Home » ブログ » ハイローオーストラリアで自分の勝率を出せばテクニカルの優秀さもわかるぞ!

ハイローオーストラリアで自分の勝率を出せばテクニカルの優秀さもわかるぞ!

更新:2017年12月04日

Tボーンです!

涼しい日が増えていいぞ!

ハイローオーストラリアでトレードするときには、チャートの分析が必要だ!

MT4で表示させているテクニカルのうち、

下のほうにあるストキャスティクスを久しぶりに使ってみよう!

ここに入れた黄色い矢印のところは、

ストキャスティクスで重要なラインに触った場所だ。



バイナリーオプションでは、下の線に触ったら「上」と逆張りをする人が多い。

そして、その考えで良さそうだ。

下にある線は「20」のラインと呼んでいたな!
上にある線は「80」のラインだった!


しかし、上の平均足とボリンジャーバンドは明らかに下降トレンドで、

「上」を買っても負けてしまいそうだ。



だから最初にトレンドを確認して、同じ方向を買うようにしたい。

しかし、トレンドが強い時は、ストキャスティクスは上にも下にも触らなくなる。

これではタイミングがつかめないな!



デモトレードで30秒~3分の「Turboスプレッド」をして、勝率を出してみると、

いまひとつだ!

勝率:38.4%

勝率は、

「勝った回数」÷「トレード回数」x100

で簡単に出せるぞ!



次に、

ストキャスティクスがハッキリと「80」のラインを超えてから、

「下」を買うこと
にした。

勝率:72.7%

連続でのトレードもあるから高い数値になっているが、

やはりこの方法は有利なようだ。



しかし、

ストキャスティクスがハッキリと上に行った後に「下」を買うチャンスは少ない!

そのまま強い相場に変わって、

チャートが上昇トレンドに変われば「下」を買うことができない。

さっきからどんどん上昇しているようだ。

ボリンジャーバンドの中心線よりも上に定着したら、

今度は「上」に気持ちを切り替える必要があるぞ!


あせらず待とう!



思った通り、上昇していく!

こんなときはストキャスティクスが下がるのを待っていると

チャンスを逃してしまう。

いつもの順張りで挑むしかないな!

臨機応変なスタンスがものをいうぞ!

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top