Home » 攻略法 » パラボリックSARを使ってハイローオーストラリア攻略テスト

パラボリックSARを使ってハイローオーストラリア攻略テスト

更新:2019年02月08日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

今回はMT4のパラボリック(SAR)を見ながら実際にハイローオーストラリアでトレードをしてみましょう!

管理人の「パラボリックが交差したらハイローオーストラリアをする」アイデアを検証します。

トレードのテスト方法を知らない方にもおすすめの記事ですよ(^^)/

目次

〇 パラボリックの交差とは?


パラボリック(Parabolic SAR)は、値動きに必死についていくトレンド系のインディケータでした。

日本語で放物線という意味です。

チャートが上昇していれば、下から追いかけながら放物線を描いていきます。

今回テストするのは、

「これがチャートに近づき、 ついに交差したときにハイローオーストラリアをするのはどうだろう?」という手法です。

「交差」というのは上の図のようにパラボリックの点々が上にあったのに下に移った時です。

(下にあったときは上に)

※パラボリックSAR (注1

上の図では、うまくいきそうだった場所に黄色で丸をしてあります。

グレーの丸はダメなときです。

後でみればこうですが、

実際チャートが動いているときにはいつも少し離れているパラボリックがどうなったらエントリーできるのかイメージもわきにくく、

もやっとしますが、あとで詳細ルールを決めていきます。

〇 テストの条件を決めましょう


ではテストの準備です。

今回はMT4の初期設定のままでやってみます。

表示させたパラボリックの上で右クリックをすると、「パラメータ」が選べます。

ここはそのまま「ステップ=0.02」「最大=0.2」にします。

どちらも感度を決めますが、「ステップ」を大きな数値にすると点々の数が減ります

「最大」のほうは数値を0.2よりも小さくすると、角度が小さくなります

通貨ペアはドル円(USDJPY)に決め、1分足を表示させます。

ハイローオーストラリアはクイックデモで、1分のTurboスプレッドです

ゴトー日の仲値前なので、それも意識しながらやってみましょう。

チャンスがあれば連続トレードもします。

※ゴトー日とは (注2
※仲値とは (注3

〇 詳細なエントリールールを決めて、テスト開始です!


パラボリックの点々がどうなったらエントリーするか決めます。

点々が反対側に新たに1つか2つ出ないと、はっきりと交差だとは決まらないので、そこでエントリーにしましょう。

今、上に2つ出ました。

それまでと反対に動くとして「下」を買います

〇 最初のテストの結果は?


残念、うまくいきませんでした

さきほどのシグナルは騙しだったようです。

ちょうど仲値の10時すぎだったこともあり、テクニカルどおり動いてくれません。

気にせず、テストを続けます。

〇 連続エントリーも組み合わせて効率よく進めます


何度か成功、何度か騙し、と続けていましたが、やっと気持ちいい下げがやってきました。

交差の直後には上がっていましたが、そのあと速いスピードで何本も陰線を描きだしました

しばらくは下がると判断して、パラボリックの交差の後も続けてエントリーします

1分足が夢のように10本も20本も続いてはくれませんから、連続も3~4回でやめます。

〇 最終成績は意外と良かった!結果とまとめ


結局、4回連続トレードが成功し、それまでのいまいちの成績を改善してくれました。

実戦でも、チャンスがあればできるだけ連続トレードか投入金額アップをしたいですね。

では今回のテストの結果です。

テスト回数=20回
勝率=55%
連続トレードなしの勝率=40%
時間帯=東京時間、午前(09:00~12:00)


例に挙げた下げ相場のときは、仲値の動きが完全に終わる11時50分ごろでした。

タイミングも良かったですね。

レンジ相場でもそれなりに使えました。

ただし値動きが1~3pipsしかないようなときには使えません

時間帯や通貨ペア、そのときの値動きの癖が変わると、結果も変わるでしょう。

これはあくまで参考にしてください。

また、新しい手法を思いついた人はぜひテストで確認してから本番トレードをするようにしてくださいね

※レンジ相場とは (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)Parabolic SAR(パラボリック SAR)(MetaTrader 5)
(注2)五十日(ごとおび)はドル高株安? (eワラント)
(注3)仲値(なかね)(野村證券)
(注4)レンジ相場(れんじそうば)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

フィボナッチ・リトレースメントでハイローオーストラリアしてみる!

(更新:2019年02月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! フィボナッチ・リトレースメントはレジスタンスやサポートラインとして使えます! 今回はその前提でハイローオーストラリアのトレードに使ってみましょう! 読みながらぜひクイックデモでいっしょにやってみてくださいね。

[続きを読む]

 

扱いが難しい両ヒゲ・・・これも大きな利益のチャンス!?

(更新:2019年02月18日) こんにちわ、ミウラです! 最近は平均足の上ヒゲ陽線や下ヒゲ陰線を主な手がかりにしてトレードをしていますが、 ほとんど手付かずの平均足の形状があります! 前にちょっとだけ触れたかもしれませんが、「両ヒゲ」てやつですね! このように上にも下にもヒゲのついた平均足のことです。

[続きを読む]

 

通貨オプションのストラドルの意味とFXでの使い方!

(更新:2019年02月15日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 国内FX業者さんの相場情報のなかに「110円にロング・ストラドルがありまして」といった発言があります! これは主に通貨オプションという取引をしている市場参加者のポジションについていっています。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアのクイック入金が終了したんだ!どうしたらいい?

(更新:2019年02月19日) Tボーンです! ハイローオーストラリアはクイック入金が便利だったよな! でも2019年1月31日までで終了してしまった! いつも見ている入金画面でも消えていて寂しい気分になるが、大丈夫だ! 理由は取引先の銀行の要望だったらしい。

[続きを読む]

 

ユーロは強いんだろうか?レンジ相場でのハイローオーストラリアだ!

(更新:2019年02月14日) Tボーンです! ハイローオーストラリアにファンダメンタルズは直接は関係なさそうだ! それでも大きな経済状況だけは掴んでおきたいよな! 今日もユーロ/ドル(EURUSD)を見ている! 月足だが、去年2018年は下がったんだな! ユーロ危機のときだった! Tボーンはいつもポンドを見ているが、ユーロ/ポンド(EURGBP)の取引高も世界では大きいよな。

[続きを読む]

 

元号も変わることだし、チャイキンオシレータを使ってみるか!

(更新:2019年02月12日) Tボーンです! 日本では平成から新しい元号に変わるぞ! 発表されるのが4月だそうだから楽しみだな! いつもハイローオーストラリアのトレードのときに使っている、 ボリンジャーバンドとストキャスティクスから別のインディケータに変えてみるぞ! 新たなチャレンジをしたいんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top