Home » 攻略法 » クソポジチェッカー(オーダーブック)の3つの使い方と注意点

クソポジチェッカー(オーダーブック)の3つの使い方と注意点

更新:2018年09月07日

こんにちは!

フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです!

クソポジチェッカーというのは、

FX業者さんが注文状況をグラフにして発表しているものですが、

名前がひどいですね(;^_^A

正しくは「オーダーブック」(オープンオーダー、オープンポジション)などといいますので、

ここではこの呼び方にしましょう。

今回は「オーダーブック」の使い方や注意点を、

機関投資家やヘッジファンドの動きも含めてみていきます!


優良FX【XM】はこちらから!




目次

〇 「オーダーブック」とは?



「オーダーブック」は、「トレーダーのポジションと注文状況一覧」です。

残念ながら、XMでは見ることができないようです。

XMは他のどこよりも世界中で利用されているので、

ポジション状況も正確なはずですから、はやく導入してほしいですね。

オアンダ(OANDA)というFX会社のものが有名です。

さて、見るととても参考になりますが、

あくまで「自分の相場観を補佐するもの」としての使い方が正しいと、chieは思いますよ!

では次から、使い方の基本を見ていきましょう。


※日本人の注文状況ならここ(注1

〇 「オーダーブック」の見た目とURL



ほかにも発表している会社はありますが、

一番手軽なのはやっぱりオアンダさんのもので無料で見ることができます。

リンク元もちゃんと載せて、ここで図を使わせていただきましょう。

「未決済の注文」と「未決済のポジション」と二つのグラフのようなものがあります。

縦の軸が価格です。

横軸は、下に%が書いてありますが、ポジションや注文のボリュームですから、

色がたくさん塗られていれば注文やポジションが多いことになります。

そして、十字になっている横のラインが現在の価格の位置です。

これが通貨ペアごとに、随時動いていきます。


※オアンダさんのオーダーブックのURL(注2


優良FX【XM】はこちらから!


〇 使い方1:「未決済のポジション」で損失が出ているポジションのふくらみをみる



上の図は、ちょっとわかりにくいですが、「未決済のポジション」に注目します。

青い色が「損失を出しているポジション」です。

右側が「ロング」となっているので、

右側の上の青いところがロングポジションを持っている人の含み損です。


ここまでで、ロングポジションのふくらみがわかりました。

損失を抱えている人はしばらくそのままのことが多い(塩漬けにする心理)ので、

機関投資家やヘッジファンドはこのロングを崩してストップロスも巻き込んで儲けようとします。

ここで、「機関投資家がショートで攻めてくるかもしれない」という可能性があります。

これを自分の戦略に加えるのです。


※ポジションとは(注3

〇 使い方2:「未決済の注文」でストップ狩りの可能性をみる



この使い方も、機関投資家やヘッジファンドの考え方は同じです。

「一般投資家が損をするようにふるまう」

というのが基本的な動きです。

上の図の左側が「未決済の注文」です。普通の注文のほかには、ストップロス注文です。

まだ約定していない注文はオレンジ色になりますので、

右側の「買い」のところのオレンジ色に「買い注文」が並んでいます。

「下がったら買いたい」という普通の買い注文ですね。


ここでは一般投資家の損失を狙って

「買い注文を約定させようと売ってくる」可能性があります。

その後、約定金額よりも売り続け、価格を下げて損をさせるのです。

そこまでわかったら、自分の戦略に加えます。


※ストップロスとは(注4


優良FX【XM】はこちらから!


