Menu
Home » 攻略法 » 【専門用語なし!初心者向け】トップトレーダーがしているトレード方法の核心部分だけ箇条書き

【専門用語なし!初心者向け】トップトレーダーがしているトレード方法の核心部分だけ箇条書き

更新:2020年04月22日

こんにちは!

フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです!

家で過ごす人が多くなり、XM(XMTrading)の口座開設者も増えていますね!

今回も新型肺炎をきっかけにFXをはじめた初心者の方向けの基本です。

FXが初めてだとしたら、覚えることが多くて大変だと思います。

わからない用語は検索するとしても、

利益を出しているトップトレーダーはどうやって売買しているのかを知りたいですよね。

その根本的なところを専門用語を使わず書きました。


優良FX【XM】はこちらから!



〇 トップトレーダーはどこで買ってどこで売っているか


「FXでは売りも買いもできる」これがポイントです。

それでは箇条書きです。

この箇条書きは2つのグループに分かれています。

グループ(1)
A安く買って高く売る(図の1と2)
B高く売って安く買う

グループ(2)
C上がっているから買う(これからも上がるだろうから)
D下がっているから売る(これからも下がるだろうから)


トップトレーダーはこの2つのグループのうち、どちらかをやっているのです。

今回おすすめするのは次に説明する【上がっているから買うけれど、できるだけ安く買う】です。

これは2つのグループのいい部分を合わせた方法なのです。

〇 【上がっているから買うけれど、できるだけ安く買う】のがベスト


おすすめの方法【上がっているから買うけれど、できるだけ安く買う】というのは、

さきほど書いた基本のうちAとCを組み合わせたもので、具体的には上の図のようにトレードするということです。

価格は細かく上がったり下がったりするので、上がっているとしても少し下がることがあります。

そういうときに買うということです。

売りは逆で、全体が下がっているときにできるだけ高い価格で売るのです


優良FX【XM】はこちらから!


〇 【斜めラインを引くとめやすになる】


ひきつづき、買いの場合を例にとりましょう。

図で使っているのは、XMのトレードに使うMT4というプログラムです。

これは通貨の価格変化をあらわしているのです。

そして、なぜか価格はこれに対してまっすぐ引いたライン(線)と関連して動くことが多いのです。

まず、上の図のように安いところをいくつかみつけて下を支えるようなラインを引きます。

そうすると過去にもラインに近付いては上がっていく様子がみてとれます。

ですから図にも書いたように、

おおよそでいいので「次はこの辺に来たら買おう」と決めることができるということです。
(この場所を覚えておいてください)

売りをしたい場合は、下がっているときに上側にラインを引いて同じように考えます

次は斜めではなく水平のラインを引いてみましょう。

〇 【水平ラインを引くとめやすになる】


今度は水平のラインです。

買いをしたいのですが、ちょっと不安です。

でも、このところ図の黄色いラインの価格よりも下になかなかいきません。

一度上がった後、下がりにくくなっているのは、買う人が増えてきているということです。

斜めのラインのときと同じように「次はこのラインまで下がったら買おう」と考えることができます。

この目指している価格になるまでに、ラインよりも下に行かなかったら、自信を持って買いができます

上がるパワーが安定しているとみるからです


優良FX【XM】はこちらから!


〇 他にも方法はあるけれど


上がったのは予想通りでしたが上がりすぎてしまいましたね。
(必ず期待通りになるとは限らないのでサッとあきらめましょう)

他にも多くの分析方法があります。

しかし、どれだけ複雑な分析をしても骨組みはここまでお話した考えが根っこになっています

ですので、今回この記事を3回くらい読んでおけば難しそうなことも理解しやすくなると思います。

最後に専門用語を使った解説へのリンクを貼っておきますが、 最初にこれを読んでから他を読んでください

※参考記事:「収入減でXM利用を考えている方が最初にすべきこと7つ」 (注1

〇 まとめ


時間が経ったので、もう一度斜めのラインを出してみました

「次はこのへんに来たら買おう」まで下がってくれなかったことがよくわかります。
ちなみにこういうときはトレードを休んで計画を練り直します。
この時点で「上がっているから買おう」
とやってはいけません。

予定していないことは失敗しやすいのです。

以上、簡単なのにトップトレーダーと同じことができるというトレード手順でした。

最後にローソク足とかチャートとか、必ず必要になる用語などのリンクです

これがすべてではないのですが、まずは少しずつわかっていきましょう。

※「はじめてのテクニカル分析」 (注2
※「ローソク足とは」 (注3
※参考記事:『「らくらくマクロ経済」FXのファンダメンタル分析のコツとプロレスとの関係』 (注4


優良FX【XM】はこちらから!


■■■■脚注■■■■

(注1)収入減でXM利用を考えている方が最初にすべきこと7つ
(注2)テクニカル指標(マネックス証券)
(注3)ローソク足チャート(マネックス証券)
(注4)「らくらくマクロ経済」FXのファンダメンタル分析のコツとプロレスとの関係

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top