Home » 攻略法 » 口座が使えなくなることはある?違反行為について

口座が使えなくなることはある?違反行為について

更新:2019年11月29日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

ハイローオーストラリアだけでなくFX業者やバイナリーオプション業者に

口座を作っていたのに解約されてしまったなどの話をききます!

そこまででなくても、取引が一時的にできなくなることもあるそうです!

管理人には1度も経験がないので、いろいろと調べてみると契約内容に違反した結果でした。

口座凍結などといわれるこの事態にはどうしたらなるのでしょうか

目次

〇 口座解説時に読んだ【口座契約条件】に反していなければ大丈夫


最初に結論を書くと、

ハイローオーストラリアで決まっている【口座契約条件】の内容に違反しなければ大丈夫です。

(よほどアイデアと創造性に富んだ、契約条件を超えるような不正をしたら別だとは思います)

ここには詳細にきまりごとが書いてあります。

そのなかで不正取引や偽装売買など、してはいけないこともハッキリと載っていますのでURLを載せておきますね。

※口座契約条件 HighLow Markets (注1

〇 口座を持っている人は、ログイン後「よくあるご質問」からも


他にも「個人情報保護方針」などの決まりごとが用意されていて、

口座開設のときに案内してくれていると思います。

もし開設を終えているなら、ログイン後「よくあるご質問」のところから「口座の強制解約」を検索しましょう。

上の図にあるような文章が見つかります。

レジットカードの乱用や、本人確認書類の偽装などが禁止されています

(してはいけないと誰でもわかるのですが、する人はどの国にもいるみたいですね)

※クレジットカード不正使用(消費者庁) (注2

〇 実際にあった大規模なビックリ違反


お名前は伏せますが、ある人気ブロガーさんは何度も口座凍結になったそうです。

グループを作って弟子?を海外にも分散、または海外のIPアドレスを使用、

勝てそうな相場のときに全員がいっぺんにエントリーするというのを繰り返していました。

グループを作るのは、1回のトレード限度額を超えた取引をしたいから。

また、弟子が海外に分散するのは同じIPアドレスだとすぐにグループだとわかってしまうからです。

このブロガーさん本人の記事によると、億単位の稼ぎをしていたそうです。

最後にはハイローオーストラリアにわかってしまい、口座凍結になったとのこと。

嘘なのかもしれませんが、記述が細かいことから本当ではないかと思います。

もちろん、真似してはいけません。

〇 【口座契約条件】より重要な部分を引用


ここで「口座契約条件」から重要なところを引用させていただきます。

2019年9月の日付のものですので、その後の改定があるかもしれません。

ときどきチェックするのがベストです

”(a) 市場操作、不正取引、架空取引、相場操縦、
ブラックボックス取引、スキャルピング、偽装売買、
自動売買ソフトの取引、注文のマッチング、
(b) インサイダー取引、
(c) 居住国以外の IP アドレスからの取引”


読んでみれば、ダメそうだと誰にでもわかることですね。

※インサイダー取引とは (注3
※IPアドレスとは (注4

〇 【よくあるご質問】より全文を引用


特に「よくあるご質問」にはこれを一つでも行った場合は

口座が強制的に解約されるとハッキリ書いてあるので、絶対に覚えておきましょう。

”・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)”


こちらも、「ふつうに考えてダメだよね」とわかるような内容です。

※参考記事:「XMでもアービトラージは禁止」 (注5

〇 最後に大丈夫と思っていてもやってしまう、うっかりミス2種類


最後に、大丈夫だと思っていてもうっかりしてしまいそうなミスを2つあげておきます。

(1)超短時間での連続取引
(2)海外からついスマホでハイローオーストラリアにアクセス、トレードしてしまう


(1)は不正なプログラムを使っていると思われてしまえばアウトですし、
手でやっていても異常なくらい連打していたらアウトの可能性があります。

(2)はよく海外に行く人がやりそうなミスです。気を付けましょう。

この記事は2019年11月に書きました。

そのつど各自で確認して楽しくトレードしていきましょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)口座契約条件(highlow.net)
(注2)「クレジットカードの不正使用から身を守るために」(経済産業省)
(注3)インサイダー取引とは(カブドットコム証券)
(注4)IPアドレスとは?をわかりやすく解説します(カゴヤのサーバー研究室)
(注5)2つのFX業者を使った両建てと、アービトラージについて考察

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

難しくないほうの一目均衡表のハイロー手法

(更新:2019年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアをはじめバイナリーオプションでは一目均衡表を使う人も多いようです! 今回は、遅行スパンだけを表示して使う方法が話題になっているというのでご紹介します! MT4のようなチャートシステムに慣れていない方にも読んでいただけますよ。

[続きを読む]

 

2勝狙いと3勝狙いはどっちが優れているのか!?検証してみる!!

(更新:2019年12月09日) こんにちは、ミウラです! 勝率が大幅に上がるということで2勝で勝ち逃げする方法を紹介しましたが、 実際にどの程度、負けが勝ちに転じるかは気になるところです! いざトレードしてみると、3勝勝ち逃げでも勝てたんじゃないか、 と感じることも時々あります。

[続きを読む]

 

バイナリーオプションで人気のブルベアパワーの【3本目戦略】

(更新:2019年12月05日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアのトレードで使えるMT4のインディケータとして ブルパワーとベアパワーについて書いたことがあります! 最近、いろいろなバイナリーオプショントレーダーが使っているというのでみんなの使い方を調べてみました! その中でも有効な「3本目を使う方法」があるのでご紹介します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

ペイアウト2.1倍のときも堅実にトレードするぞ

(更新:2019年11月22日) Tボーンです! 11月13日にパウエル議長の発言で、もう利下げは終わるという内容があったな! 次は12月だぞ! 今回もドル/円(USDJPY)を日足から眺めてみよう。

[続きを読む]

 

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top