Menu
Home » 攻略法 » よりアグレッシブに攻めたい人に!あえてフィボナッチの間隔を狭くする

よりアグレッシブに攻めたい人に!あえてフィボナッチの間隔を狭くする

更新:2020年07月29日

こんにちは、ミウラです!

数回にわたってフィボナッチの使い方を解説してきました!

フィボナッチは、目標となるレート水準を示してくれることから、

近い方の(目標レート)ラインに引き寄せられる、という考え方がメインなのですが、

ライン同士の間隔が広いとトレードしづらい、という側面もあります

※ フィボナッチ・リトレースメント近辺には新規注文、損切り注文が眠っている(外為オンライン)(注1

そこで今回は、よりアグレッシブに攻める方法を紹介していきます。

時々、負けも挟みますが、ハマれば連勝も狙えますので、

積極的に攻めていきたい、という方は参考にしてみてください。

目次

〇 フィボナッチの引き方を変える

これまでは、できるだけ広い範囲の高値と安値を完全にカバーするかたちで

フィボナッチ・リトレースメントを使っていました。

しかし、これではライン間の間隔が大きくなり、トレードしづらいです。

よって、今回のラインは、直近の高値と安値を結んでラインを引くことにします


まずは、1分チャートを最小まで縮小しましょう。

ここで全体の傾斜も確認しておきます。

この場面では、下向きかな?ということを確認しておきます。

確認程度で大丈夫、エントリー方向はその都度切り替えるので、

このトレンド方向には縛られないです。

この確認により、安値を0%、高値を100%にフィボナッチを描くことを決定します

先述のとおり、結ぶ安値と高値は直近の短い区間となります。


短い区間で引くと、ラインの間隔が狭く、連続したトレードに利用しやすくなります。

また、MACDも併用するので表示しておきましょう

これは非常に役立ちます。

〇 MACDでトレンドの節目を確認する

どこから入っても良かったのですが、

念の為、現在の挙動を確認するためにしばし静観。

そして、トレンド転換の節目が訪れます


参考にするのはMACDです

MACDシグナルが0を超えたところで、上昇が下降に転じる可能性が高くなります

シグナルの0突破は、最後に出現する上昇トレンドのサインです。

※ 第十三講:MACD(FXプライム)(注2

長い時間足ではダメ押しの上昇トレンド確認サインとなるのですが、

細かいスイングを繰り返す短期の時間足ではここが上昇のピークになりやすく、

トレンド転換の節目になりやすいです。

よって、ここからはLowで入ることをメインに考えていきます。

現在、38.2%ラインのほうに近いので、上に引っ張られやすい状況ですが、

MACDによる転換サインが出た直後なので、下げやすいと判断しました


ですが、このLowは失敗・・・

入るのが一本早かったようです。

〇 負けはある程度まで許容する

このように多少の負けは挟みますが、これは許容範囲内。

気にせずにエントリーを続けます。


負けの次のローソクが陰線となり、23.6%に接近しました

23.6%にこのまま向かうと考えてLowで入って勝ち


23.6%を上回りましたが、近いほうの23.6%に引き寄せられると予測して、

Lowで入って2連勝


さらにその次の大陰線の勢いを見てLowで入って勝ち。

ただ、これはギリギリでした。

23.6%のほうがまだ近い水準だったので、控えても良かった場面です

〇 柔軟に上下を入れ替える

実は0%には到達できないであろうことは、事前にある程度わかっていました


MACDシグナルが、ふたたび0を割り込みそうだったからですね。

これにより、下降トレンドは上昇に転換する可能性が高まりました。

ここから狙いをHighに切り替えます

柔軟に上下を切り替えるのが連勝のコツです。


陰線が出たのを見て、23.6%に近いことを確認してからHigh。

さらに1勝を追加。


もう一度、陰線が出たので同じようにHighで入って勝ち

しかし、ここで大陽線が出現。

38.2%を超えていきました。

こういう大きな動きが出ると、少し場が荒れてイレギュラーな動きが出やすくなります

念のためにここで終了。

もっとガツガツ行きたい方は、50%オーバーあたりまで攻めてもよいでしょう。

〇 フィボナッチは目標地点を示す

フィボナッチ・リトレースメントは、多くのトレーダーが意識する水準を示すもので、

チャートがこれから目指すであろう目標地点を示す指標です。

市場がどちらに向かいたがるのかをわかりやすく示してくれるので、

上か、下かを予測するバイナリーとはけっこう相性が良かったりします

今回の方法は、ローソクの始値からエントリーするため、

十字線に弱いという相変わらずの弱点はありますが、

動きが出やすい場面では、安定して連勝を積み重ねられる手法となるでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)第6回 フィボナッチ・ピボット (外為オンライン) 
(注2)テクニカル教室(FXプライム) 

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン一覧、3つのコマ(これだけ日本語w)

(更新:2020年09月24日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! トレーディングビューの新しいローソク足インディケータが、 英語で書いてあるのでわかりにくいと思ってこのシリーズを書きました! 最終回は、なぜか日本語で名前が出ているコマ足を解説します。

[続きを読む]

 

フィボナッチの賞味期限切れ問題をどうする?その対策はコレ!

(更新:2020年09月23日) こんにちは、ミウラです! 前回は、 フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・ファンを両方とも長期スパンで使いました! こういう使い方では、 ラインの間隔が広いのでこれからローソク足がどちらの方向へ進むのかを知ることができます! ただ、この運用法にはひとつ、大きな欠点があります。

[続きを読む]

 

【メンタル難民を助ける!】読みながら一瞬でできるアンカリング

(更新:2020年09月16日) こんにちは! 『心理学を専攻し臨床心理士を目指すも挫折した過去を持つファイナンシャルプランナー』 海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダー仲間のうち、 メンタルをどうしたらいいか悩んでいるメンタル難民は多いはず! そこで今回はアンカリングの説明です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

【流動性とは】株式を想像するとわかりやすいぞ!

(更新:2020年08月31日) 初心者の味方Tボーンです! 8月25日、いつものようにポンド/円(GBPJPY)をトレードしたいたんだが、 スマホのアプリが経済指標の発表を通知してくれた! 午後5時のifoという経済指標はユーロにとって重要なんだ。

[続きを読む]

 

トンボは夏も飛んでいる!チャートにもいるぞ

(更新:2020年08月21日) 初心者の味方Tボーンです! それにしても米雇用統計のときのドル/円(USDJPY)はいつも行ってこいだな! 今回も上がったがすぐ下がった! あとで見れば結局上がるのにな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top