Menu
Home » 攻略法 » ローソクはフィボナッチに引き寄せられる?その理由は達成感!

ローソクはフィボナッチに引き寄せられる?その理由は達成感!

更新:2020年07月08日

こんにちは、ミウラです!

前回お話した、エンベロープ同士のクロスを完成させようとする動きですが、

これはエンベロープのクロスに限らず、他のサインでも共通して見られる動きです

相場には達成感という言葉がありますが、

この達成感を得られるポイントに対して、相場は引っ張られる傾向にあります

いったん動き出したトレンドは、目安となるポイントまでは動き続けるので、

相場を動かすトレーダー心理が達成感を得るまでは、なかなか止まらないからですね。

※ 第229回 ”達成感” (外為どっとコム)(注1

今回は、この達成感に注目し、チャートの新たなトレードのヒントを追加してみようと思います。

前回までの逆張り法の精度をさらに高められますので、ぜひ導入してみてください。

目次

〇 エンベロープ逆張りの基礎にあるのも達成感

今回、新たなヒントを追加するのは、

これまでに紹介してきたエンベロープ外への離脱からの逆張り法です

実はこの手法も根底にあるのは達成感です


エンベロープの外で引けたのを見て逆張り、というのは、

価格が平均線からは極端に離れず、いったん離れかけると戻ろうとする、という 性質を利用したものです

※ エンベロープを用いた順張り、逆張りのトレード方法(YJFX!)(注2

この戻りのきっかけになるのがエンベロープへの到達

エンベロープにまでたどり着いたことで達成感が出て、

今度は平均線のそばに戻ろうとするわけです。

このように達成感というものは、相場を支配する大きな感情のひとつです

この達成感を端的に示すヒントを用いれば、よりトレードの精度は高まります。

〇 達成感を的確に示す指標とは?

相場を動かすのはトレーダーですから、

多くのトレーダーが意識すればするほど、その指標の効力も強まります。

達成感が出るポイントも同じです

よって、多くのトレーダーが使用しているであろう指標であれば、良い達成感の目安に なります。

平均線はエンベロープで使用しているので、その他から探した場合、

より多くの人に用いられ、

かつ視覚的にもわかりやすいものとしてフィボナッチリトレースメントがあります。


フィボナッチリトレースメントは、抵抗帯や支持帯になるラインを示す指標です

もとはフィボナッチ数列から算出されており、

この世のすべての現象に含まれるとされる数値が基礎になっています。

※ フィボナッチ数列を用いて為替レートの節目を計算する(外為オンライン)(注3

上昇トレンドのときなどは、この引かれたラインが支持帯として意識されます。

このラインまで到達すると、下げに達成感が出て、ふたたび上昇に転じやすいのです。

このフィボナッチのラインを達成感を示す指標として使用していきます


ラインの引き方は簡単で、MT4やMT5なら、上の「F」とついたアイコンをクリックし、


高値と安値を結ぶだけで自動的にラインが引かれます

このラインをトレードのヒントにして、精度を上げていきます。

〇 スタンダードな使い方はNG


このフィボナッチリトレースメントで引いたラインを支持帯や抵抗帯として逆張りする

というのが王道のトレード法ですが、

バイナリーに関してはこの使い方は危険です


フィボナッチのラインでピンポイントに止まらないことも多く、

終了時刻が決まっているバイナリーでは失敗することも多々あります。

株やFXでは、ナンピン気味に買い下がり、売り上がりで気長に待てるので、問題ないのですが、

バイナリーではこの戦法は使えません

〇 達成感を得ようとする方向に動くと捉える

そのため、バイナリーでフィボナッチを使うときは少し観点を変えます


先ほどの画像の直前の場面ですが、まだフィボナッチのラインには到達していません。

反発の上昇が始まっているように見えますが、

ラインはすぐ下、手を伸ばせば届きそうな位置です。

よって、ここですぐにHighで入るのは危ないです。

相場は達成感を得るために、このラインへのタッチを優先するだろうと読みます。


案の定、そこからラインを割ってきました。

ある程度ラインを割ったところで達成感が出て、買い戻しの動きが出始めた、 といったところですね。

このように、直接エントリーのヒントにするというよりは、

危険を察知してエントリーを回避したり、別のヒントと合わせてエントリーの根拠を補強する感じで使用します

〇 フィボナッチの水準をいつも意識する

このように、相場は有力な目安となるフィボナッチのラインに引き寄せられやすい傾向があります

常にフィボナッチの水準を意識することで、

その場でもう反転してしまうのか、

それともあとひと伸びしてタッチしに行くのか、など

その次のローソクの動きを予測することができます。

フィボナッチを追加すれば、

これまでは不可解だった相場の動きにも納得できることが増えていくでしょう

■■■■脚注■■■■

(注1)マット今井「トレーディングのつぼ」コラム(外為どっとコム) 
(注2)すぐに使えるテクニカル手法(YJFX!) 
(注3)初心者でもわかる!実戦チャート術(外為オンライン) 

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top