Home » 攻略法 » エンベロープに平均線をプラス!この一手で手法は完成する!

エンベロープに平均線をプラス!この一手で手法は完成する!

更新:2020年05月01日

こんにちは、ミウラです!

エンベロープを使ったバイナリー攻略法を紹介するようになってから、

もうかなりの期間が経ちました!

ここまでの解説で、だいたいどのようにエントリーしていくかが掴めたと思います!

そこで今回は、このエンベロープに最後の一手を加えることにします。

実はこの手法がエンベロープの本命なのですが、チャートが少し見にくくなることもあり、

エンベロープを使ったエントリーに慣れるまで表示させていませんでした。

エンベロープの使い方に慣れた今なら、戸惑わずに判断できるでしょう。

では、早速、その追加されるインジケータを見ていきましょう。

目次

〇 追加するのは平均線

ここまでで紹介したエントリーすべきタイミングは、

エンベロープに触れた瞬間でした。

エンベロープは元は移動平均線なので、移動平均線と同じように支持線や抵抗線として機能します

※ 移動平均線の意味 (FXブロードネット) (注1

このようにエンベロープの上で展開するケースでは、

黄色い丸のところでhighでエントリーすれば簡単に勝てます

ただ、かなり強いトレンドでないと

このようにエンベロープの上で推移するような動きにはなりません。

一番多いのが、このようにエンベロープの中で推移するパターンです。

これでは上のエンベロープに落ちたときにhighで入るという手法は通用しません。

また、下のエンベロープにも接触していないので、そこで拾うこともできず、

トレンド終了まで一切手出し不可能、ということになってしまいます。

そこで平均線を追加してみると、この通り。

エントリーできるポイントが激増します

平均線のパラメータはエンベロープと同じ。

つまり、エンベロープの元になる平均線を表示するということですね。

※ エンベロープ(マネックス証券) (注2

そして、気をつけることは、パラメータを始値(Open)で計算することです。

これもエンベロープと同じで、最新のレートに影響されて細かく動くのを防ぐためです。

エントリーするタイミングを測るものなので、固定されているように設定します

〇 どのラインで入るのかを選択しないといけない

このように追加するインジケータはとても単純なものなのですが、

これまで表示していなかったのには理由があります。

今回、移動平均線を追加したことで、エントリーできる地点が大幅に増えたわけですが、

エントリーできるポイントが増えたということは、

どこでエントリーすべきかを選択しないといけない、ということでもあります。

上エンベロープ、平均線、下エンベロープのどれで入るかを状況に応じて選択しないといけません。

選択を誤れば、エントリーできずに終わったり、負けが増えてしまうことにもなります。

平均線を増やしたぶんだけ判断を多く求められるので、これまでは表示していなかったというわけです

〇 具体的な判断例

では、具体的な判断例を見てみましょう。

エンベロープのクロスによる、反転の強いサインが出ています

普通ならこのまま下降トレンド入りなので、手出しを控えてもいい場面ですね。

ただ、反転する前後では、同じ水準の高値を何度も攻める現象が頻繁に起きるので、

それを狙ってHighでの勝ちを狙いに行きます

今回は上エンベロープではなく、平均線のところまで落ちるのを待ってHighでエントリーしました

既にMACDシグナルが0より上に来ており、過熱感があったことが判断の最大の理由です。

また、下エンベロープに落ちるまでは待ちませんでした。

この状況で下エンベロープまで一気に落ちるパターンだと、下げが強すぎるということになり、

そのまま一気に下降トレンドに突入する可能性があるからですね。

以前にHighからLowにドテンするときに目安を、

エンベロープの下まで突き抜けて引けたこと、としましたが、それと同じような考え方です。

結果は、かなりシビアでしたが、勝ちを取れました。

チャートではこのような感じになっています。

平均線が支持線になって再度、上を攻めているかたちですね。

平均線を消してみるとよくわかるのですが、

この場面では下エンベロープに到達していないので、

平均線を表示していないとエントリーできるポイントがありません

このように平均線を追加することで、

今までは拾えなかったポイントを多数、キャッチできるようになります


〇 より細かい判断が求められる

この平均線の追加で、エンベロープの使った手法はほぼ完成ということになります

平均線が増えたことで、エントリーできるポイントは一気に増えるのですが、

ここで入るべきか、スルーすべきか、など、より細かい判断を要求されるようにもなります。

今回のようにMACDを参考にする他、以前に紹介した高値・安値に注目するなどして、

丁寧な判断を心がけましょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)テクニカルチャート講座(FXブロードネット) 
(注2)はじめてのテクニカル分析(マネックス証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【投げる】【こなす】の意味とハイローオーストラリアでの使い方

(更新:2020年05月29日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「ハイローオーストラリアってなに?FX?」 「検索して勝ち方を見てもなにを言っているかわからない!」 「専門用語だと思って調べてもどこにも意味が書いてない」 悩みは尽きませんね! 今回も「誰もちゃんと教えてくれない用語」の意味です。

[続きを読む]

 

やはり最終目標は連勝狙い!エンベロープトレードで美味しい場面とは?

(更新:2020年05月28日) こんにちは、ミウラです! エンベロープ+中央に平均線というのが今のチャート構成ですが、 最終的に狙っていきたいのは、やはり連勝で稼ぐスタイルです! 後から平均線を追加したのもエントリーのチャンスを増やすためですね! 前回でお話しした長いスパンでチャートを眺める、という部分も、 連勝を狙うタイミングを見定めるのに役立ちます。

[続きを読む]

 

海外FXと国内ノックアウトオプションの気になるところだけ3つ比較

(更新:2020年05月27日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)やiFOREXは海外FXと呼ばれ、 レバレッジの高さと損失額を限定できるのが主な魅力です! ところで最近、まったく同じ魅力を持ったとされる国内FXのオプションを扱う業者が増えました! 今回は、特に気になる部分だけを比較してみます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

いよいよライン引きを教えることになった!

(更新:2020年05月22日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリア初心者の友達に教えていることをここでも書いているんだ! テレワーク中にハイローオーストラリアをしてはいけないが、家で過ごす時間は充実させたいよな! MT5でチャートを見るぞ。

[続きを読む]

 

スプレッドありでもペイアウト率2.2倍は嬉しいよな

(更新:2020年05月11日) Tボーンです! ハイローオーストラリアのHighLowでペイアウト率2倍キャンペーンは終わってしまった! それでもTurboで1.95倍は嬉しいな! Turboスプレッドはなんと2.2倍だ! ドル/円(USDJPY)のスプレッドが今は0.2pipsだった。

[続きを読む]

 

今回はすこしレベルアップして移動平均線を使おう

(更新:2020年04月24日) Tボーンです! 2020年1月から流行している新型コロナウイルスのせいで収入が減った友達のために ハイローオーストラリアを教えているんだ! もちろん、給料のように毎月一定額の利益があるというものではない。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top