Home » 攻略法 » パラボリックの点々は、なんなのか教えます!

パラボリックの点々は、なんなのか教えます!

更新:2019年02月05日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

MT4でパラボリックを表示させたことがありますか?

「点々が並んでて意味深だけど、どう使うの??」と疑問ですね!

パラボリックは「ドテンのタイミングを教えてくれる」という特徴があるトレンド系のインディケータです。

そのしくみと使い方をサクッとお教えします!

目次

〇 パラボリックの点々はどう動いてなにを表す?


パラボリックは正式には「パラボリックSAR」(Parabolic SAR)といいます。

パラボリックのこの点々は

みたとおりチャートが上がっているときは下にあり、下がっているときには上にあります

点々は、毎回1つ前のローソク足(終値)と今の終値を比べています

そして高値を更新すると、その高値に追いつこうと前よりも上に点を描くのです。

そうしているうちに、あるとき価格が下がってきます。

ローソク足と最新の点が交差すると、

「トレンド転換」と判断して点を上側に描き始めて「ここから下降トレンドですよ」と示してくれる

それがパラボリックなのです!!!(下降トレンドでは逆)

それでポジションを反対にするというドテン(途転)のシグナルとなるのです。

もちろん、絶対ではなくレンジ相場だとうまくいきません。

※MT5パラボリック (注1

〇 いちおうパラボリックの計算式です


ささっとみておきましょう。

パラボリックで大切なのは「加速因子」という数値で、点々がどのくらい敏感に動くかを決めています。

意味を一度見ておけば、あとは覚えてなくても大丈夫です。

SARが、いまから出したいパラボリックの値なのですが

ストップと反転というそのまんまの意味になります(笑)

SAR=前日のSAR+AFx(EPー前日のSAR)

AFが加速因子です。

0.02から0.20の間と決まっています

EPは前日までの最高値か最安値です

意味は「前日の高値を更新したら、めっちゃ上に点を描くよ」といったところです。

高値更新と安値更新に、加速的に反応するのですね。

〇 パラボリックはFXではどう使われている?


FXでは、トレンドを確認するためと、それが終わったのを確認するために使います

移動平均線や一目均衡表と同じ感覚で使えますね。

それから、パラボリックの点々をレジスタンスラインやサポートラインのように見てもいいでしょう。

そして、一番の特徴は「ドテンのタイミングを教えてくれる」でしたね。

※トレンドとは (注2

〇 パラボリックが有効な相場と常識の罠


パラボリックはトレンドが出ているときに有効だといわれています。

トレンドレス、つまりレンジ相場のときは使えないとされていますが、

スキャルピングやバイナリーオプションでは使えるんじゃないかと管理人は考えています。

常識は常に疑ってみないといけません。

次で説明しますね。

※レンジ相場 (注3

〇 パラボリックをFXのスキャルピングで使うアイデア


この上のドル/円(USDJPY)の1分足はトレンドがないのでふつうは使えません。

でも「パラボリックが近づいた後ローソク足2本だけポジションを持つ」というようなルール

スキャルピングができるのではないでしょうか。

(そうするとハイローオーストラリアにも応用できそうです)

いまのところ、管理人も思考実験の段階ですから、

次回からハイローオーストラリアの実践で使えるかどうかの検証をしていく予定です。

※スキャルピングとは (注4

〇 パラボリック基礎まとめ


パラボリックの計算式を見るとわかりますが、このオシレータも高値安値の更新を重要視していますね。

チャートを見るうえで最重要ポイントは昔もAIが発達した今も変わらないと思います。

でもオシレータの使い方やトレードアイデアは、多くの人が新しいものをたくさん出して改革していってほしいです!

管理人は最近、明治維新にはまっています。

これも改革でしたね!

はまってからブームは2018年だったと気づいたのですけど(;'∀')

こんな天然な管理人ですが、2019年もよろしくお願いいたします!

■■■■脚注■■■■

(注1)Parabolic SAR(パラボリック SAR)(MetaTrader 5)
(注2)トレンド(とれんど)(東海東京証券)
(注3)レンジ相場(トレイダーズ証券)
(注4)スキャルピング(スカルピング)(カブドットコム証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top