Home » 攻略法 » まだ国内株式で消耗しているの?ハイローオーストラリアとかんたん比較

まだ国内株式で消耗しているの?ハイローオーストラリアとかんたん比較

更新:2020年04月13日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

むかし流行ったブログタイトルを真似してみました!

あおりっぽくてすみません(笑)

2020年3月、アメリカが新型コロナウイルスの発症者数世界1位になりました!

そんななか日本株も下落したのですが、

国内の証券会社の口座開設数が増えているのだそうです。

安くなったからといって、株を買ってすぐに儲かるのでしょうか?

今回はハイローオーストラリアと株取引について超かんたんに比較します

目次

〇 国内株式投資とは


株式の基本的な投資方法はこうです。

・上がりそうな銘柄を買って、上がったら売る

または空売りといって下がると儲かる方法もあります。

・下がりそうな銘柄を売って、下がったら買い戻す

FXとそう変わらない方法ですね。

※株式とは (注1
※ヤフーファイナンス (注2

〇 ハイローオーストラリアのトレードとは


株式と違い、現物の売買ではありません

ハイローオーストラリアでは「バイナリーオプション」という投資方法を提供しています

これは金融派生(デリバティブ)商品といって、

世の中のお金の取引から「派生」した投資方法ということです。

難しいことはいいとして、することは簡単です。

・銘柄を選んで、決められた時間後に上がるか下がるかに対して投資する

もう少しくだけた言いかたをすると「上がるか下がるか当てる」ということです。

※バイナリーオプションとは (注3
※金融派生商品とは (注4

〇 国内株式投資のメリット・デメリット


良くも悪くも「市場が狭い」ということがあげられます。

世界地図がある人はみてください。

2つの大陸の間にぽつんとある小さな島国、その日本国内だけの株式が売買されているのです。

もちろん、appleやマイクロソフトといった優良米国株は買えません。
(買える証券会社もあります)

そして日本の株式市場では面倒なルールが増えています

たとえばストップ高、ストップ安、というのがあり

その日の限度価格になるとそれ以上の価格で買うことができなかったりします。

個人投資家を守るためなのですが、正直つまらないと感じてしまいます。

・メリット=国内の株式なので情報を得やすい、値下がりしても株式の現物を持つことができる
配当や株主優待がもらえることも(ない銘柄もあります)

・デメリット=銘柄を自由に選べない、ルールが面倒で大きな利益を追いかけにくい
1株から買うことができるが手数料が大きい、ふつうは最低でも10万円、
まともな株を買おうと思えば50万円~用意しなくてはならない

〇 ハイローオーストラリアのメリット・デメリット


ハイローオーストラリアに対してすぐ「怪しい」「詐欺」という人がいます。

海外業者のため利用するのは個人の自己責任ではありますが、

入出金もトレードも問題なくできているので管理人は何年も使っています。

一番の魅力が小額から世界中の銘柄に投資出来て利益も期待できることです。
(投資額が倍になることも)

個人的にはトレードするときにあまり難しく考えなくていいところが気に入っています。

・メリット=外国の株価指数、商品、為替を小額から手軽にトレードできる
入金額は5,000円から、初期投資額は1,000円から
(日経平均もその10倍のNYダウも同じ1,000円でトレードできる)

・デメリット=怪しいと思われてしまう、トラブル時には海外の会社とやり取りしなくてはならない
HIGHLOWをはずしたら返ってくるお金は0円、配当や優待なし

〇 利益を求めればリスクもついてくる


結局、どちらの投資方法を選んでもリスクはついてきます

購入時の思惑が現実と違えば損失になるのは当たり前です。

大きな利益を求めるためには、リスクを調整(コントロール)することは絶対に行わなくてはなりません。

その勉強だけは自分ですることになります。

ここでもリスクの考え方をわかりやすく解説していますので、株をする方も読んでおいてくださいね

※参考記事「【ティータイム】勝率とリスクリワード比率から、どれだけ勝てば利益になるのかを知る」 (注5

〇 まとめ


とても簡単でしたが、投資活動で目だつメリットやデメリットを書いてみました。

もちろん国内の証券会社で株式をトレードするのも素晴らしいことです。

ただし新型コロナウイルスの件がいつ収束するかわからず、

経済的損失の指標もまだ出ていない今、慌てて国内株式を買うことを管理人はしたくないです。

「なにかしてみたい」けれど難しいルールが苦手という方は一度ハイローオーストラリアを5,000円だけ試すのもいいと思います

「トレード」そのものに慣れるという意味でおすすめしたいなと思ったので、今回の比較を書いてみました。

それではまた。

※厚生労働省、報道発表資料 (注6

■■■■脚注■■■■

(注1)株式(かぶしき)(投資の時間)
(注2)YAHOO!ファイナンス
(注3)バイナリーオプション取引 (ばいなりーおぷしょんとりひき)(大和証券)
(注4)金融派生商品(iFinance)
(注5)【ティータイム】勝率とリスクリワード比率から、どれだけ勝てば利益になるのかを知る
(注6) 報道発表資料 2020年3月(厚生労働省)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【投げる】【こなす】の意味とハイローオーストラリアでの使い方

(更新:2020年05月29日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「ハイローオーストラリアってなに?FX?」 「検索して勝ち方を見てもなにを言っているかわからない!」 「専門用語だと思って調べてもどこにも意味が書いてない」 悩みは尽きませんね! 今回も「誰もちゃんと教えてくれない用語」の意味です。

[続きを読む]

 

やはり最終目標は連勝狙い!エンベロープトレードで美味しい場面とは?

(更新:2020年05月28日) こんにちは、ミウラです! エンベロープ+中央に平均線というのが今のチャート構成ですが、 最終的に狙っていきたいのは、やはり連勝で稼ぐスタイルです! 後から平均線を追加したのもエントリーのチャンスを増やすためですね! 前回でお話しした長いスパンでチャートを眺める、という部分も、 連勝を狙うタイミングを見定めるのに役立ちます。

[続きを読む]

 

海外FXと国内ノックアウトオプションの気になるところだけ3つ比較

(更新:2020年05月27日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)やiFOREXは海外FXと呼ばれ、 レバレッジの高さと損失額を限定できるのが主な魅力です! ところで最近、まったく同じ魅力を持ったとされる国内FXのオプションを扱う業者が増えました! 今回は、特に気になる部分だけを比較してみます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

いよいよライン引きを教えることになった!

(更新:2020年05月22日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリア初心者の友達に教えていることをここでも書いているんだ! テレワーク中にハイローオーストラリアをしてはいけないが、家で過ごす時間は充実させたいよな! MT5でチャートを見るぞ。

[続きを読む]

 

スプレッドありでもペイアウト率2.2倍は嬉しいよな

(更新:2020年05月11日) Tボーンです! ハイローオーストラリアのHighLowでペイアウト率2倍キャンペーンは終わってしまった! それでもTurboで1.95倍は嬉しいな! Turboスプレッドはなんと2.2倍だ! ドル/円(USDJPY)のスプレッドが今は0.2pipsだった。

[続きを読む]

 

今回はすこしレベルアップして移動平均線を使おう

(更新:2020年04月24日) Tボーンです! 2020年1月から流行している新型コロナウイルスのせいで収入が減った友達のために ハイローオーストラリアを教えているんだ! もちろん、給料のように毎月一定額の利益があるというものではない。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top