Home » 攻略法 » クソポジチェッカー(オーダーブック)の3つの使い方と注意点

クソポジチェッカー(オーダーブック)の3つの使い方と注意点

更新:2018年09月07日

こんにちは!

フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです!

クソポジチェッカーというのは、

FX業者さんが注文状況をグラフにして発表しているものですが、

名前がひどいですね(;^_^A

正しくは「オーダーブック」(オープンオーダー、オープンポジション)などといいますので、

ここではこの呼び方にしましょう。

今回は「オーダーブック」の使い方や注意点を、

機関投資家やヘッジファンドの動きも含めてみていきます!


優良FX【XM】はこちらから!




目次

〇 「オーダーブック」とは?



「オーダーブック」は、「トレーダーのポジションと注文状況一覧」です。

残念ながら、XMでは見ることができないようです。

XMは他のどこよりも世界中で利用されているので、

ポジション状況も正確なはずですから、はやく導入してほしいですね。

オアンダ(OANDA)というFX会社のものが有名です。

さて、見るととても参考になりますが、

あくまで「自分の相場観を補佐するもの」としての使い方が正しいと、chieは思いますよ!

では次から、使い方の基本を見ていきましょう。


※日本人の注文状況ならここ(注1

〇 「オーダーブック」の見た目とURL



ほかにも発表している会社はありますが、

一番手軽なのはやっぱりオアンダさんのもので無料で見ることができます。

リンク元もちゃんと載せて、ここで図を使わせていただきましょう。

「未決済の注文」と「未決済のポジション」と二つのグラフのようなものがあります。

縦の軸が価格です。

横軸は、下に%が書いてありますが、ポジションや注文のボリュームですから、

色がたくさん塗られていれば注文やポジションが多いことになります。

そして、十字になっている横のラインが現在の価格の位置です。

これが通貨ペアごとに、随時動いていきます。


※オアンダさんのオーダーブックのURL(注2


優良FX【XM】はこちらから!


〇 使い方1:「未決済のポジション」で損失が出ているポジションのふくらみをみる



上の図は、ちょっとわかりにくいですが、「未決済のポジション」に注目します。

青い色が「損失を出しているポジション」です。

右側が「ロング」となっているので、

右側の上の青いところがロングポジションを持っている人の含み損です。


ここまでで、ロングポジションのふくらみがわかりました。

損失を抱えている人はしばらくそのままのことが多い(塩漬けにする心理)ので、

機関投資家やヘッジファンドはこのロングを崩してストップロスも巻き込んで儲けようとします。

ここで、「機関投資家がショートで攻めてくるかもしれない」という可能性があります。

これを自分の戦略に加えるのです。


※ポジションとは(注3

〇 使い方2:「未決済の注文」でストップ狩りの可能性をみる



この使い方も、機関投資家やヘッジファンドの考え方は同じです。

「一般投資家が損をするようにふるまう」

というのが基本的な動きです。

上の図の左側が「未決済の注文」です。普通の注文のほかには、ストップロス注文です。

まだ約定していない注文はオレンジ色になりますので、

右側の「買い」のところのオレンジ色に「買い注文」が並んでいます。

「下がったら買いたい」という普通の買い注文ですね。


ここでは一般投資家の損失を狙って

「買い注文を約定させようと売ってくる」可能性があります。

その後、約定金額よりも売り続け、価格を下げて損をさせるのです。

そこまでわかったら、自分の戦略に加えます。


※ストップロスとは(注4


優良FX【XM】はこちらから!


〇 使い方3:特に目立つ離れた注文はストップロスかも



最後に、たまにある離れたところの注文です。

この上の図のように、

右の「未決済のポジション」(保有ポジションということですね)にも

離れたところに長く青くなっているところが何か所かあります。

左の売りの注文は、この人たちのストップロスの可能性があります。

とても目立つので、ストップロス狩りの好対象になりがち、と読むことができますね。

この場合は、売ってくる可能性があります。

〇 「オーダーブック」まとめと注意点



意外と情報量が多く、慣れるまで読みこなせない「オーダーブック」。

注意点としては、これですぐ「買いだ!」とかやってはいけません。

市場心理とヘッジファンドの動きを身に着けるのには良い材料です。

価格の幅は、広めなのでデイトレかスイングトレードに向いているかもしれません。

でも、スキャルの人でもトレード前に一度見て、

気になる価格にはチャートに印をつけておく
という使い方ができます。

通貨ペアの横に「非累積」「純額」などと選べますが、

ふつうは「非累積」を見て、細かくみたいときに「純額」を見ます。

また取り上げますので、ゆっくり理解していってくださいね!




優良FX【XM】はこちらから!


■■■■脚注■■■■

(注1)外為注文情報 詳細(外為どっとコム)
(注2)OANDA グローバル FX オーダーブック(OANDA)
(注3)金融・証券用語解説 [ポジション](大和証券)
(注4)金融・証券用語解説 [ストップロスオーダー](大和証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

フィボナッチ・リトレースメントでハイローオーストラリアしてみる!

(更新:2019年02月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! フィボナッチ・リトレースメントはレジスタンスやサポートラインとして使えます! 今回はその前提でハイローオーストラリアのトレードに使ってみましょう! 読みながらぜひクイックデモでいっしょにやってみてくださいね。

[続きを読む]

 

扱いが難しい両ヒゲ・・・これも大きな利益のチャンス!?

(更新:2019年02月18日) こんにちわ、ミウラです! 最近は平均足の上ヒゲ陽線や下ヒゲ陰線を主な手がかりにしてトレードをしていますが、 ほとんど手付かずの平均足の形状があります! 前にちょっとだけ触れたかもしれませんが、「両ヒゲ」てやつですね! このように上にも下にもヒゲのついた平均足のことです。

[続きを読む]

 

通貨オプションのストラドルの意味とFXでの使い方!

(更新:2019年02月15日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 国内FX業者さんの相場情報のなかに「110円にロング・ストラドルがありまして」といった発言があります! これは主に通貨オプションという取引をしている市場参加者のポジションについていっています。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアのクイック入金が終了したんだ!どうしたらいい?

(更新:2019年02月19日) Tボーンです! ハイローオーストラリアはクイック入金が便利だったよな! でも2019年1月31日までで終了してしまった! いつも見ている入金画面でも消えていて寂しい気分になるが、大丈夫だ! 理由は取引先の銀行の要望だったらしい。

[続きを読む]

 

ユーロは強いんだろうか?レンジ相場でのハイローオーストラリアだ!

(更新:2019年02月14日) Tボーンです! ハイローオーストラリアにファンダメンタルズは直接は関係なさそうだ! それでも大きな経済状況だけは掴んでおきたいよな! 今日もユーロ/ドル(EURUSD)を見ている! 月足だが、去年2018年は下がったんだな! ユーロ危機のときだった! Tボーンはいつもポンドを見ているが、ユーロ/ポンド(EURGBP)の取引高も世界では大きいよな。

[続きを読む]

 

元号も変わることだし、チャイキンオシレータを使ってみるか!

(更新:2019年02月12日) Tボーンです! 日本では平成から新しい元号に変わるぞ! 発表されるのが4月だそうだから楽しみだな! いつもハイローオーストラリアのトレードのときに使っている、 ボリンジャーバンドとストキャスティクスから別のインディケータに変えてみるぞ! 新たなチャレンジをしたいんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top