Menu
Home » 攻略法 » 大切で意味不明な言葉【引きつける】の意味

大切で意味不明な言葉【引きつける】の意味

更新:2020年05月12日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

FXの口座開設数が伸びているそうですが、

ハイローオーストラリアをはじめる人も増えています!

今回はネットなどで目にする「引きつける」という言い方について説明します!

ついでにハイローオーストラリアで収益を上げる知識を身につけていこうという企画です。

目次

〇 その前に前回のおさらい


前回は、多く行われているハイローオーストラリアの手法の『基礎』をお伝えしました。

【1】トレンドを確認
【2】意識される価格を探す


この2つはあくまで基礎です。

しかし印刷して部屋に貼っておいてもいいくらい大切なことです。

(全く違うアプローチで勝てている人もいますが、これは超絶初心者に知ってほしい基礎知識です)

ここで詳しく書いています。ぜひ読み返しておいてください。

〇 【引きつける】とは


ではいよいよ「引きつける」の意味です。

【引きつける】=希望の場所に来るように誘導する

一般的には「なにかの目的のために近くに寄せる」という意味に使われ、

しかも物よりも心などで言うことが多いですね。

ハイローオーストラリアの場合はこのようなときに使います。

【引きつける】=希望の価格に来るまで待つ

「〇〇円のところでHIGHを買えば有利そうだな」みたいに思ったことはありませんか?

そんなときに言うのです。

〇 【引きつける】の例文、使い方


なんだか国語の授業のようになりましたが、もう少しお付き合いください。

ハイローオーストラリアでこんな言い方をすることがあります。

「この価格まで引きつけてHIGHを買おう」
「この価格まで引きつけてLOWを買おう」


なにか特別なことをするのではなく「希望の価格になるまで待ってトレードする」というだけのことなのです。

〇 【引きつけてハイロー】の実践(1.トレンドの確認)


では退屈な国語は終わって実際にトレードしてみましょう。

ドル/円(USDJPY)でやってみます。

ハイローオーストラリアをするときは2つの基礎を守りたいので、

最初にローソク足の日足、4時間足、1時間足などを見ます

これが「トレンドの確認」です。

上の図のように順に見て全体像を知っておきましょう。

このときはあまり強いトレンドが上下にも出ていないので残念ですが、それも事実なのでとにかく見ておきます。

※ローソク足とは (注1

〇 【引きつけてハイロー】の実践(2.意識される価格を探す)


ではトレードに使う1分足にします。

ここで「意識される価格」を探します。

過去にさかのぼりたいので、MT4のメニューの虫メガネマークで縮小しましょう。

上の図の黄色いところは、価格が止まったところで「意識される価格」です。

水平のラインはこれが多いほうがいいのです。

次に、青色で描いた妄想の矢印のようになると想定します。

(字を書いているうちに上がり始めました。ハイローに移りましょう)

※1時間足などではっきりしたトレンドが出ていないので、HIGHもLOWもします。

トレンドがあるときはそれと同じ方向が有利です

※トレンドとは (注2

〇 いよいよ【引きつけてハイロー】


さっき上がり始めてしまいましたが、3分のハイローなので間に合いそうです。

完璧にラインに触って上がっていくことはあまりありません。

このときは少し上で上がり始めてしまいました。

ということは逆に、上昇の力が強いと考えて安心してHIGHを買いました

このトレードは、こうしました。

・USDJPY
・MT4チャートの1分足で分析
・Turbo3分
・HIGH


※何分にするか、スプレッドにするかどうかはあらかじめ決めておくと良いです。
※そして妄想どおりでなければ、いったんやめて戦略練り直しです。

〇 まとめ


3分後、きっちり上昇して利益になりました

ちなみにこのラインは後でまた使えたりします。

使えそうなら残しておきましょう。

うまく妄想の矢印どおりになると嬉しく、自信につながります。

ただしあくまで『妄想』です。

めやすにするだけでこだわりすぎずに目の前のチャートに素直にトレードしていきましょう

■■■■脚注■■■■

(注1)ローソク足(ろーそくあし)(投資の時間)
(注2)トレンド(とれんど)(野村證券)

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top