Home » 攻略法 » 【例の勝率40%】まじめにトリプルアップ法を考える

【例の勝率40%】まじめにトリプルアップ法を考える

更新:2019年11月05日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

近頃「勝率40%でも利益になる?」という言葉がハイロートレーダーのなかで話題になっています!

名前がどこから来ているかは諸説ありますが「トリプルアップ法」というらしいので管理人も検証してみます!

※今回はギャンブル数学の話題なのでハイローオーストラリアの投資金額も「賭け金」と表現しています。

目次

〇 勝率40%でも利益になるというトリプルアップ法とは


これは正しくは「勝率40%でも利益になる可能性がある」ということらしいです。

簡単にいうと、1回ごとの投資金額を変化させて

「勝てるときは大金で。 負けそうなときは少ない金額で」ということのようです。

それならたしかに勝率40%といわず、

かけかた(資金の賭けかた)によっては勝率1%でもプラスになることはありえます。

(賭ける金額を変えればいろんなパターンが考えられます。
たとえば100回トレードするとします。
99回の負けを合わせて99,000円、1回の勝ちが100,000円ということもあり、
これなら勝率1%でも利益がでたことになるのです)

ギャンブル算数の基本でした…。

大昔からカジノで使われている方法です。

ワクワクして調べてちょっとがっかり(笑)

「可能性がある」がミソですね。

ないこともあるのです。

〇 トリプルアップ法の具体的な方法


検索でみつかった方法(投資資金のコントロール方法、賭けかた)のうち、ひとつをやってみます。

今回の方法は以下のとおりです。

連続トレードを前提にしています。

・1回目に勝ったら、次の回には2倍の金額を賭ける
・次も勝ったら、その2倍の金額を賭ける(最初の4倍)
・連続して倍にするのは最高3回まで
・3回、倍にしたら次は最初の賭け金にもどして再スタート
・負けたときも最初の賭け金にして再スタート


面倒がらずにしっかり読んでみると、そんなに難しい方法ではないですね。

資金を増やすのを3回でやめてしまうのがポイントです

資金コントロールのひとつとしてもいいかもしれませんね。

〇 トリプルアップ法の実験


実験ですからクイックデモを使います。

銘柄はやりやすいポンド/円(GBPJPY)です。

今日はたまたまEU問題も静まっています。

Turboスプレッドの1分を10回やってみましょう。

ペイアウト2倍です。

統計を取るのが目的なので、

理論的に勝率が50%になるはずの「全部同じ方向でトレード」ということにします。

1万円の賭け金で試してみました。

※EU離脱問題まとめ(ロイター) (注1

〇 夢の2回連続勝利もありましたが


この例だと、2回連続で勝つと次の賭け金は8万円です。

3回目に勝っても負けてもその次の回の賭け金はまた1万円に戻りますから、

最高が8万円になるわけです。

実験でも8万円の回がありました。

ここで勝てたら資金が一気に増えます。

実験とはいえうれしかったのですが、負けました(笑)

〇 涙の実験結果と結論


上の表が実験結果です。

資金が減って終了です。

実際にトレードするとメンタルが揺れ動いてしまいそうです

管理人も最初に「LOWを10回買う」と決めていたのに気持ちが揺らいでHIGHを買いそうになりました(;^ω^)

ところで賭け金を増やして利益を求める方法はほかにマーチンゲール法などがあります。

未来に勝つかどうかは、正直わからないものですしどの方法も完ぺきではないのです。

しかしこのトリプルアップ法は、

賭け金を増やしても上限を決めてあるので一気にマイナスということがありません

ですから、資金管理のひとつとしてはいい方法ではあります。

ただし勝率が低くても必ず利益になるわけではありませんし、

メンタルが邪魔して損失ばかりという可能性もあります。

※過去記事:マーチンゲール実戦 (注2

〇 【まとめ】カジノ理論とハイローオーストラリア


ギャンブルとかカジノというと、イメージが悪いですね。

でも、これがあったからこそ確率の理論が発達したともいえるのです。

FXやバイナリーオプションにとって確率の理論はなくてはならない頼りになるものです。

そしてその中で、簡単に実践に使えることがたくさんありますから知っておいて損はないですね。

管理人は、煽りすぎるタイトルにせずハイロートレーダーのためになる情報をこれからも探していきます。

これからも、しっかり読んでくださいね。

※大阪教育大学「確率論」 (注3

■■■■脚注■■■■

(注1)英国のEU離脱問題(ロイター)
(注2)実はかなり好相性!?ボリンジャーバンドとマーチンゲール
(注3)確率論とは(大阪教育大学 横山研究室)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top