Menu
Home » 攻略法 » 名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

更新:2020年10月15日

こんにちは!

いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑)

XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね!

でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、

米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利実質金利のお話をします。

XMのトレードでどう使ったらいいのでしょうか

優良FX【XM】はこちらから!

〇  金利は政策金利が基本ですが


FXをはじめるとすぐに「経済指標」というのを覚えます。

なんの数字かわからなくてもいちおう騒がれているので雇用統計とか見ちゃいますね。

そのような経済指標のうち、政策金利というのは大きいポジションを占めています

各国の中央銀行は、

物価が上がりすぎると政策金利を上げて景気が過熱しないように調整しています。

(最近はおかしいんですが、まあ置いといて)

つまり中央銀行は、物価と政策金利の双方に注目しているのです。

※経済指標 (注1
※政策金利とは (注2

〇  名目金利とは


名目金利の決まった定義はないようです。

ファイナンシャルプランナーの教科書にもさっと書いてあるだけで困った記憶があります。

結局、世の中で金利といわれるほとんどのものが名目金利と呼ばれます

実質金利と比べるときは政策金利をいうことが多いようですが…。

もやっとしますね((+_+))

優良FX【XM】はこちらから!

〇   実質金利とは


先に消費者物価指数についてちょっと解説します。

物価で大切な経済指標は、消費者物価指数です

FXで使えればいいので、すごくざっくりいうと、

「前の月(前の年)と比べて物価は何パーセント上がった?」

という数値です

で、この数値からまたまたもやっとした「インフレ率」というものを出します。

「何パーセントのインフレになった?」

というわけです。

実質金利とは、名目金利からインフレ率を引いた値になります

実質どうなん?ってことですね。

(図のグラフは前年比で出しています)

〇  イメージを掴んでね


イメージを掴みやすくするために、こんなふうに考えましょう。

あるときある国で、こんなことが起きました。

・銀行に預金して、名目金利の0.001%の金利をもらえた。増えて嬉しいな。
・同時にインフレ率(物価の上昇)が2%だ。前ほどたくさん買い物ができない。

この場合、

貯金をしてせっかくお金が増えてもそれ以上物価が上がってしまうので生活が苦しくなります。

もし名目金利が4%だとかで大きいのなら、生活は豊かになり「景気がいい」となりますね

名目金利とインフレ率との差は、良いほうに程よく離れているのが良いのです。

中央銀行は景気をよくしたいと思っていますので、これを気にするというわけです。

(ついでに、もし給料が増えれば物価の上昇は気になりませんから、こちらもFRBは大切にしています。
これが雇用統計が注目される理由です)

※資産価格上昇の起源は「実質金利のマイナス化」 (注3
優良FX【XM】はこちらから!

〇  各国の実質金利をみるときに気を付けること


一番怖いのが「高金利通貨」です

トルコは顕著ですがすぐ物価が上がってしまう国です。

そこで「トルコリラは高金利通貨だから買う」とすぐ考えてしまうと損をしやすいです。

不景気になり、通貨の勝ちも下がりやすいからです

すると、スワップをたくさん貰っても差額で損をしてしまいます。

FOMCなどのニュースをみるときも、

実質金利といっていたらより実際の経済状態に近いんだなと思うようにしましょう。

〇  XMではどう使う?


XMで為替トレードをするときは、

実質金利を見ておくとトルコのように

「ちょっとがんばったくらいでは景気が良くならなさそう」な国を見つけて 長期でショートすることができます

株価指数をトレードするときも、

その国の実質金利を見ておけば株が上昇していても背景がしっかりしているかどうかがわかります。

でもここまでは、分析の話。

実際のトレードでは名目金利や政策金利が「目標の2%に近づいた」みたいなニュースだけで為替も株も動きます

噂で動くというやつですね。

つまり、元の指数からしてもやっとした実質金利はニュースというも

やっとした雰囲気だけで為替を動かしてしまうのです。

このように経済ニュースはもやっとしたまま相場を動かすことがよくあります。

相場格言にも「ニュースで売買するな」というのがありますから覚えておきましょう

優良FX【XM】はこちらから!

■■■■脚注■■■■

(注1)経済指標(YAHOO!ファイナンス)
(注2)政策金利(MUFG)
(注3)資産価格上昇の起源は「実質金利のマイナス化」(東洋経済)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

(更新:2020年10月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります! 今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、 見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です! チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

[続きを読む]

 

急落・急上昇はビッグチャンス!超短期トレードでバイナリーの醍醐味を味わう!

(更新:2020年10月16日) こんにちは、ミウラです! これまでに紹介したフィボナッチ・ファンを使ったトレード以外にも、 さらに短いスパンで勝負する超短期トレードというものが存在します! 精度に少し難があること! そして、トレードの回転が早いので、すばやい状況判断が求められることなどから、 難度は高めです。

[続きを読む]

 

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

(更新:2020年10月15日) こんにちは! いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね! でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、 米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利と実質金利のお話をします。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

フィンセン文書がすっとんだ週末だが為替は平常運転だったな

(更新:2020年10月13日) 初心者の味方Tボーンです! 今、懐かしい平均足を使っているんだ! Tボーンのハイローオーストラリアは、 【トレンドをみてから水平ラインでトレードする】 という基本しかやっていないから、インディケータを変えても使い方は簡単だ。

[続きを読む]

 

ひさしぶりに使った平均足は楽しかった!

(更新:2020年09月29日) 初心者の味方Tボーンです! Tボーンがハイローオーストラリアをはじめたころ、 平均足というインディケータを使っていたんだ! ローソク足でトレードがうまくいかないと悩んでいるなら一度使ってみよう。

[続きを読む]

 

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top