトレードしないという選択肢もありかもしれません。



また、時間的余裕がないので、

スリップしたかと思って2回連続エントリーしてしまうミスなどもあります。

負け続きのあとは投資金額が大きくなっているので、致命的なミスになることがあります。

これも心に余裕を持って、ひとつトレードはとばしてもよい、

くらいの心構えで臨んだほうがいいでしょう。

〇 改善は必要だが可能性は大きい

このように影響が大きいミスも起きやすく、手放しで必勝法であるとはいえませんが、

工夫と慣れ次第で大きな可能性を秘める手法であるといえます。

大相場に発展するかどうかわからない状況で、

とりあえず毎回、トレードに入って損益をイーブンに保ちながら、

チャンスを待てるのは大きいです。

いつ、チャンスが来るか、はっきりとはわからないのが投資の常。

そこで、できるだけ手数を多くし、チャレンジ回数を増やすことで、

大きな利益を得る機会に巡り会える可能性を高めていくべき
です。(注2

MACDトレードをするなら、ぜひ、押さえておきたい手法といえるでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)羊飼いがバカになって荒稼ぎした4カ月(2)●千万円稼いだスキャルの手法とは?(ザイ!FX)
(注2)カリスマサラリーマン投資家が教える IPO投資の極意(四季報オンライン)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

XM(XMTrading)とiFOREXでスワップトレードしたい!

(更新:2021年10月13日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXでは「ロングスワップもマイナスになる」ことが嫌われる理由になりがちです! XM(XMTrading)とiFOREXでもマイナスになりやすいのですが、 探すとプラスになる銘柄もあります。

[続きを読む]

 

XMのほかにスマホアプリで使いたいのはどれ?【それはエバーグランデもあるiFOREX】

(更新:2021年09月29日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! よく使う海外FX口座は、XM(XMTrading)とiFOREXです! インジケーターを触りたいときはXMでMT4/MT5をずーっと見ています! ところが、MT4/MT5スマホ版では銘柄を探すのがちょっと面倒。

[続きを読む]

 

MACDとボリンジャーバンド手法【2】

(更新:2021年09月15日) こんにちは、テクニカルアナリストの管理人です! 「MACDとボリンジャーバンドのコンビ技のコツ【1】」でコンビ技をお伝えしました! 今回は、ボリンジャーバンドのミドルラインで止まりそうなパターンです! 上がるか下がるかわからないときの対処法がわかりますよ。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【FlameChart使ってみた】勝てるぞ?!

(更新:2021年10月07日) 初心者の味方Tボーンです! MT5のインディケータのなかで、 炎が噴き出しているような変なインディケータをみつけた! 名前は「FlameChart」だ! 動き続けているぞ? これは、公式の説明にもないみたいだな。

[続きを読む]

 

【新政権誕生?】ゲームチェンジの予感が当たるか?

(更新:2021年09月16日) 初心者の味方Tボーンです! 日本の総理が辞めると言った! パラリンピックも終わった! 9月になったら日経が上がっているな! 政権交代に期待しているのかもしれない。

[続きを読む]

 

【この平均足は理想的だな!】それとも使いにくい?

(更新:2021年08月16日) 初心者の味方Tボーンです! 無料でMT5のインディケーターを入手できるabysseで面白い平均足を見つけたんだ! というのもMT5のバージョンアップで、平均足がなくなってしまったからだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top