Menu
Home » 攻略法 » 平均線またぎが通用しない?そういうときは原点回帰で!

平均線またぎが通用しない?そういうときは原点回帰で!

更新:2021年02月10日

こんにちは、ミウラです!

フィボナッチタイムゾーンを描く際には、起点となる2点をとる必要があります!

もっとも有力なとり方として、5分線をまたぐタイミングを紹介してきましたが、

この方法ではうまくタイムゾーンを描けない場合があるのも事実です!


この場面では、ずっと5分平均線の下に位置して下げ続けないといけないのですが、

途中で上昇して平均線の上に出てしまっています。

これではタイムゾーンが機能していないと言わざるを得ません

とる2点の位置を微調整する方法も以前に紹介しましたが、それにも限界があります。

そこで今回は、タイムゾーンがうまく描けないケースでの2点のとり方について、

別の方法を紹介します

これで、「うまくタイムゾーンが描けない!」というケースもかなり減らすことができるでしょう

目次

〇 単純に高値付近と安値付近で2点をとる

先ほどの画像でタイムゾーンがトレンドの変化をうまく捉えられていなかったのは、

平均線をまたぐ2点を基準にしてタイムゾーンを描いたからです。


この描き方は効果的な場面も多いのですが、相場によってはズレが発生し、

機能しないことも当然あります。

こういう場合は、

描き方を変えてみることで、相場にフィットしたタイムゾーンを描ける場合があります


このように基準となる2点を変更すると、

タイムゾーンのラインとトレンドの変化がぴったり一致し、予測を立てやすくなります。


この2点のとり方ですが、なんのことはありません。

単純に近辺の高値と安値でとっているだけです。

フィボナッチ・リトレースメントでは、むしろこのとり方が王道です。

一番最初に紹介した方法でもありますので、原点回帰といえますね。

※ フィボナッチ・リトレイスメント活用法(マネックス証券)(注1

ただ、オリジナル要素としては、高値付近、安値付近ならどれでとっても良い、 という違いがあります。

必ずしも最高値と最安値である必要はありません

画像で言えば、四角で囲んだ範囲の高値と安値のどれをとってもよいです。

このようにある程度、とる2点に融通を効かせることができ、

現在のチャートのフィットしたタイムゾーンを描きやすいのが、 この方法の利点です

〇 実践例

それでは、実際にトレードで使ってみましょう。


5分平均線をまたぐタイミングで2点をとりましたが、

上昇するエリアのはずなのに下がってしまっています

描いたタイムゾーンは機能していません。


そこで、直近の高値と安値で2点をとりつつ、チャートの形状にうまくフィットさせます

タイムゾーンによって、トレンドの変化がうまく区切られています。

2~3はちょっと怪しいですが、平均線の下を維持できてるので、

下降トレンドは継続できているとみなしてもよいでしょう。

※ 移動平均線 基本的な活用法(マネックス証券)(注2

だとすると、タイムゾーン3の通過後、トレンドは上昇に転換するはず

そこでHighを狙っていきます。


上昇トレンドだとすれば、ローソク足は平均線の上を維持してくれるはず

平均線の下で引けたところをHighで入って勝ち


次のローソク足も陽線だったので、本格的な上昇に入ったと読んで、

そのまま順張りのHigh

これも勝てましたが、ここでリトレースメント38.2%を達成。

いったんブレーキがかかりそうなので、ここでストップです。

〇  60秒では平均線またぎのほうが有利

この高値と安値の2点を選ぶ方法は、2点の位置を調整しやすく、

現状のチャートにフィットしたタイムゾーンを描きやすい、という利点があります

ただ、やはりメインとなるのは平均線またぎのほうである、というのが ミウラの意見です。


平均線をまたぐタイミングで2点をとった場合、

平均線の下を維持する期間と平均線の上を維持する期間をタイムゾーンでばっちり予測できます

こればバイナリーオプションの60秒トレードにはたいへん有利で、

平均線の上を維持できることがわかっているなら、

平均線を割り込んだところでHighで入れば、たいてい勝てます


しかし、単に高値と安値の2点をとる方法で描かれるタイムゾーンでは、

上昇であっても平均線の下に位置しているケースも当然含まれるので、

平均線の上を維持するという前提でのエントリー法が使えません。

それだけチャンスを逃しやすくなってしまうのです。

〇 まずは平均線またぎを試してから

よって、タイムゾーンの描き方については、

まず、平均線またぎの2点でとってみて、微調整してもうまくチャートにフィットしないときは、

調整のしやすい高値と安値の2点を取る方法を試してみる、というのがおすすめ です

この2通りの描き方を知っておけば、たいていの相場で利用できるタイムゾーンが描けるはず

ひとつの描き方に固執するよりは、柔軟に描き方を変更していくほうが、

ストレスもなく利益にも結びつきやすいでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)はじめてのテクニカル分析(マネックス証券)
(注2)はじめてのテクニカル分析(マネックス証券)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

1~2の区間は予測精度が高い!しかし、実際のトレードでは・・・

(更新:2021年02月25日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチタイムゾーンのトレンド予測は、 先に進むほど精度が悪化する傾向にあります! そこで、一番予測の精度が高い1~2の区間でトレードすべき、となるのですが、 タイムゾーンは0~1の区間を任意にとって描かれるオブジェクトです! タイムゾーンを描くのに必要な2点をとった瞬間からトレードがスタートするため、 他の区間でのトレードとは勝手が違う部分があります。

[続きを読む]

 

二者択一!損小利大を気にしなくてもいいエントリーとは

(更新:2021年02月18日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)トレーダーの仲間の皆さんは 損切り(ロスカット)位置に悩んだことはないでしょうか? 損切り額は減らしたい、でも毎回損切りついちゃって損切り貧乏になってしまう! これは損切りを2つに分けて考えることで解決できます。

[続きを読む]

 

先に進むほど悪化する?タイムゾーンの予測精度を検証!

(更新:2021年02月17日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチタイムゾーンを描くと、最初にとった基準の2点を0、1として、 2、3、5、8という垂直のラインが描かれます! このラインがトレンドが切り替わるタイミングを示しているのですが、 区間によって予測の精度は変わってきます! 最初の区間ほど予測の精度は高く、 あとになればなるほどイレギュラーが発生しやすくなります。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

【AMA】が描くのは高値や安値じゃないが勝てるぞ!

(更新:2021年01月21日) 初心者の味方Tボーンです! 今日も平均足でハイローオーストラリアしているぞ! ポンド/円(GBPJPY)は勝ちやすいと思っているが最近は上下の動きが激しい! EU離脱が完全にできたのだが、こんなときだから派手なイベントもなしに終わったんだ。

[続きを読む]

 

パソコンやMT5の調子がおかしくなったらブラウザだ

(更新:2021年01月14日) 初心者の味方Tボーンです! 最近は初心に帰って平均足でチャート分析をしているんだ! パソコンの調子が悪くてMT5が入っていないパソコンで見ている! こういうときはGoogleクロームやファイヤーフォックスのような ブラウザで見られるチャートを探そう。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top