〇 使い方3:特に目立つ離れた注文はストップロスかも



最後に、たまにある離れたところの注文です。

この上の図のように、

右の「未決済のポジション」(保有ポジションということですね)にも

離れたところに長く青くなっているところが何か所かあります。

左の売りの注文は、この人たちのストップロスの可能性があります。

とても目立つので、ストップロス狩りの好対象になりがち、と読むことができますね。

この場合は、売ってくる可能性があります。

〇 「オーダーブック」まとめと注意点



意外と情報量が多く、慣れるまで読みこなせない「オーダーブック」。

注意点としては、これですぐ「買いだ!」とかやってはいけません。

市場心理とヘッジファンドの動きを身に着けるのには良い材料です。

価格の幅は、広めなのでデイトレかスイングトレードに向いているかもしれません。

でも、スキャルの人でもトレード前に一度見て、

気になる価格にはチャートに印をつけておく
という使い方ができます。

通貨ペアの横に「非累積」「純額」などと選べますが、

ふつうは「非累積」を見て、細かくみたいときに「純額」を見ます。

また取り上げますので、ゆっくり理解していってくださいね!




優良FX【XM】はこちらから!


■■■■脚注■■■■

(注1)外為注文情報 詳細(外為どっとコム)
(注2)OANDA グローバル FX オーダーブック(OANDA)
(注3)金融・証券用語解説 [ポジション](大和証券)
(注4)金融・証券用語解説 [ストップロスオーダー](大和証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

点線を極める!「RSI」の70%の意味と設定方法と使い方

(更新:2018年09月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「RSI」のお話、しつこく今回もやります! MT4とMT5で「RSI」を表示させると、点線も出てきます! 「30%」「70%」の点線です! 今回は、MT4とMT5でこれを使いこなせるようになりましょう! そうすれば、どんなオシレータにも応用ができますよ。

[続きを読む]

 

短期取引でも有効?上位の時間足の使い方とは!

(更新:2018年09月17日) こんにちは、ミウラです! ハイローオーストラリアのturboのような短時間取引では、 1分チャートを見るのが中心で、1時間足や日足などを見ることは少ないと思います! ミウラも一時期は、一切不要と考えていたこともありました! ただ、最近になって、 やっぱり上の時間足も見ておいたほうがいいのかなと思うようになっています。

[続きを読む]

 

もうひと押し利益を積み上げたい!そんなときにはスプレッドもアリ?

(更新:2018年09月09日) こんにちは、ミウラです! ここまで5戦限定法や連続トレードなどを組み合わせ、 リスクとリターンのバランスをうまくとりながら稼ぐ方法を研究してきました! さらにここから利益をもうひと伸びさせたいところですが、 なかなかそんなうまい話は見つからない、というのが現実です! しかし、ひとつだけ、ここまで組み合わせていないやり方がありました。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ボリバンで見るトレンドフォローとブレイクアウト

(更新:2018年09月05日) Tボーンです! イギリスでは、またメイ首相がケンカに巻き込まれている! それでポンドが下がった! EU離脱問題はしつこいな! 今日もハイローオーストラリアにログインしよう! MT5のチャートはポンド/円(GBPJPY)の日足だぞ! 下がっているな! そんなメイ首相の要人発言があったが土日は市場が休みだ。

[続きを読む]

 

初心者でも少しずつみていけば、ハイローはできるんだ!

(更新:2018年08月30日) Tボーンです! 昨日、YouTubeで日本の証券会社の動画を見ていたんだ! そこに「初心者だから専門用語ばかりでわからない」というコメントが書かれていた! Tボーンもそうだったことを思い出したぞ! とにかくMT5を開いて、ハイローオーストラリアにログインしよう! ふだん、ローソク足ではなく平均足で見ているんだ。

[続きを読む]

 

じっと見つめることは恋愛でもハイローオーストラリアでも大切だ!

(更新:2018年08月21日) Tボーンです! 特にこれといった恋愛はしていないが、 じっとチャートを見つめることは美人の目を見つめることくらい大切だぞ! ポンドは先週もトルコのせいで下がった! それでも今日月曜は、トルコが長期休暇に入ったのもあり、動きが鈍い・・・ これはMT5で見たポンド/円(GBPJPY)の日足だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top