Menu
Home » 攻略法 » いつも損失を出す?【追っかけ】エントリーと【目をつぶってついて行く】の違い

いつも損失を出す?【追っかけ】エントリーと【目をつぶってついて行く】の違い

更新:2020年07月20日

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです!

FXの先輩トレーダーの言葉でこんなことを聞きませんか?

「追っかけエントリーは失敗する」
「この相場は目をつぶってついていけ!」


どちらも相場急変のときなのですが、いったいどちらが正しいのでしょうか。

今回はこの2つの違いを説明します。


優良FX【XM】はこちらから!

〇 【相場急変】の意味と今日の答え


XM(XMTrading)のMT4やMT5で

為替のドル/円(USDJPY)や商品の原油(OIL)などのチャートを眺めていると、

急に大きく動きだすことがあります

これが相場急変です。

1分足でも日足でも起きます。

レンジ相場のあとにドカーンと動き出す「レンジブレイクアウト」のときや、

トレンドがあるのに急に反対方向に動き出した「トレンド反転」のときです

ここで今日のテーマですが、最初に答えだけ書くと、

・追っかけはダメ
・目をつぶってついていくはOK


です。

※(レンジ)ブレイクアウトとは (注1

〇 【追っかけ】エントリーの意味と失敗の理由


【追っかけ】エントリーとは、

チャートが元気よく動いているときにその方向に慌ててポジションを取ることです。

飛び乗りともいいますね。

上がっているときに、強く上昇しているのだからもっと上昇するだろうと思ったりするやつです。

株式などでは新高値を取った銘柄はまだ上がるという考えがあるので、

それをFXにあてはめたくなるかもしれません。

(実際に株式で成功することがあります)

しかし為替は株と違って買いっぱなしということがほとんどありません。

その後、反対売買が起きるんですよね。

そうすると、パッと見ただけで飛び乗ると(追っかけると)損失が膨らむことが多いのです。

※反対売買とは (注2


優良FX【XM】はこちらから!

  

〇 【目をつぶってついていく】の意味とメリット


【追っかけ】エントリーのところですでにわかった方もおられると思います。

【目をつぶってついていく】というのは、

【追っかけ】エントリーになりそうでも勇気を出して同じ方向を買うことです。

これは何日も同じ方向に進むときだけ有効です。

政治での理由があるとか、

そういう何年かに一度くらいしか来ないのが残念ですが、

成功すれば何100pipsもの利益があがることがあります。
  

〇 【追っかけ】になりやすい場面と原因と対策


というわけで、【追っかけ】をしたくなる場面は、特に強い理由のない相場急変のときなわけですが…。

図で見れば止まっているので実感がわきにくいですが、

これが動いているときを思い出してみましょう。

「乗り遅れたら利益のチャンスを逃す!!!」

という感情が湧き上がってきたことがあるのではないでしょうか。

このように【追っかけ】になる原因はトレーダーの感情にあります。

対策は、トレードのときの自分の感情に気づくようにすることです

アセアセした感情に気づいたらとりあえずトレードをストップしましょう。

※感情はメンタル管理のところも読んでおいてくださいね。
※参考記事:「メンタルの罠と味方【お祈り】【妄想】【予想】【予測】の意味と違い」


優良FX【XM】はこちらから!

  

〇 【目をつぶってついていく】のはどんなとき?


【目をつぶってついていく】ができるときの一覧です

参考にしてください。

・金融相場のとき=「待ちに待ってやっと政策金利が上がった」など、
市場が盛り上がるようなときはしばらく同じ方向に行きやすいです。
(単に金利が上がるだけでなく、インパクトがある場合だけです)

・大統領選挙の結果が意外だったなど政権交代のサプライズがあったとき。
(最近だと米国でトランプ大統領が選ばれたときはドルが上昇)

・政治的に歴史に残るような大きなことがあったとき。
(イギリスの国民投票でEU離脱が決まったときはポンドが下落)

ほかに財政出動など、政治で大きくお金が動くときは一方向に行きやすいです。

ことわざにも【政策に売りなし】というのがあります。

※政策に売りなし (注3
  

〇 まとめ


こういうのは、ちょくちょく経済ニュースなどを見ておかないと勘が育たないかもしれません。

判断も難しいですよね。

でも世界のことが身近に感じられるのもFXのいいところです。

楽しみながらトレードをしましょう!

ストップロスの設定も忘れずに!


優良FX【XM】はこちらから!

■■■■脚注■■■■

(注1)ブレイクアウト(ぶれいくあうと)(野村證券)
(注2)反対売買(はんたいばいばい)(野村證券)
(注3)政策に売りなし(せいさくにうりなし)(野村證券)

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top