Home » 攻略法 » いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

更新:2020年01月06日

こんにちは、ミウラです!

これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、

その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした!

例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面!

ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、

描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

平均線が平均線を上に抜き去るのはゴールデンクロスという上昇トレンドのサインです。

※ ゴールデンクロス (大和証券) (注1

本来、上昇トレンドであるならば、highでエントリーするところ、

ミウラの運用ではLowで入ることになります。

そして、実際にそこからレートは下がっており、Lowが正解となります。

これは世間的にはダマシと呼ばれる現象ですが、

※ だましとは (みんかぶFX) (注2

よく検証してみると、ダマシとされる方向のほうが正解であることが多々あります。

今回は、このダマシという現象をどう上手に利用するかについて、検討していきます

ミウラが用いる手法の多くはこの考え方に基づいているので、

これまでの手法についても、より理解しやすくなるはずです。

目次

〇 チャートのサインはダマシのほうが多い

書籍やネットでは多くのチャートの売買サインが紹介されていますが、

そのとおりにトレードしてもなかなか勝てないのがみなさんご存知のとおりです。

もっとも基本的なサインは、平均線のゴールデンクロス・デッドクロスですが、

ゴールデンクロスで上昇トレンドのはずが頭打ち、

デッドクロスで下降トレンドのはずが下げ止まり、

このような現象は日常的に起きています。

以前にゴールデンクロスの成功率を気長に数えた人がいましたが、なんと成功率は3割でした

これは極端すぎる例かもしれませんが、

トレンドのサインに素直に従うよりは、

逆張りしたほうが成功しやすいのでは・・・?と思ってしまうような結果です。

〇 サインどおりの動きになっても逆方向への圧力はかかる


ゴールデンクロス・デッドクロスにまつわる動きでもうひとつ注目したいのは、

サインどおりの結果になったときでも逆方向への圧力が必ずかかる、ということです。

これはゴールデンクロスが成功した場面ですが、

クロス付近で上昇が一服しているのがおわかりでしょうか。

このように上昇トレンドに無事、乗ったケースでも下方向に振れる動きが出ます。

バイナリーオプションの短期取引では、この一時的な下ブレでもじゅうぶんに勝機があります。

よって、ゴールデンクロス・デッドクロスの成功、失敗を問わず、

サインと逆の方向に買えば、勝てる可能性がかなり高くなるのです。

これは移動平均線をはじめ、トレンド系のインジケータ全般で起きやすい現象なので、

他のトレンド系指標でも活用が可能です。

〇 オシレーター系はダマシになりにくい


一方でオシレータ系のインジケータでは、ダマシが発生しにくい傾向があります

オシレータ系の代表的なインジケータであるMACD(トレンド系に分類されることもあります)ですが、

MACDとシグナルのデッドクロスは下げトレンドのサインです。

※ 売買ポイント① (マネックス証券) (注3

そして、このサインが出ると、きちんと下げることが多く、ダマシはあまり発生しません

これはRSIなどほかのオシレータ系でも同じ傾向にあります。

〇 オシレータ系はサインの出現が早い


ダマシが少ないと書くと、オシレータ系のインジケータのほうが優秀であるように見えてしまいますが、

ダマシが少ないのはインジケータの精度が理由ではありません。

MACDのもうひとつのサインを見てみましょう。

MACDシグナルが0ラインを割り込んだところは、

さらなる下げのサインとして追随売りの目安になるとされています。

※ 売買ポイント② (マネックス証券) (注4

ところがチャートはそこで下げ止まってしまっており、下げのサインはダマシとなっています。

この部分のサインはダマシになる可能性がとても高く、

これまでのバイナリーオプションのトレードでも幾度となく、このダマシを利用して逆張りをしてきました。

最後の下げトレンド確認サインなので、このあとはもう上げるだけ、という解釈ですね。

つまり、オシレータ系であってもダマシになるサインはあります。

MACDの最初のサインがダマシにならなかったのは、サインの発生がトレンド系よりも早いからです

MACDシグナルの0ライン突破のような後で出るサインは、やはりダマシになりやすいのです。

オシレータ系でダマシを前提にトレードする場合は、あとに出るサインに照準を絞りましょう。

〇 インジケータごとの調整は必須


トレンド系、オシレータ系とわけて、ダマシの出やすさを比較してきましたが、

実際にどの程度ダマシになるのかはインジケータによって差があります。

また、インジケータによってはダマシを当てにできないケースも存在します。

その代表的なものがDMIで、

これはトレンド系に分類され、本来は+DIと-DIのクロスが売買サインです。

※ DMIの利用方法 (FXブロードネット) (注5

しかし、このサインがなかなかあてにならず、しかもダマシになるかというとそうでもないという、

なんとも使いにくいサインになっています。

ADXの高まりを確認する、というのが王道のやり方ですが、

ADXもどの水準まで上がればOKとするのか、など課題があります。

これも独自手法になりますが、

上がった+DIや-DIがADXに追いつかれて抜き去られるところで逆張り

というのが一番バイナリーでは勝ちやすいです。

トレンド系、オシレータ系とダマシの出方にそれぞれ特徴はあるのですが、

最終的にはきちんとインジケータごとに調整を加えてから活用しましょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)ゴールデンクロス (ごーるでんくろす)(大和証券)
(注2)だまし とは(みんかぶFX)
(注3)MACD(マネックス証券)
(注4)MACD(マネックス証券)
(注5)DMI (Directional Movement Index)(FXブロードネット)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top