Home » ブログ » 使えないのかこのオシレーターは!ストキャスティクスをどう見る?

使えないのかこのオシレーターは!ストキャスティクスをどう見る?

更新:2018年06月20日

Tボーンです!

2018年の6月は、同じ週に経済イベントが重なった忙しい月になった!

6月の3周目だが、12日に歴史に残る米朝首脳会談があった!

そして、こんなスケジュールだ!


13日は米FOMC
14日はユーロ圏のECB
15日は日本のBOJ



同じ週に先進国の中央銀行の政策が次々と発表されるんだ!

14日のECBでは、発表後にユーロ/ドル(EURUSD)がすごい下げだった。


※FOMCの政策(6月13日)(注1
※ECBの政策と発言(6月14日)(注2
※日銀の政策運営(6月15日)(注3



1分足にして、気になったところにラインを引いてみた。

朝9時、下げの勢いが止まったようだった。

その9時すぎに、1.568のあたりを上に抜けられず、

価格を触っては下に落ちていたのが気になるんだ。

ハイローオーストラリアにもログインしておこう。

トレードするのは、ユーロ/ドルだから間違えないようにしよう。



1時間経った今、このラインをうわ抜けようとしている。

抵抗ライン(レジスタンスライン)のブレイクという手法が使えるかもしれない。

ただし、動きは不安定だ。

ハイローオーストラリアでバイナリーオプションするなら

3分とか5分とか、すこし長めがいいんじゃないだろうか。


※ラインブレイクとは(注4



しかも、このレンジブレイクはあまり強くなさそうだ。

ストキャスティクスは、しばらく買われすぎの場所にある。

3分の「Turboスプレッド」だと判断したぞ!


※ストキャスティクスとは(注5



「上」でエントリーしよう。

ストキャスティクスのようなオシレーターは、ずっと上にあることがある。

だから、「買われすぎ」と考えて「下」を買いそうになるな。

しかし、ここでは「上」だ!



5~6分するとさすがに、ストキャスティクスも下がり、ユーロ/ドルの価格も下がってきた。

しかし、さっきのエントリーは3分のハイローだったから、勝利しているぞ。

これは、ストキャスティクスを読み間違えなかったから良かった!



ストキャスティクスは強いトレンドのときは、ずっと上か下にあるんだ。

だから安易に「ストキャスティクスが上にあるから下」を買うと失敗する。

今回は、ラインをブレイクした強さをチェックして、「上」にしたんだ。

ストキャスティクスも、ラインブレイクも、「上昇の強さ」を示していたからな!

それじゃあ、仕事に行ってるくぜ!


※逆張り順張り(注6

■■■■脚注■■■■

(注1)FOMC:今年2度目の利上げ決定、年内あと2回に予測上方修正(ブルームバーグ)
(注2)ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨(ロイター)
(注3)当面の金融政策運営について(日本銀行)
(注4)サポートライン、レジスタンスラインとは(みんかぶFX)
(注5)株・FXに今すぐ活かせる チャートの読み方・使い方 - オシレータ系指標(2)ストキャスティクス -(野村證券)
(注6)【順張り】【逆張り】(野村証券業協会)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top