Home » 攻略法 » パラボリックSARを使ってハイローオーストラリア攻略テスト

パラボリックSARを使ってハイローオーストラリア攻略テスト

更新:2019年02月08日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

今回はMT4のパラボリック(SAR)を見ながら実際にハイローオーストラリアでトレードをしてみましょう!

管理人の「パラボリックが交差したらハイローオーストラリアをする」アイデアを検証します。

トレードのテスト方法を知らない方にもおすすめの記事ですよ(^^)/

目次

〇 パラボリックの交差とは?


パラボリック(Parabolic SAR)は、値動きに必死についていくトレンド系のインディケータでした。

日本語で放物線という意味です。

チャートが上昇していれば、下から追いかけながら放物線を描いていきます。

今回テストするのは、

「これがチャートに近づき、 ついに交差したときにハイローオーストラリアをするのはどうだろう?」という手法です。

「交差」というのは上の図のようにパラボリックの点々が上にあったのに下に移った時です。

(下にあったときは上に)

※パラボリックSAR (注1

上の図では、うまくいきそうだった場所に黄色で丸をしてあります。

グレーの丸はダメなときです。

後でみればこうですが、

実際チャートが動いているときにはいつも少し離れているパラボリックがどうなったらエントリーできるのかイメージもわきにくく、

もやっとしますが、あとで詳細ルールを決めていきます。

〇 テストの条件を決めましょう


ではテストの準備です。

今回はMT4の初期設定のままでやってみます。

表示させたパラボリックの上で右クリックをすると、「パラメータ」が選べます。

ここはそのまま「ステップ=0.02」「最大=0.2」にします。

どちらも感度を決めますが、「ステップ」を大きな数値にすると点々の数が減ります

「最大」のほうは数値を0.2よりも小さくすると、角度が小さくなります

通貨ペアはドル円(USDJPY)に決め、1分足を表示させます。

ハイローオーストラリアはクイックデモで、1分のTurboスプレッドです

ゴトー日の仲値前なので、それも意識しながらやってみましょう。

チャンスがあれば連続トレードもします。

※ゴトー日とは (注2
※仲値とは (注3

〇 詳細なエントリールールを決めて、テスト開始です!


パラボリックの点々がどうなったらエントリーするか決めます。

点々が反対側に新たに1つか2つ出ないと、はっきりと交差だとは決まらないので、そこでエントリーにしましょう。

今、上に2つ出ました。

それまでと反対に動くとして「下」を買います

〇 最初のテストの結果は?


残念、うまくいきませんでした

さきほどのシグナルは騙しだったようです。

ちょうど仲値の10時すぎだったこともあり、テクニカルどおり動いてくれません。

気にせず、テストを続けます。

〇 連続エントリーも組み合わせて効率よく進めます


何度か成功、何度か騙し、と続けていましたが、やっと気持ちいい下げがやってきました。

交差の直後には上がっていましたが、そのあと速いスピードで何本も陰線を描きだしました

しばらくは下がると判断して、パラボリックの交差の後も続けてエントリーします

1分足が夢のように10本も20本も続いてはくれませんから、連続も3~4回でやめます。

〇 最終成績は意外と良かった!結果とまとめ


結局、4回連続トレードが成功し、それまでのいまいちの成績を改善してくれました。

実戦でも、チャンスがあればできるだけ連続トレードか投入金額アップをしたいですね。

では今回のテストの結果です。

テスト回数=20回
勝率=55%
連続トレードなしの勝率=40%
時間帯=東京時間、午前(09:00~12:00)


例に挙げた下げ相場のときは、仲値の動きが完全に終わる11時50分ごろでした。

タイミングも良かったですね。

レンジ相場でもそれなりに使えました。

ただし値動きが1~3pipsしかないようなときには使えません

時間帯や通貨ペア、そのときの値動きの癖が変わると、結果も変わるでしょう。

これはあくまで参考にしてください。

また、新しい手法を思いついた人はぜひテストで確認してから本番トレードをするようにしてくださいね

※レンジ相場とは (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)Parabolic SAR(パラボリック SAR)(MetaTrader 5)
(注2)五十日(ごとおび)はドル高株安? (eワラント)
(注3)仲値(なかね)(野村證券)
(注4)レンジ相場(れんじそうば)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

短期勝負なら5分足を読め!!次の5分間に何が起きるのかがわかる!

(更新:2019年07月12日) こんにちは、ミウラです! これまで大きなトレンドの流れを判断するのに1時間足を使ってきました! この方法は、裁量を廃してシステムトレードを行うのに向いていたわけですが、 一方で、1時間ずっとチャートに張り付いていないといけない、 1時間エントリーし続けても利益がほとんど出ない場合がある、 というような問題点もありました。

[続きを読む]

 

ラガルドECB総裁が誕生ですね!欧州の1日取引まとめです

(更新:2019年07月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 欧州の中央銀行ともいえるECBでは、ドラギ総裁が任期を迎えます! そしてついにIMF(国際通貨基金)専務理事のラガルド氏が次期総裁に決まりました! 女性だから珍しいというよりも、突出したリーダーシップは他の人には真似できないといわれています。

[続きを読む]

 

無料会員でも日経電子版をFXでフル活用する方法

(更新:2019年07月05日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XMもいつも情報発信をしてくれますが、 東京時間にトレードする人にとっては朝の情報がきっちり欲しいところですね! 朝めざめて最初にドル/円(USDJPY)のほかに 「ニューヨークダウの終値と市況をチェック」という人も多いのではないでしょうか。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドは話題が少ないが、クロス円全体ではやっと動きはじめた

(更新:2019年07月04日) Tボーンです! イギリスでは、メイ首相の辞任は決まったが次が決まっていないんだ! 日本で行われたG20にはメイ首相が来ていたな! それにネタ切れのようにポンド/円(GBPJPY)があまり動かなくなっていた。

[続きを読む]

 

MT5の価格の目盛りが変わるのを利用して優位に立とう

(更新:2019年06月20日) Tボーンです! ハイローオーストラリアのチャートはすごく敏感だよな! それにMT4のものと比べると目盛りが10進法どおりに書かれていて、考えやすいんだ! ※10進法とは(注1) しかし困ることがある… これはMT5のチャートだ。

[続きを読む]

 

【必須!19年9月30日まで】解説!ハイローオーストラリアの口座移行|運営会社変更が理由

(更新:2019年06月19日) ハイローオーストラリアの口座移行についての詳細です! ユーザーは新しい口座に移行する作業が必要となりますので、このブログは要チェックです。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top