Home » 攻略法 » ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

更新:2020年01月08日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

ハイローオーストラリアではできないものもありますが、

たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう!

せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います!

12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

目次

〇 エキゾチック通貨とは


エキゾチック通貨というのは、マイナーな通貨のことです

でも、ここではあまりにもマイナーなものはやめて米国に関係するメキシコペソなどを取り上げます。

スワップが多いというので、国内業者さんがよくお勧めしていますね。

・トルコリラ/円(TRYJPY)
・メキシコペソ/円(MXNJPY)


ハイローオーストラリアではできないのですが、

米ドル/トルコリラ(USDTRY)はXMなどの海外FXにあります

※エキゾチック通貨とは (注1

〇 トルコリラ/円(TRYJPY)の2016年


上がトルコリラ/円の日足で、黄色い数字の「1」のところが1月2日のフラッシュ・クラッシュです。

ボリンジャーバンドは「1」と「4」の急落のとき以外に広がりがありません。

最後の「5」のところで狭かったあと広がりエキスパンションが起きて、チャートがまた下がっています。

すっと落ちて、コツコツと上昇しまた落ちる、という新興国通貨独特の動きですね。

「3」と「4」から始まるトレンドライン(サポートライン)が一時的なサポートに見えますが、

「2」の下降トレンドライン(レジスタンスライン)を引きのばしてみると、

そこを上抜けることができずに終わっています。

「5」の少し前で上抜けそうだったのですが失敗したことから、

次の下落の強さを予感させますが、どうなるでしょうか。

スワップは魅力的だけど、なんだかやりたくないというのが本音です。

※チャートはトレーディングビューより (注2

〇 メキシコペソ/円(MXNJPY)の2016年


この通貨ペアも、1年のスタートの日は1月2日のフラッシュ・クラッシュです。
(フラッシュ・クラッシュのヒゲはトレンドラインを引くときに無視しました)

「1」がそれで、そこから上昇、4月から下降トレンド、とリズミカルに動きました。

今は「3」のレジスタンスラインを超えた10月から上昇トレンドになっていると判断できそうです。

また、ボリンジャーバンドは広がったと思ったら狭まるという、

こちらもある程度のリズムを持っているように見えます。

12月の今、ボリンジャーバンドは広がっているので、

もう一度狭くなってから広がりだすのを待っても良さそうですね。

ボリンジャーバンドの中心線(ミドルライン)か「4」のサポートラインに触れば、

押し目買いの大チャンスになりそうです

2020年になってからかもしれないですね。

それに、今は落ち着いている政治的要因に何事もなければの話になります。

〇 トルコリラのファンダメンタルのポイント


トルコといえばインフレというくらいに大きかったインフレ率も、25%から10%前後に落ち着きました

トルコ経済そのもので不安な材料はあまり聞かなくなったのですが、政治問題は長く続きそうです。

ここでは書ききれないほど複雑で多くの問題がありますが、

ヘッドラインによく出てくるのはロシアからS-400というミサイル装備を購入して米国ともめたというもの

このような話題は、トランプ大統領やエルドアン大統領の急な発言ひとつで為替にも影響を与えそうです。

※トルコのインフレ率のグラフ(みんかぶFX) (注3

〇 メキシコペソのファンダメンタルのポイント


メキシコも国境の壁問題があったはずですが、あまり注目されなくなりました。

米国が中国に対して関税をかけるという話題のほうが大きかったようです。

国としては経常収支が改善したりで経済状況はよさそうです。

11月に政策金利を引き下げたことや財政政策の計画も良い影響になっています。

金利が減るのはスワップ派には悲しいですが、トルコリラよりは……という気持ちにはなります

無理してスワップ狙いをする必要はないのですが(笑)

※メキシコが政策金利を引き下げ (注4
※メキシコの経常収支、黒字へ(ロイター) (注5

〇 まとめ


1年間の日足をボリンジャーバンドとトレンドラインで見てみました

テクニカル分析の基礎知識は下のリンクをみてくださいね。

※参考記事:「トレンドラインの引き方」 https://www.australiahighlow.com/article/53
※参考記事:「ボリンジャーバンドとエキスパンション」 https://www.australiahighlow.com/article/122

これは一個人の分析で、投資は自己責任でして欲しいのですがテクニカルの勉強の参考にでもなればうれしいです。

また、上がる下がるは当てものではなくトレードの補助の考え方にすぎません。

では、読んでいただきありがとうございました(*´▽`*)

■■■■脚注■■■■

(注1)エキゾチック通貨(カブドットコム証券)
(注2)tradingview
(注3)トルコ・消費者物価指数 (みんかぶFX)
(注4)メキシコ中銀が政策金利を0.25%引き下げ(みんかぶFX)
(注5)メキシコ第3四半期の経常収支、2期連続で黒字(ロイター)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top