Menu
Home » 攻略法 » 単純明快さが強み!フィボナッチ・ファンを使ったシンプルトレードとは?

単純明快さが強み!フィボナッチ・ファンを使ったシンプルトレードとは?

更新:2020年08月26日

こんにちは、ミウラです!

フィボナッチ数を利用したチャート分析法はリトレースメントがメジャーですが、

その他にもいくつかバリエーションがあります!

フィボナッチ・ファン、アーク、グリッド、エキスパンションなど、

どれも特徴的なものが揃っています!

今回は少しリトレースメントから離れて、

いつもとは違った分析法でのトレードに触れてみたいと思います。

もっとも単純なものを紹介しますので、誰にでもすぐに実戦投入ができます。

目次

〇 フィボナッチ・ファンとは

今回扱うのは、フィボナッチ・ファンというインジケーターです


フィボナッチ・ファンは、リトレースメントと同じように高値と安値を結んで描きます

38.2%、50%、61.8%という数字を伴った3本のラインが自動で描かれ、

これらがサポートやレジスタンスとして機能する、というものです。

※ フィボナッチファンとポイント(ヒロセ通商)(注1


しかし、画像を見ると「ぜんぜんサポートになってないじゃないか!」という感じですね。

フィボナッチ・ファンもリトレースメントと同じように厳密なサポートやレジスタンスとなるわけではありません。

ただ、抜けたらいったん下げが一服する、といった、トレンドの目安としては機能しやすいです。

画像でも、いちおう61.8%に沿ってもみ合う動きをしており、

このあたりで攻防があったんだな、というのはわかります。

フィボナッチ・ファンもリトレースメントと同様に、通常は長いスパンの時間足で使われることが多く、

より大きな時間の中で最終的にはサポートやレジスタンスとして機能する、 といった、おおまかな目安なのです。

※ フィボナッチを使った分析法(外為オンライン)(注2

この、おおまかな目安である、ということを踏まえて、

フィボナッチ・ファンを短期バイナリーに組み込んでみます。

〇 短期バイナリーへの応用

フィボナッチ・ファンをどのように短期バイナリーに応用していくかですが、

きわめてシンプルな運用法となります。


このように、最新のローソク足付近の高値と安値でフィボナッチ・ファンを描きます

本来、長いスパンで運用するフィボナッチ・ファンの扱い方とは真逆の方法ですが、

こちらのほうが単純な運用がしやすく、瞬時の判断に困りません。


基本的な方針は、

「ファンをすべて、しっかりと割り込んだところでトレンド方向にエントリーする」というものです。

3本のラインがあるのですが、短いスパンで描くので束のようになりやすく、

3本をそれぞれ区別する意味合いは薄いです。

たいてい、3本まとめて通過されるので、

すべてのファンを割り込んだところでエントリー、というのがもっとも 合理的。

しかも、どの38,.2、50、61.8のどれで入るか、と悩む必要がありません。

シンプルというのはこの部分のことですね。


しっかり抜けたのを見て、Highで入るとこの陽線を取れます

そして、同時に高値を更新していますね。

高値が更新されたら・・・


すぐに新しいフィボナッチ・ファンを描きなおしていきます

この時点でもう次の高値が更新されているので、また描き直し。

このようにどんどんと新しいファンに乗り換えて、トレードを繰り返していきます

〇 実践例

では、実際のトレードはどのような感じなのか見ていきましょう。



先ほどの場面からさらにファンを描き直し、ローソクがファンの下に出ました

ここでHighで入ります。

本当はファンの下にしっかりと抜けきることが理想です

トレンドが弱いと感じるときは、もう一本、陰線を待つという選択もありえます。

今回は、上昇のクライマックス部分(エンベロープで下げサインがもう出ている)だと判断し、

天井付近でもみ合うのでそこまでは下がらない、と予想して、早めにエ ントリーしました。


この予想が当たって勝ち

ファンをしっかり抜くのを待つか。

それとも少しでも下回ればゴーサインを出すのか。

この判断がファンを使ったトレード最大のポイントです

見極めにはさまざまな要素が絡んできますので、ここからいろいろ紹介していこうと思います。


さらに高値を更新したので、強引にファンを描き直し。

正直、もうエンベロープのクロスなど下げサインも出ているので、ここまで攻めなくてもいいとは思います。

ただ、上昇が強そうだったので、下げを開始する前に天井でのもみ合いが長引くと考えました。

そのもみ合いの中での上昇を拾おうとHIgh


2戦目もなんとか勝ち。

今回もしっかり下げるのを待たなかったのですが、これにも理由があります

すでに天井付近なので、ここでしっかりとした陰線が出た場合、

それは下降トレンドへの転換が濃厚だからです

なので陰線を待つ意味はない、という考えもありました。

さすがに限界っぽいのでここでストップ。

このあとチャートは下げに転換しました。

下げでもフィボナッチ・ファンで追いかけることができます。

続行したい方はLowで入っていきましょう。

〇 単純明快さが武器になる

今回のトレード法は、どちらかといえば正当なフィボナッチ・ファンの使い方とは異なります

本来は長めのスパンで使い、リトレースメントなどを組み合わせるのが王道です。

ただし、短期トレードではそれだけ厳密にやってもだましが多く、あまり効果的でない場面がよく見られます

それよりは、今回のように、高値と安値を結ぶだけで簡単に押し目、戻りを示してくれるインジ ケーターとして、

トレードに活用していくほうが短期トレードでは効果的です。

ちょっと荒っぽい使い方ですが、

単純明快という強みを生かして、テンポよく勝ちを積み上げていきましょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)フィボナッチ・ファン(ヒロセ通商) 
(注2)初心者でもわかる!実戦チャート術(外為オンライン) 

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン一覧、3つのコマ(これだけ日本語w)

(更新:2020年09月24日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! トレーディングビューの新しいローソク足インディケータが、 英語で書いてあるのでわかりにくいと思ってこのシリーズを書きました! 最終回は、なぜか日本語で名前が出ているコマ足を解説します。

[続きを読む]

 

フィボナッチの賞味期限切れ問題をどうする?その対策はコレ!

(更新:2020年09月23日) こんにちは、ミウラです! 前回は、 フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・ファンを両方とも長期スパンで使いました! こういう使い方では、 ラインの間隔が広いのでこれからローソク足がどちらの方向へ進むのかを知ることができます! ただ、この運用法にはひとつ、大きな欠点があります。

[続きを読む]

 

【メンタル難民を助ける!】読みながら一瞬でできるアンカリング

(更新:2020年09月16日) こんにちは! 『心理学を専攻し臨床心理士を目指すも挫折した過去を持つファイナンシャルプランナー』 海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダー仲間のうち、 メンタルをどうしたらいいか悩んでいるメンタル難民は多いはず! そこで今回はアンカリングの説明です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

【流動性とは】株式を想像するとわかりやすいぞ!

(更新:2020年08月31日) 初心者の味方Tボーンです! 8月25日、いつものようにポンド/円(GBPJPY)をトレードしたいたんだが、 スマホのアプリが経済指標の発表を通知してくれた! 午後5時のifoという経済指標はユーロにとって重要なんだ。

[続きを読む]

 

トンボは夏も飛んでいる!チャートにもいるぞ

(更新:2020年08月21日) 初心者の味方Tボーンです! それにしても米雇用統計のときのドル/円(USDJPY)はいつも行ってこいだな! 今回も上がったがすぐ下がった! あとで見れば結局上がるのにな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top