Home » 攻略法 » 0ライン通過後の世界・・・唯一の道しるべは平均足!?

0ライン通過後の世界・・・唯一の道しるべは平均足!?

更新:2019年01月17日

こんにちは、ミウラです!

平均足の良いところのひとつに、

他にヒントがない状況でも機能する、という特徴があります!

ボリンジャーバンドと平均線のクロスなどをこなしたあと、さらに上昇や下降が続く相場では、

判断の手がかりがなく、トレードを継続することができません!

そんなとき、平均足はとても役に立ちます

今回は、他のシグナルが使えそうにないとき、うまく平均足を使って勝とう、というお話です。

目次

〇 MACDシグナルが0ラインを通過したらストップ


これまでのトレードでは、

MACDのシグナルが0ラインを通過したら、トレードをストップすべきであると紹介してきました。

MACDシグナルの0ライン突破は、トレンド継続の確認という意味合いがあります。(注1

しかし、実際には、ここから逆向きの動きが多くなります。

というのも、このあたりから利益確定の動きが出始めるからです。

熟練したトレーダーは、一度に利益確定をせず、小出しに利益確定を行います。(注2

そのため、上昇や下落が続くものの、陽線と陰線が混じりやすくなるのです。

特にスキャルピングの比重が大きい1分チャートで、その傾向が強いです。

なので、連続トレードでは、ここでトレードをストップすべきなのです。

〇 MACDシグナルが0ラインを通過したあとのトレード


ただ、とても強いトレンドが出ているときは、

そうした利益確定を飲み込みながらも、上昇や下降を続ける場合があります。

このチャートでは、MACDが0ラインを通過してからも上昇を続けています

そのあとは、25分線と200分線のクロスくらいしか、トレードのヒントがありません。

こんなときでも平均足を使って、うまく負けを回避しながら、トレードを継続することができます

〇 実践編


さて、実際にトレードをしてみましょう。

MACDとシグナルがゴールデンクロスしたので、ここから上昇と判断。(注3

ひたすらhighで連続トレードをしていきます。

この時点でMACDが0ラインを上回りました。

とりあえずトレードはストップ

スコアはこんな感じです。

普通はここから待機して、MACDとシグナルがデッドクロスするのを待ちますが、

今回はさらにhighでのトレードを狙います

その理由は、MACDが浅い位置で反転して上昇に転じていること

長期の上昇相場ではよくあることで、ここはいわゆる「押し目」に相当します。

深い位置で反転している場合は、0ライン突破で力尽きやすいのですが、

今回は0ライン突破後も上昇が続くと予想しました。

0ライン突破後は、少し足踏みする恐れがあるのでちょっと待機。

ボリンジャーバンドと平均線のクロスは既に完了しており、これ以降は手がかりがありません。

平均足のみが、この先の道しるべになります。

本体より長い上ヒゲがついた陽線が出たので、そのあとの下げを予想して待機。

じゅうぶん下げたこのタイミングからhighで入ります

先程のエントリーで勝ったローソク足がここです。

さらに連続でエントリーしていきたいですが、また、長い上ヒゲがついています。

下げを予測して、次のローソク足はエントリーを見送り

じゅうぶん下げたのを確認してから、ふたたびhighでエントリーします。

これも勝ちましたが、今回も長い上ヒゲが・・・

次のエントリーを見送ったところ、急落し始めたのでトレードはここでストップです。

このままいけば、MACDとシグナルがデッドクロスして、下げのターンが始まるでしょう。

思ったよりも上昇が続きませんでしたが、2勝分を追加できました。

トータル5勝1敗でまずまずの結果だと思います。

〇 0ライン通過後は慎重に


MACDシグナルが0ラインを通過したあとは、

トレンドが継続するとしても、少しずつ上値を切り上げ(下値を切り下げ)ていくようなチャートになりやすいです。

連続トレードのように決め打ちでどんどんエントリーするのではなく、

平均足をよく観察しながら、慎重に勝てる部分だけをピックアップしていくほうがよいでしょう。

また、逆向きの動きが急激に出始めると、トレンドが終了した可能性が高まります

流れに逆らわず、手仕舞いをして待機し、次のMACDクロスを待ちましょう

■■■■脚注■■■■

(注1)MACD 売買ポイント②(マネックス証券)
(注2)投資初心者のための初めての利益確定入門 「全て売り!」の発想から卒業し「部分的に売る」(楽天証券)
(注3)ボリンジャーバンド・MACD 図5 MACDとシグナルのクロス(外為オンライン)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top