Home » 攻略法 » パラボリックSARを使ってハイローオーストラリア攻略テスト

パラボリックSARを使ってハイローオーストラリア攻略テスト

更新:2019年02月08日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

今回はMT4のパラボリック(SAR)を見ながら実際にハイローオーストラリアでトレードをしてみましょう!

管理人の「パラボリックが交差したらハイローオーストラリアをする」アイデアを検証します。

トレードのテスト方法を知らない方にもおすすめの記事ですよ(^^)/

目次

〇 パラボリックの交差とは?


パラボリック(Parabolic SAR)は、値動きに必死についていくトレンド系のインディケータでした。

日本語で放物線という意味です。

チャートが上昇していれば、下から追いかけながら放物線を描いていきます。

今回テストするのは、

「これがチャートに近づき、 ついに交差したときにハイローオーストラリアをするのはどうだろう?」という手法です。

「交差」というのは上の図のようにパラボリックの点々が上にあったのに下に移った時です。

(下にあったときは上に)

※パラボリックSAR (注1

上の図では、うまくいきそうだった場所に黄色で丸をしてあります。

グレーの丸はダメなときです。

後でみればこうですが、

実際チャートが動いているときにはいつも少し離れているパラボリックがどうなったらエントリーできるのかイメージもわきにくく、

もやっとしますが、あとで詳細ルールを決めていきます。

〇 テストの条件を決めましょう


ではテストの準備です。

今回はMT4の初期設定のままでやってみます。

表示させたパラボリックの上で右クリックをすると、「パラメータ」が選べます。

ここはそのまま「ステップ=0.02」「最大=0.2」にします。

どちらも感度を決めますが、「ステップ」を大きな数値にすると点々の数が減ります

「最大」のほうは数値を0.2よりも小さくすると、角度が小さくなります

通貨ペアはドル円(USDJPY)に決め、1分足を表示させます。

ハイローオーストラリアはクイックデモで、1分のTurboスプレッドです

ゴトー日の仲値前なので、それも意識しながらやってみましょう。

チャンスがあれば連続トレードもします。

※ゴトー日とは (注2
※仲値とは (注3

〇 詳細なエントリールールを決めて、テスト開始です!


パラボリックの点々がどうなったらエントリーするか決めます。

点々が反対側に新たに1つか2つ出ないと、はっきりと交差だとは決まらないので、そこでエントリーにしましょう。

今、上に2つ出ました。

それまでと反対に動くとして「下」を買います

〇 最初のテストの結果は?


残念、うまくいきませんでした

さきほどのシグナルは騙しだったようです。

ちょうど仲値の10時すぎだったこともあり、テクニカルどおり動いてくれません。

気にせず、テストを続けます。

〇 連続エントリーも組み合わせて効率よく進めます


何度か成功、何度か騙し、と続けていましたが、やっと気持ちいい下げがやってきました。

交差の直後には上がっていましたが、そのあと速いスピードで何本も陰線を描きだしました

しばらくは下がると判断して、パラボリックの交差の後も続けてエントリーします

1分足が夢のように10本も20本も続いてはくれませんから、連続も3~4回でやめます。

〇 最終成績は意外と良かった!結果とまとめ


結局、4回連続トレードが成功し、それまでのいまいちの成績を改善してくれました。

実戦でも、チャンスがあればできるだけ連続トレードか投入金額アップをしたいですね。

では今回のテストの結果です。

テスト回数=20回
勝率=55%
連続トレードなしの勝率=40%
時間帯=東京時間、午前(09:00~12:00)


例に挙げた下げ相場のときは、仲値の動きが完全に終わる11時50分ごろでした。

タイミングも良かったですね。

レンジ相場でもそれなりに使えました。

ただし値動きが1~3pipsしかないようなときには使えません

時間帯や通貨ペア、そのときの値動きの癖が変わると、結果も変わるでしょう。

これはあくまで参考にしてください。

また、新しい手法を思いついた人はぜひテストで確認してから本番トレードをするようにしてくださいね

※レンジ相場とは (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)Parabolic SAR(パラボリック SAR)(MetaTrader 5)
(注2)五十日(ごとおび)はドル高株安? (eワラント)
(注3)仲値(なかね)(野村證券)
(注4)レンジ相場(れんじそうば)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top